アップル、時価総額は米企業で初めて2兆ドル(約211兆3400億円)を突破 ー 株価は3月安値の倍超える




(ブルームバーグ): 19日の米国株式市場でアップルの株価が上昇、時価総額は米企業で初めて2兆ドル(約211兆3400億円)を突破した。

同社の株価は一時1.3%高の468.09ドルをつけ、3月の安値の2倍を上回った。好調な決算や第5世代(5G)通信規格対応の新型「iPhone(アイフォーン)」への期待が、株価を押し上げている。

アップルは世界で最も価値の高い企業としての地位を確実にした。昨年12月にサウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコの時価総額が一時2兆ドルを突破したが、その後に下落し、現在は1兆8000億ドル程度となっている。米国企業ではアップルの後にアマゾン・ドット・コムとマイクロソフトが続く。両社とも現在の時価総額は1兆7000億ドル未満だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cfcf5427ceba7213c60772f33e581145cae0bbc5




ネットの反応(引用元
MSとのOS戦争で負けたときは潰れるんじゃないかと思ってたけど
音楽路線に切り替えて、携帯に切り替えてと
これまでやってた事業に固執しないやり方がよかったね
日本の家電メーカーもコモディティと化した商品から
全く別のものに目を向けたらよかったのかもね
アップルは利益はハード売りでたたき出しているんだけど、自他ともに認めるソフトウェア企業ですよね。

でも、日本の大手企業では、アップルはハード企業の分類で評価しています。ソフトウェア投資による儲けには目もくれません。形ばかりAIだのDXだの言っていますが、ソフトウェアの重要性を理解している経団連所属の会社トップは皆無かも…

コロナショックで総悲観だった時に目をつぶって買ったら大喜びデスヨ。米国株はこんな超有名企業でも個人が少額から買えるのが良いところです。東証も単元株を見直すべきだと思う。
iPhoneやiPodの生みの親たるジョブズばかり注目されるが、ティムクックによるエコシステムの構築やサプヤイヤーマネジメント能力も鬼畜
両輪あってのアップルだったが、方輪を無くしてもなお進み続けられる環境をジョブズが亡くなる前にティムクックが作り上げてしまった

よくアップルと比べて日本企業を貶める事が多いが、アップルは世界を見ても稀な卓越した存在。むしろこんな風になれる企業がそうあってたまるかってレベル。日本企業もアホだったが、賢ければこうなれたかと言えばそんな事は断じてない。

日本のバブル期にはマイクロソフトなんか時価総額3000億円くらいで。
ソニーの数十分の1だったのになぁ。

コンピューターやケータイは日本を制するものが世界を制するといわれた時代もあった。

どう見てもバブルだと思う ノキアみたいに急に変わることも全然有る 変な話GAFAの株価を支えているのはアメリカの軍事力だろう アメリカが覇権国家でなくなったなら時価総額は1/10になると思う 最近はその可能性もゼロではないのかな? 携帯端末は一般人が使うレベルでは性能の違いはほとんどないから よほどのヘビーユーザーでなければ各社同じ価格帯ならどれも同じ
いずれアップルも抜かれる時がくるだろうけど、これが今の時代の流れだと思う。
現行の自動車はすべての人に行きわたり、今は新化のための時間ではないか。
トヨタも破壊的なイノベーションが起こせることができれば、時価総額も上がるだろうし、これからも会社の存続は可能だと思う。

いずれにしても、社会に必要であり皆から”欲しい”と思えるものを生み出せるかにかかっている。

日本の東証一部は2000社以上あり、これだけ日銀のETF買いあさりでバブらせてるのに、合計時価総額でアップルやマイクロソフトなどのハイテク5社の時価総額に負けてるらしいね

日本の将来まっくらと評価されてるということか

株の動きはアップルの足元の利益を踏まえたものではなく、ファーウェイを締め出すことによる将来のプラス効果を踏まえたものでしょう。

正直、最近のiPhoneを見て「Androidよりもずっと良いわ〜 そりゃ売れるわ〜」とは思わないですからね。私も惰性で買っています。
iPhone、Androidそれぞれメリットデメリットがあるというのが本当のところ。

アップルは、世の中への新しい提案や、ワクワクさせる商品が魅力なので、最近はいろいろ限界を感じるところもあるが、これだけ永く先頭を走れる底力は評価されるべきですね。
2倍にもなるのが妥当かはともかくとして、期待しています。








この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧