北朝鮮「核実験とミサイル開発は必要なくなった、実験場も使命を終えた」しかし、非核化には言及せず核は保有したまま

北朝鮮は20日の朝鮮労働党中央委員会総会で、核兵器開発が実現したとして21日から核実験や弾道ミサイルの発射実験を中止すると決定し、北部の核実験場を廃棄すると決めた。朝鮮中央通信が21日に伝えた。

金正恩委員長は「核武器の兵器化完結が検証された状況で、いかなる核実験や中長距離、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の試射も必要なくなった。北部核実験場もその使命を終えた」と述べ、北部豊渓里の核実験場を廃棄すると決定した。

良いニュースだと思いますが、これに踊らされてはいけないと思います。非核化には言及せず「わが国に対する核の威嚇がない限り、核兵器を絶対に使用しない」と表明しているので、核保有国であることはこれまでと同じであります。

これからの各国首脳会談に向けて相手に良いイメージを持たせておくことが狙いであると思われる。それと同時に特に米朝首脳会談でアメリカと対等に渡り合うには、「自分たちは核保有国である」というバックボーンが必要と考えているのだろう。

北朝鮮の非核化が実現するまでは東アジアの安全は保障されない。

日本政府としては今後も北朝鮮の非核化に向けて各国と連携をとって対応していただきたい。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧