立川志らくが西田敏行に喧嘩を売った? 「芸人が、お国にお金を下さいなんて、よく言えるな」




その舞台となった番組は、6月28日に放送された『そこまで言って委員会』(読売テレビ)。
討論の議題は、このコロナ禍で開催できなかった「演劇」や「演芸」をどう支援して、どこまでフォローするかということでした。

すでに日本俳優連合の西田敏行さんが、舞台を中心とした俳優たちの窮状を国に訴え、話題になったことで覚えている人も多いでしょう。
番組では、そこで具体的な「大阪モデル」が欲しい…といった議論の提案に対して、司会者の辛坊治郎さんが、こんな違和感を示します。

「(演劇や演芸は)ある意味、反権力だったり、反権威が売りじゃないですか。やっぱりこの2カ月くらいで、お金がないから何とかしてくれ…って言うことに違和感があるんじゃないのと…」

すると、当事者の落語家・立川志らくさんの火が着いたのか、リモートから飛び出しそうな勢いで、こう捲し立てました。

「辛坊さんねえ、その意見、私はものすごく大事だと思ってるんですよ。演劇とか落語…役者になる、あるいは芸人になる人間っていうのは、その覚悟がないのか!ってことなんです。今回(コロナ)のことで、スタッフだとか劇場だとか制作会社が支援してくれって言うのは分かるんです。サラリーマンと同じだから当然です。
でも芸人がね、そういうヤクザ稼業に入ってね、お願いですから国にお金をくださいって、よく言えるなと…野垂れ死にしてでも生きて行くのが芸人だし、とたんに『我々仕事がないからお金をください』って…役者になる前にその覚悟を持って入って来い!って話ですよ。助けてくれって言っていいのは周りのスタッフ。芸人や役者は最後まで、そういうこと言っちゃいけない!」

一気に話し終えた志らくさんの発言に、ネット上では「正論!」の声が飛び交いました。

「これぞ正論! 好きなことやって生きてきて、稼げなくなったから助けてくれって言われてもね」
「立川志らくがこんな正論を吐くとは思わなかったけど、腑に落ちてすっきりした。まさにその通り」
「これって完全に西田敏行に喧嘩売ってるよね」

ここはひとつ、『グッとラック!』に西田敏行さんをゲストに呼んで、この話で対決すれば、志らくさんも人気回復するかもしれません。

https://news.infoseek.co.jp/amp/article/knuckles_26165/




ネットの反応
古い考えだ
ロックミュージシャンがあいちトリエンナーレ騒ぎのときにも言ってたな
「そもそも国から補助もらうって何だ?」的なこと
これは同意だな。
人とは違う生き方を選んでおいて、いざとなれば同等に扱えとは虫が良すぎる。
耳を澄ませばのお父さんも言っていたぞ
まぁ、志らくはそういうが伝統芸能だけは守らないといかんだろうね
東洋の文化だからね

西洋系のエンタメは別に守る必要性は0だけどね
英米韓あたりからコンテンツを輸入すりゃ良いだけ

西田は立場的に言わなきゃしょうがない。
ちょっとだけ見直した やるじゃん
漫才とかも明治以降の歴史だが
やはり日本文化の1つなので守らないといけないだろう
反権力だからカネをせびるんだろ、言わすなよ
志らくは嫌いだが、これは正論だろう。
芸能界なんて喰っていけない奴が大半。
そして成功者は桁違いの金と名誉が稼げる。
それなのに仕事ないから金くれって、乞食以外の何者でもないだろ。
バイトでも何でもしろよ。サラリーマンじゃないくせに都合のいいときだけ国に頼るな。
普段は反権力の癖してさ。
シラクが珍しくまともなこと言ったな
これは本当にそう
マジで今回は芸能村の連中に腹立ったわ
政府に批判的な奴に限って金寄越せと言うから手に負えない
シルクドソレイユとかウィーン合唱団みたいなので全く助けてもらえないから
欧米出羽守は嘘ついてたわけだからな。
芸能界の中で解決すればいいんだよとんでもなく金稼いでる人は沢山いるんだから劇場支援するとか若手に金貸すとか








この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧