「中国にとってのあるべき未来」=「北朝鮮の最終シナリオ」半島から米軍の撤退、北による半島実効支配、そして中国がアジアの盟主に…

日本だけが北朝鮮問題に取り残されている。2018年4月9日、北朝鮮の核問題をめぐる関係国の動きについて、米華字メディア・多維新聞は「最大の敗者は日本」と指摘する記事を掲載した。

北朝鮮と接近する米中韓、「日本は最大の敗者」―米華字メディア(レコードチャイナ)

記事は冒頭、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の中国訪問や南北の頻繁なやり取り、米朝首脳会談などの話題を取り上げ、「日本だけが『北朝鮮の時間稼ぎに警戒を』などと負のメッセージを送っている」と指摘。「これは日本がこのところのゲームで深い失意を感じている表れだ」とした上で、米朝首脳会談で日本にもたらされる最大の悪夢は既存の核兵器保有を黙認することを前提とする「不完全な非核化」だと説明する。

記事は「こうした状況が現実のものとなれば日本は安全保障と外交という二重の圧力を受ける」と続け、「北朝鮮の核保有は日本にとっては疑いようのない災難。政府も国民もその脅威に悩まされる」「日本が北朝鮮問題を通じて取り続けてきた中国けん制戦略も失敗を告げることとなる。日本は東シナ海、尖閣諸島、南シナ海などの問題において中国のさらなる圧力に直面する」と説明。さらに「日本国内の核兵器容認派が台頭して周辺国の日本に対する懸念が拡大、一見平穏に見える『歴史問題』も爆発するかもしれない」とも分析する。

記事はまた、日朝関係の悪化で北朝鮮による拉致問題が置き去りにされていることや、最近の外交活動で日本を眼中に置いていないように見える北朝鮮の動きが日本を焦らせていることなどにも言及。「オバマ前政権で過去に例を見ないほど強化された日米韓同盟だったが、今年2月の平昌冬季五輪における北朝鮮の一連の外交で揺らぎが生じた」とも述べ、「中朝、南北、米朝が接近し続ける中、日本は『締め出し』の局面に向かい合っている」と指摘した。(翻訳・編集/野谷)(レコードチャイナ)

外交上で現在日本は北朝鮮に眼中に置かれていないと海外では写っている。日本だけが取り残されている感は確かに否めない。それは、北朝鮮の一方的な拉致問題終結宣言にしてもそういう印象は受けるでしょう。

記事では「北朝鮮を取り巻く情勢から日本が敗者」と言ってますが、そうでなく、まず日本がその枠組みから外されたのである。その答えは記事にもあるように「日本だけが『北朝鮮の時間稼ぎに警戒を』などと負のメッセージを送っている」という部分である。記事では「これは日本がこのところのゲームで深い失意を感じている表れだ」としてるが、日本のみが北朝鮮の外交ゲームに踊らされることなく圧力警戒を解かず金委員長のシナリオに乗ってきそうにないからである。

北朝鮮の最終シナリオは日米韓の分断のその先であると河井克行外交特別補佐は言っている。

北朝鮮が騒げば騒ぐほど、北朝鮮をたしなめる中国の価値が米国に対して高まる側面があるからだ。ワシントンをはじめ諸外国で講演を行なう際には、いつも「北朝鮮問題とは中国問題にほかならない(I am sure that the North Korea crisis is nothing but a Chinese problem.)」と強調してきた。
北朝鮮が「強行」してきた挑発行為は、朝鮮戦争休戦以来の半島「秩序」を破壊したい中国のねらい通りであって、習近平氏にとり金正恩氏は“殊勝な弟”だとする見方が韓国内にある。
中国は、北朝鮮危機解決の見返りとして、

(1)米韓合同演習の段階的停止、

(2)半島駐屯の米軍の削減、

(3)半島からの米軍の撤退を米国に対して求めてきたと思われる。

金正恩委員長が最終的に狙っているのは、

(1)在韓米軍の撤退、

(2)米韓同盟の解体、

(3)北朝鮮主導による朝鮮半島再統一である。

「中国にとってのあるべき未来」と完全に一致するのだ。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00010002-socra-pol&p=4

上記にあるように日米韓の分断の先というのは、『(3)北朝鮮主導による朝鮮半島再統一』と河井克行外交特別補佐は指摘している

そして、「中国にとってのあるべき未来」と「北朝鮮の最終シナリオ」は酷似していてこれこそが中国と北朝鮮の望む朝鮮半島の未来である。

思い出してもらいたい、トランプ大統領が日中韓を歴訪し、中国にて厚遇を受けたのに対し韓国の文大統領は冷遇を受けました。中韓情勢は、高高度迎撃ミサイルシステム「THAAD(サード)」問題でもあからさまに中国は神経を尖らせ「強烈な不満と断固とした反対を表明する」と非難してますます関係は悪化してきました。

現段階では中国が望むビジョンにには韓国は入っていないと思われるのです。それゆえ日米韓の連携は中国にとって邪魔なだけです。それゆえ三国を分断することが最重要になってきます。

まずはうるさい日本を蚊帳の外に置き、それから在韓米軍の撤退させることで米韓の分断を図るつもりのようですが、南北首脳会談の結果いかんでは米朝首脳会談も危ういものとなる。南北首脳会談で世界の関心は核問題と人権問題である。北朝鮮の非核化については必ず在日米軍の撤退というカードを突き付けてくると思われる。最悪な結果は在日米軍の撤退と引き換えに非核化を北朝鮮がのんだとしても、現在保有の核兵器はそのままで今後核兵器開発を行わないという結果である。それでは、現在の戦闘力を保有したまま米軍のみが撤退するという最悪のケースである。さすがにそれはないだろうと思いたいのだが、なにより文大統領が北朝鮮に有効的なのか弱腰なのか毅然とした態度を全く取れていないことが心配である。

<南北首脳会談を前に、人権問題を取り上げないと表明した韓国の文在寅大統領。人権問題を追及されることにナーバスになっていた金正恩はほくそ笑んでいるだろう>

今月27日に北朝鮮の金正恩党委員長と韓国の文在寅大統領との首脳会談が予定される中、北朝鮮の人権問題を巡り、韓国側が「腰くだけ」ぶりを見せている。

人体を「ミンチ」に

韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は4日の記者会見で、深刻な状況にある北朝鮮の人権侵害問題には一貫して「強い態度」で臨むと述べたが、今月末に予定されている南北首脳会談で文大統領は北朝鮮の人権問題を取り上げる可能性は低いと述べたのだ。

北朝鮮の核問題を解決することが、国際社会と周辺国の緊急の課題であるということに、異論を差しはさむ余地はない。一方、金正恩氏の核開発と切っても切り離せないのが北朝鮮国内の人権問題だ。

金日成主席の時代から続く北朝鮮の国家的な人権侵害は、世界的に非難の的となっている。たかだが、韓流ビデオのファイルを保有していたという容疑だけで、女子大生を拷問し、悲劇的な結末に追いやる人権侵害に、国際社会は厳しい目を向けている。

中略

トランプ氏が米朝会談の意向を示して以後、北朝鮮メディアは連日のように「人権問題」に関する論評を掲載している。これは、トランプ氏に対して「会談で人権問題を取り上げるな」というメッセージだろう。

仮に米朝首脳会談が開かれたとしても、トランプ氏が北朝鮮の人権問題に言及するかどうかは不明だ。そもそもトランプ氏にどれほどの人権感覚があるのかどうかも疑わしい。

だからこそ、文在寅大統領は金正恩氏の人権侵害に対してなんらかのメッセージを送るべきだが、伝わってくるのは韓国側の腰くだけぶりだ。

人権問題を取り上げないと表明した文氏の姿勢に対して、金正恩氏はほくそ笑んでいるだろう。https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/04/post-9922.php

このようにもう一つの問題と挙げられている「人権問題」に対し康京和外相は「人権侵害問題には一貫して「強い態度」で臨む」と述べているのに、文大統領は「北朝鮮の人権問題を取り上げる可能性は低い」と述べ、弱腰ぶりが露呈されている。

これではもう一方の「非核化」の問題でも期待できるようなものは得られないだろう。むしろ文大統領が金委員長にまるめ込まれる姿ばかりが想像できてしまう。

これでは日米韓の分断も北朝鮮のシナリオ通りになってしまう。

この目論見があったからこそ中国への土産に中朝首脳会談は電撃的に行われたのであろう。

先ほども言いましたが、北朝鮮のシナリオこそ中国が望む未来の形そのものである。

この北朝鮮の一連の外交工作についても河井克行外交特別補佐は言及している。

金正恩朝鮮労働党委員長は「バカ」でもなければ、狂気でもない。彼は実に計算高い人物だ。
3月26日に北京を訪れ、習近平国家主席と会談したが、南北首脳会談(4月27日)、米朝首脳会談(5月)をセットし、「北朝鮮ー韓国ー米国」の枠組み構築の可能性を作ったうえで初めて北京に乗り込んだ。習主席の特使に会わないなど金委員長が散々コケにしてきた習主席が自分を貶めないよう、米国、韓国と対話できる姿を見せつけたうえでの訪中だった。
一方で、米朝首脳会談が物別れになった場合の保険として、「俺の後ろには中国がいるぞ」と後ろ盾にするための北京詣ででもあった。韓国工作→米国工作→中朝首脳会談→南北首脳会談→米朝首脳会談。順番が一つでも狂っていたら、劇的な外交工作はうまくいかなかった。実によく練られた戦略に基づく用意周到な外交で、計算ができる人物だ。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00010002-socra-pol&p=1

金委員長は南北首脳会談、米朝首脳会談を土産に中国という後ろ盾を求めて北京詣でを行ったのである。

私の想像だが、中朝首脳会談であらためて中朝の利害を確認し今後のシナリオを確認したと思われる。

ここで在韓米軍が撤退し、朝鮮半島を北朝鮮が実効支配してしまえば、実質東アジアは中国の支配権となる、そして日米は対馬海域に降りてきた北緯38度を死守することになる。それは北朝鮮に任せて中国は東南アジアの実行支配に乗り出してくる。そう「中国の理想の未来」は北朝鮮のさらに上のアジアの盟主になることである。

そのために表向きは対話で北朝鮮を諭すが、裏では出来の悪い弟を支え暗躍する事でアメリカのアジアへの介入を削るつもりである。

さすがに日米を分断させることは容易でないと思っているが、まずは北朝鮮が朝鮮半島を実効支配せれば中国の理想により近づくことになる。

「半島危機に際して日本は、“傍観者”ではなく“当事者”にほかならない。このことを日本は韓国民と国際社会に強く訴えるべきだ。」と河井克行外交特別補佐は発言している。

そして、

日本の国家安全保障戦略や外交政策は、静止したり、単なる教義であってはならない。それは、常に更新されつづけなければならないし、変化する安全保障環境や新しい軍事技術の開発や国際的な規範に適合されつづけなくてはならないと私は信じる。
自国とインド太平洋地域の平和と繁栄を守るために日本が果たすべき役割はこれから拡大する一方である。
昨年11月6日に東京で開かれた日米首脳会談において推進することが合意された『自由で開かれたインド太平洋戦略』は、中東・アフリカの国々を含め、この地域の発展に長い目で見た互恵関係をもたらすだろう。日本の首相が提唱する外交戦略に合衆国の大統領が国際会議で歩調を合わせてくる…。米国から言われてそれに日本の内閣総理大臣が反応する時代は完全に終わった。
私たちは、北緯38度線が対馬海峡に下りてくる時代のわが国を、インド太平洋地域を、そして未来を考えていかなければならない。もはや米国は答えを示してくれないのだ。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00010002-socra-pol&p=4

と発言している。

私としては中国にアジアの実行支配兼を持たしてはならないと思っている。それは、ウイグルやチベットなどの自治区問題を見れば明白で、日本との東シナ海の領有争いやベトナム・フィリピンとの南シナ海の領有問題を見ればわかるように、常に自分の都合で領土を主張し、自治区など自分の支配下に置けば残虐な行為も平然と実行する。

そのために日本は国際的に訴えかけ北朝鮮と中国の動向には常に注視していき対応する必要がある。北朝鮮の枠組みに外されたとしても蚊帳の外にならず関わり続けていかなくてわならない。

 

ピックアップ記事

  1. 2018-4-22

    なかなかメディアでは取り上げられないが麻生太郎議員は凄い人だった!

    世間では今財務省元職員たちの不祥事が目立ち、麻生議員への任命責任を問う声が大きく広がっている。 野…
  2. 2018-4-21

    自ら提出した法案すら倒閣のためなら審議拒否、セクハラに便乗した内閣崩し、国会議員なら場外乱闘でなく国会で戦うべき

    事務次官のセクハラ疑惑問題で麻生大臣の辞任要求をしていた野党各党ですが、それが通らなかったことに反発…
  3. 2018-4-21

    北朝鮮「核実験とミサイル開発は必要なくなった、実験場も使命を終えた」しかし、非核化には言及せず核は保有したまま

    北朝鮮は20日の朝鮮労働党中央委員会総会で、核兵器開発が実現したとして21日から核実験や弾道ミサイル…
  4. 2018-4-20

    一連の騒動でやたらと総理や大臣の辞任を迫る野党。国会審議を拒むのであれば国民の為にならないので報酬カットでお願いします

    事務次官のセクハラ発言や、森友の文書改竄問題で麻生大臣の辞任をせまったり、自衛官の発言で小野寺大臣に…
  5. 2018-4-19

    【米山隆一新潟県知事女性問題で辞任】援助交際・買春では辞任も当然。米山氏は過去にも複数の女性と関係。SNSでも多数の政治家と揉めてた問題児

    女性問題で辞職願を提出した新潟県の米山隆一知事ですが、当初は女性問題とはどんな問題だろうと思っていま…
  6. 2018-4-19

    小西洋之議員「国民の敵」と自衛官に罵倒され怒り心頭だが、自身の15年の発言はお忘れですか?ネットでは大炎上です

    朝日新聞が社説で「自衛官の暴言 文民統制からの逸脱だ 」という記事をあげました。 朝日社説全文 …
  7. 2018-4-18

    安倍総理、トランプ大統領との会談で米朝首脳会談で拉致問題を取り上げることを確約。ネットでは多数の支持といち早い解決を望む声

    安倍総理、訪米でトランプ大統領と北朝鮮問題について会談し、拉致問題を取り上げることを確約する …
  8. 2018-4-18

    【福田事務次官のセクハラ疑惑】捏造が否定できない状況の中では麻生大臣の「福田には人権がないのですか?」は当然

    「名乗り出やすいように、女性の弁護士も入れて対応する」と強調。その上で「こちら(福田)側も(セクハラ…
  9. 2018-4-16

    【首相訪米】日米、危うい結束!?不透明感が漂う・・・

    安倍晋三首相とトランプ米大統領は17、18両日、米南部フロリダ州で会談する。 米朝首脳会談を前に北…
  10. 2018-4-16

    山尾志桜里議員のW不倫疑惑に動きが、倉持氏元妻に代理人を立て交渉。謝罪の内容によっては不倫の事実を認めることになるが

    W不倫疑惑の山尾志桜里議員と倉持氏が山尾氏の夫の債権者に訴訟を起こされ、もう一方の倉持氏の元妻からは…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。