Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【覆水盆に返らず】江田憲司議員先の暴露ツイートに対し反省のツイートするも「焼け石に水」再炎上


「大阪地検の女性特捜部長のリークがどんどん出てくる」などと、「大阪地検の女性特捜部長」が森友問題のリーク元と暴露ツイートして問題になった江田憲司衆院議員が「反省」のツイートを投稿した。

大阪地検の件は、各報道機関も「大阪地検特捜部の調べでわかった」と報道している通りです。ただ、特捜部の捜査を指揮し万般の責任を持つのは、トップである「女性特捜部長」であるため、その捜査へのエールも込めて彼女だけを特掲してしまいました。言葉足らずだった点を訂正してお詫びいたします。

と反省なのか言い訳みたいな苦しいツイートをしていますが、これが返って更に炎上を招いてしまいました。
前回のツイートは

「#森友 大阪地検の女性特捜部長のリークがどんどん出てくる。NHK『何千台分のトラックでゴミを撤去したと言ってほしい』と本省理財局の職員が森友学園に要請と。ネタ元はメールらしい。今のところ、特捜部は『やる気』みたいだが、法務省と財務省の関係からすると、どこまで貫けるか!?頑張れ!」

この暴露ツイートには「ネタ元を明かすのは禁じ手」「国家公務員かつ捜査幹部が捜査情報をリークとは、懲戒免職だ」という不用意などの批判が相次いでいた。また、このツイートに対しては小川榮太郎氏も自身のFBにて次のように言及していた。

【野党とNHK・朝日と検察の結託は全体主義への道だ】江田憲司氏のツィートは民間のブロガーの噂話とは違う。れっきとした国会議員の外に向けての発言だ。そこで大阪地検の女性特捜部長が、朝日新聞、NHKにリークしている事を明白に意味する発言が飛び出したのは、「うわさ」や「推測」、「軽口」で済ませる事は到底できない大問題だ。事実なら国家公務員法違反だが、それにとどまらない。
昨晩19時のNHKの「口裏合わせスクープ」の前には、立憲民主党の逢坂誠二議員がスクープを吹聴して回っていたとの情報がある。野党議員が、NHKのスクープ情報を事前に共有し、スクープ元が大阪地検の特捜部長だと知っており、その人たちが国会で政府を追及する。
こんな暗黒社会のような野党と大メディアと検察の結託が許されていいはずがない。何度も何度も書いてきたが、これは政争のレベルではなく国民の信託を受けた政府への破壊行為=主権簒奪であり、権力分立、言論の自立と節度を踏み躙る、プロパガンダによる民主主義の破壊だ。
この結託についてこそ国会で徹底的に追及すべきではないか。自由を守る持ち時間は限られている。

先のツイートでは「大阪地検の女性特捜部長のリーク」と明言していたことや、NHK報道が「大阪地検特捜部の調べ」ではなく「関係者への取材」でわかったとしている点などもあり、ツイッターではかえって火に油を注ぐ状態になっている。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧