Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

自ら提出した法案すら倒閣のためなら審議拒否、セクハラに便乗した内閣崩し、国会議員なら場外乱闘でなく国会で戦うべき

事務次官のセクハラ疑惑問題で麻生大臣の辞任要求をしていた野党各党ですが、それが通らなかったことに反発し国会審議を欠席するボイコットに出た。
審議の中には野党6党が提出した「生活保護法改正案の審議」もあった。自らが提出した法案を審議拒否して何をしていたかというと、「#Me Too」運動に便乗した活動を行っていた。
セクハラ問題も大事かもしれないが、自らの法案まで審議拒否してまで行うのは、国民を置き去りにしているのではないだろうか?
野党のこの動きにはSNSでも多くの批判が上がっている。


確かに国会議員が職務放棄してパフォーマンスに走るのは国益を損なう行為だと思います。


その通りですね。強制わいせつをした党員を辞職させず、代表も責任を取っていませんもんね!


サボる野党を批判するどころか、正当化するような報道をしていますからね。


国会議員は国民の為に働くから国民の血税で報酬が得られるわけで、国会放棄は国民の為と言えるのでしょうか?


あきらかに報道を意識してのパフォーマンスですね。


矛盾を気にしていたらこのような行動に出られませんよね!倒閣のみが今の野党の推進力ですから、そのためならいかなる矛盾も厭わないんでしょうね!国民は実に冷ややかですけど。


生活保護法案も在日のためで、日本国民のことはどうでもいいんです。しかも、その生活保護法案よりもパフォーマンスを優先するという事は、やはり自分たちが国会議員でいることが第一なんでしょう。


ダブルスタンダードやミスリードは今の野党の常識なんでしょう。もはや一般の常識は通用しないようですね。

冒頭でも申したように、セクハラ問題は確かに大事な問題である。しかし、国会の大事な審議を欠席してまでやらなくてはならないのでしょうか。
ネットではこれ以外にも多くの疑問の声が上がっています。セクハラに便乗して安倍内閣の中核の麻生大臣の辞任を迫っているだけではないだろうか。本来の目的のセクハラ事案を利用して内閣の土台を切り崩し倒閣を目的としているとしたら国難はあきらかに国会を空転させてる野党ではないかと私は思う。
国会議員がこのような形で敵意をむき出しに戦うのはいかがなものでしょう、国会議員が戦うべきは国会ではないだろうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。