• HOME
  • 記事一覧
  • 海外ニュース
  • 香港警察 「雨傘」リーダー、周庭氏を逮捕 国安法違反 民主化運動の主要人物が逮捕されたのは初めて ネット「施行後は運動していなかったはず。国安法は遡及期間を設けないという事で逮捕自体が【違法】」「周さんと仲良く記念撮影してた立憲の皆さんはダンマリだろ」

香港警察 「雨傘」リーダー、周庭氏を逮捕 国安法違反 民主化運動の主要人物が逮捕されたのは初めて ネット「施行後は運動していなかったはず。国安法は遡及期間を設けないという事で逮捕自体が【違法】」「周さんと仲良く記念撮影してた立憲の皆さんはダンマリだろ」




 【香港=藤本欣也】香港警察は10日夜、2014年の香港民主化運動「雨傘運動」のリーダーだった周庭(アグネス・チョウ)氏(23)を香港国家安全維持法(国安法)違反容疑で逮捕した。周氏逮捕の前には外国勢力と結託して国家の安全に危害を加えたなどとして、香港紙、蘋果(ひんか)日報の創業者、黎智英(ジミー・ライ)氏(71)や同紙社長ら少なくとも9人を同法違反などの容疑で逮捕した。

6月30日に施行された国安法の違反容疑で民主化運動の主要人物が逮捕されたのは初めて。「国安法による弾圧」(民主派)が本格化し、主要メンバーの逮捕が相次ぐ恐れがある。

周氏の詳しい容疑は明らかになっていない。周氏は雨傘運動の際、民主化運動の「女神」と称された。流暢(りゅうちょう)な日本語を使い、香港民主化運動の理解を求める講演を日本で行ってきた。

また、黎氏が創業した蘋果日報は香港政府や中国共産党への批判的な論調で知られる。警察は10日、同紙を発行する壱伝媒(ネクスト・デジタル)本社を家宅捜索した。黎氏の息子2人も逮捕された。この日の捜査は香港警察内に設けられた国安法部門が指揮した。

実業家の黎氏は香港民主化運動の有力な支援者。黎氏は昨年、米国でペンス副大統領やポンペオ国務長官らと面会。中国当局は反政府デモの「黒幕」「民族のくず」「米英の走狗(そうく)」などと非難していた。

黎氏は国安法施行前の6月下旬、産経新聞のインタビューに「国安法により一国二制度の香港は死に至る」と述べ、「私は(同法違反容疑で)逮捕、収監されるだろう。(公判では)法治と自由の重要性を訴えていく」と語っていた。

https://www.sankei.com/world/news/200810/wor2008100017-n1.html




周さんと仲良く記念撮影してた立憲の皆さんはダンマリだろ。


これがCCPですね。
そしてこの国をLAW & ORDERのかけらも無い独裁国家というのだと思います。
中国と言う国は人類と思ってはいけない時代になりましたね
現代版ナチス、中国共産党
周氏も雨傘の人達も、本気でやってた人達の気持ちは理解したい。
だが、アノ国には色々普通ではない仕組みが多々あり、彼らは上手く利用されていた節もあったし、他国の事に深く入り込むのなら侵略戦争位の話になってしまうので、RT程度に留め静観していました。
日本は日本を守る努力をするだけです。
逮捕されたことはかなりやばいと思います。自由民主義国家として日本はちゃんとした抗議をするべきです。

彼女は覚悟を決めて香港の自由のために戦いました。支援を求めるために日本にやってきていろいろな活動をされました。彼女と写真撮影をした日本の政治家は彼女を救うために行動を求む!

開き直ったのか何なのか、何故中共は自らドツボにハマる方向へと走っているのか?国際社会にとり、この弾圧は確実に燃料となるだろうに。
命の危険に晒されなければ良いですが、ご無事を祈ります。
心配しています。逮捕罪名は国安法たら、捜査の時間が長いし、取調室の地点は秘密かもしれません。
周庭さんが一日も早く、無事釈放される事を願います
周庭は「分裂煽動」罪で香港国安法違反容疑で逮捕されたとの事ですが、

施行前日にデモシストを引退し、Twitter更新も止まったままで、国安法は遡及期間を設けないという事で逮捕自体が【違法】です。

彼女は公開された形で逮捕されたが、社会保険番号と「僕は絶対に自殺なんかしない!」「私は絶対に自殺なんかしない!」と叫びながら拘束されていった彼らは無事なんだろうか?あの姿を思い出すたび胸が痛む。
中国共産党は絶対に許してはいけない悪だ。








この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧