揺らぐ米韓同盟 トランプ氏、半島撤退示唆 朝鮮戦争勃発70年




【ソウル時事】朝鮮戦争(1950~53年)が勃発してから今年で70年。

国連軍を主導して戦争に介入した米国は、戦後も在韓米軍の駐留を通じて地域の安定に目を光らせてきた。だが、「米国第一」を掲げるトランプ米大統領は在韓米軍の縮小や撤退への意欲を隠さない。米韓同盟と在韓米軍の意義が改めて問われている。

「韓国国民は米国をはじめ22カ国の国連参戦勇士の犠牲を決して忘れない」。文在寅大統領は朝鮮戦争勃発からちょうど70年に当たる25日、ソウル近郊の空軍基地で開かれた式典でこう強調した。文氏の背後には北朝鮮で戦死し、米軍から引き渡された韓国人兵士の遺骨147柱が置かれ、トランプ氏は参戦兵への感謝を表明するビデオメッセージを式典に寄せた。

米韓国防当局は25日の共同発表文で、「70年を経ても韓米同盟は韓(朝鮮)半島と地域の安全保障、安定、繁栄の基軸としての役割を変わりなく果たしている」と強調した。発表文には「血盟」との表現も盛り込まれたが、結束をアピールする言葉とは裏腹に米韓同盟への懸念は募る。

「米韓軍事演習は挑発的で時間と金の無駄だ」。トランプ政権の内幕を暴露したボルトン前大統領補佐官の回想録によると、トランプ氏は2018年6月、シンガポールで初会談した北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長にこう伝えた。トランプ氏は実際、会談後に演習凍結を発表。日韓だけでなく、米当局者の間にも困惑が広がった。

ボルトン氏はまた、在韓米軍駐留経費の韓国側負担をめぐる交渉で、トランプ氏が韓国側に19年比5倍の50億ドル(約5350億円)を要求し、応じない場合は米軍撤収で脅す考えを披露したと明らかにした。事実なら、トランプ氏は「血盟」を担保する在韓米軍を外交成果への「取引材料」として利用していることになる。

米軍は朝鮮戦争中、30万人以上の兵力を投入。戦後の55年、在韓米軍は8万5500人規模となり、その後は増減を繰り返し、現在は2万8500人規模に減少した。米国では昨年12月、在韓米軍削減の場合に韓国との事前協議を義務付ける法律が成立。米議会がトランプ氏の縮小圧力を受け入れない姿勢を示した形だ。

だが、非核化をめぐる米朝交渉が決裂し、韓国では米国への不満が高まる。文大統領の補佐官を務める文正仁氏は26日、記者団に対し、ボルトン氏の回想録に触れ、「トランプ氏は正恩氏を気に入っていた」と指摘。決裂の原因は実務協議を担った米政府当局者に責任があると批判し、いら立ちを隠さなかった。

南北関係が再び緊張モードに入り、軍事大国として台頭した中国の存在感が強まる中、北東アジアの要として在韓米軍の重要性はむしろ高まっていると指摘される。日韓防衛当局筋は「在韓米軍が縮小、撤退すれば影響は日本に及ぶ。対中の前線が日本まで下がることになる」と述べ、朝鮮半島情勢への危機感を強めている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0142c1bbcf558f84b8ac52d74f8d42909c55e508




ネットの反応
韓国民が統一と言う名の併合を望んでいるのだからほっとけばいい。
日本は難民流入対策をしっかり取り、我が国にいる半島出身者を送還して、流入者を阻止する毅然とした対応でいい
韓国は北と統一してレッドチーム入りを望んでいます。歴史的経緯を考えてもこちら側に残ることはあり得ないし、何よりこんな反日 国は日米同盟に障害にしかなり得ません。
韓国に期待せずに対策を練るべきです。
揺らいでいるのはアメリカ/トランプ大統領側の問題がメインであるように書かれていますが、まったく違うのではないでしょうか?
yahooニュースの、韓国メディアの記事を読めば、韓国がアメリカを同盟国として見ていないことを突き付けてくるようなものばかりです。
「米中の争いに巻き込まれて困っている」とか「米朝の仲介役として存在感を」とか。
同盟国であることを否定するような言動を続ける韓国に、アメリカは際限なく金をつぎ込むのに飽きたのでは? と個人的には。
日米韓を取りまく情勢は大きく変わった。

アジアは同盟国が日本、台湾、オーストラリアくらいしかない。
第一線は日本に南下し、中国、朝鮮、ロシアという敵性国家が目の前になる。

日本国民は現実から目を背けず、核兵器が「隣国」に多数存在することを理解すべき。

私たちはこの現代で、平気で人を虐殺したり約束を反故にしたりする異常な国々に隣接しているのです。
これらの国によりいつ何時私たちの平和を破られるかも知れません。
米国は韓国に嫌われながら、韓国を防衛をする意義がありません。撤退することに本気です。
日米同盟を相互の防衛に発展が必要。
そのために9条の変更は急務です。
それらに先立って、敵基地攻撃能力は、これこそ早急に整えなければなりません。
下がれば面倒な事にはなる
大陸の中に共産の壁があるメリットは韓国に対しての面倒と秤にかけても勝る、数億程度や軽い政権維持の為の反日くらい安い必要経費
ただ最近はそれすら超えてデメリットが目立つ
後ろから味方を撃つ味方より
正面で打ち合える分敵の方がマシだと言う論調になっても致し方ない
米国が韓国に対する経費の大幅な増額を要請している事は複数のメディアが報じている。半島からの米軍撤退を本当にほのめかしているかどうかは要確認だが、少なくとも「本当に同盟国なのか」との踏絵を、継続的に提示されている事は間違いないと思います。
在韓米軍が撤退すれば北朝鮮は南に進行する可能性ありますが、深く進行出来るような力はなく、傷つけ合うのが落ちでしょう。

文さんは、それでも対話対話といい続けますが。
ところで、アメリカに北朝鮮支援してもいいか伺いに上がった使者はどうなったでしょうか、当たり前に逆に怒られて帰ったのでは。









この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧