勝手に冬ドラマランキング!【2018年】

ここ最近急に気温も上がり完全に冬が終わった感じがしますね

冬が終わり毎日楽しみにしていたドラマもすべて終わってしまいました・・・。

なので自分がこの冬見ていたドラマを個人的にランキングにしてみたいと思います!

あくまで個人的な感想です。

まず見ていたドラマのタイトルを紹介(^^)/

【月曜日】海月姫(フジテレビ)

【火曜日】FINAL CUT(フジテレビ系)

【火曜日】きみが心に棲みついた(TBS系)

【水曜日】anone(日本テレビ系)

【木曜日】隣の家族は青く見える(フジテレビ系)

【木曜日】リピート~運命を変える10か月~(日本テレビ系)

【金曜日】アンナチュラル(TBS系)

【土曜日】もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~(日本テレビ系)

【土曜日】家族の旅路 家族を殺された男と殺した男(フジテレビ系)

【日曜日】99.9-刑事専門弁護士- SEASON II(TBS系)

【日曜日】トドメの接吻(日本テレビ系)

全部で11タイトル!!

我ながら今回のドラマ割と見たと思います。

その中で個人的好みでランキングにしてみます

まず第3位!

家族の旅路 家族を殺された男と殺した男(フジテレビ系)

30年前に起きた一家三人惨殺事件。
犯人とされた死刑囚のもとに、青年弁護士・浅利祐介(滝沢秀明)が。
彼は、ある女から死刑囚の再審請求を依頼されたのだ。

他でもない、その死刑囚こそ
浅利祐介の両親と祖父を殺害した犯人・柳瀬光三(遠藤憲一)だった。
祐介は、自分の肉親を手にかけた男の再審請求という
難問に向き合うことに……。

事件に向き合うことで、次々と明らかになる衝撃の事実。
それらは全て祐介自身に関わるものだった。
そして導き出された答えは、“私は一体何者なのだ”
弁護士としての使命感、そして一人の男としての感情が揺れ動く。
迷いや葛藤、苦悩を乗り越え、踏み出した先に待つものは。
家族、親子の愛とは……愛する者のために、何をなすべきか。
成長した浅利祐介が最後にたどりつく場所とは?

このドラマ初めから面白いなと思ったわけではなく、3~4話くらいからどんどん続きが気になるようになり、

最終話を迎える時にはとても楽しみなドラマになっていました!ラストは、ただただ感動してしまいました!

 

次に第2位!!

トドメの接吻(日本テレビ系)

主人公は金と権力を愛し、女を弄ぶイケメンホスト・旺太郎(源氏名:エイト)。

とあるホテル王の令嬢・並樹美尊と知り合った彼は、美尊を新たなターゲットと見定め彼女に迫りますが、

そこに現れたもう一人の女が旺太郎の前に立ちはだかります。そして彼女にキスされた旺太郎は、呼吸困難の後に全身痙攣を起こし、絶命します。

その後、旺太郎は目を覚ますのですが、なんとそこは7日前の世界。タイムリープした旺太郎は、どこまでも追いかけてくる女のキスにより、

何度となく死とタイムリープを繰り返すことになる・・・。

最初は意味も分からず見ていましたが、回を重ねるごとにどんどん面白くなっていきました!

主人公の心の葛藤や本当の愛など、見ていくごとにはまってしまうこと間違いなし!

俳優山崎賢人の普段の雰囲気とは違う演技にも注目です。

 

そして第1位!!!

アンナチュラル(TBS系)

主人公・ミコトの職業は、死因究明のスペシャリストである解剖医。
彼女が許せないことは、「不自然な死(アンナチュラル・デス)」を放置すること。不自然な死の裏側には、必ず突き止めるべき真実がある。

偽装殺人・医療ミス・未知の症例…。しかし日本においては、不自然死のほとんどは解剖されることなく荼毘に付されている。

その現実に、彼女は個性豊かなメンバーと共に立ち向かうことになる。

1位は迷いなくアンナチュラルを選ばさしてもらいました!!

最初から最後まで、基本的に1話完結の内容になっていてとても見やすかったです。

一番衝撃を受けたのは、#5 死の報復。ラスト完全に予想を裏切られました!

第1話から最終話まで一度も退屈にならなかったドラマは久しぶりでした。

最近のドラマは途中で見るのが興味なくなることも多いのですが、それは皆無でしたね。

2018年 冬クール テレビ – ドラマ視聴率 早わかり情報局

結果今回冬ドラマを見て全体的に面白かったと思っています!

3位は迷いましたが・・・最後の感動が個人的に良かったので選びました(^^)

まだ見てなくて興味がある方は参考にしてみてください★

 

 

ピックアップ記事

  1. 2018-4-22

    なかなかメディアでは取り上げられないが麻生太郎議員は凄い人だった!

    世間では今財務省元職員たちの不祥事が目立ち、麻生議員への任命責任を問う声が大きく広がっている。 野…
  2. 2018-4-21

    自ら提出した法案すら倒閣のためなら審議拒否、セクハラに便乗した内閣崩し、国会議員なら場外乱闘でなく国会で戦うべき

    事務次官のセクハラ疑惑問題で麻生大臣の辞任要求をしていた野党各党ですが、それが通らなかったことに反発…
  3. 2018-4-21

    北朝鮮「核実験とミサイル開発は必要なくなった、実験場も使命を終えた」しかし、非核化には言及せず核は保有したまま

    北朝鮮は20日の朝鮮労働党中央委員会総会で、核兵器開発が実現したとして21日から核実験や弾道ミサイル…
  4. 2018-4-20

    一連の騒動でやたらと総理や大臣の辞任を迫る野党。国会審議を拒むのであれば国民の為にならないので報酬カットでお願いします

    事務次官のセクハラ発言や、森友の文書改竄問題で麻生大臣の辞任をせまったり、自衛官の発言で小野寺大臣に…
  5. 2018-4-19

    【米山隆一新潟県知事女性問題で辞任】援助交際・買春では辞任も当然。米山氏は過去にも複数の女性と関係。SNSでも多数の政治家と揉めてた問題児

    女性問題で辞職願を提出した新潟県の米山隆一知事ですが、当初は女性問題とはどんな問題だろうと思っていま…
  6. 2018-4-19

    小西洋之議員「国民の敵」と自衛官に罵倒され怒り心頭だが、自身の15年の発言はお忘れですか?ネットでは大炎上です

    朝日新聞が社説で「自衛官の暴言 文民統制からの逸脱だ 」という記事をあげました。 朝日社説全文 …
  7. 2018-4-18

    安倍総理、トランプ大統領との会談で米朝首脳会談で拉致問題を取り上げることを確約。ネットでは多数の支持といち早い解決を望む声

    安倍総理、訪米でトランプ大統領と北朝鮮問題について会談し、拉致問題を取り上げることを確約する …
  8. 2018-4-18

    【福田事務次官のセクハラ疑惑】捏造が否定できない状況の中では麻生大臣の「福田には人権がないのですか?」は当然

    「名乗り出やすいように、女性の弁護士も入れて対応する」と強調。その上で「こちら(福田)側も(セクハラ…
  9. 2018-4-16

    【首相訪米】日米、危うい結束!?不透明感が漂う・・・

    安倍晋三首相とトランプ米大統領は17、18両日、米南部フロリダ州で会談する。 米朝首脳会談を前に北…
  10. 2018-4-16

    山尾志桜里議員のW不倫疑惑に動きが、倉持氏元妻に代理人を立て交渉。謝罪の内容によっては不倫の事実を認めることになるが

    W不倫疑惑の山尾志桜里議員と倉持氏が山尾氏の夫の債権者に訴訟を起こされ、もう一方の倉持氏の元妻からは…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。