事務次官のセクハラ疑惑は朝日の倒閣キャンペーン?被害者の女記者が非難される珍事が発生、その訳とは?

財務省の事務次官のセクハラ疑惑で当事者の福田淳一氏が非難を浴びるのはわかりますが、被害者である女性記者にもなぜか非難があがっている現象が起こっています。
疑惑の発端はつぎはぎの音声が不自然だった事から始まります。
その後、立憲民主党の杉尾秀哉議員が「被害者は民放の記者」と発言をし、民進党の大塚耕平代表の会見で被害者の個人名を明かしてしまい(現在動画は削除済み)被害者が明るみに出ることで、「これは朝日の倒閣キャンペーンではないのか?」という疑念が浮上してきました。


これは今回の相関図というものであります。
なぜこのような相関図が出てきたのでしょうか?
一番の理由は、テレビ朝日はセクハラの事実を以前から承知していたにもかかわらず、記者を変えることなく同じ女記者に担当を続けさせたことにあります。
メディアの世界では少々のセクハラでは担当を外されたり、取材先の信用を失う事を嫌うので記者自身が我慢する風潮があるそうですが、今回は上司に報告をしていたにも関わらず担当を続けさせたことに疑問を持たざるを得ません。

黙殺していたのか、それとも上司は「もう行かなくていい」という指示を出していたのか。そこが朝日の生命線となるでしょう。最悪なのはボイスレコーダー持ってセクハラの会話を取ってこいって指示してれば最悪ですね。完全にアウトです。
”身を守るため”にボイスレコーダーを忍ばせていたと記者は言っていましたが、普通なら、もしセクハラ受けるのが本当に嫌で防衛策のためにボイスレコーダーを持っていたのなら、相手に録音の旨を知らせるのが本当の防衛ではないでしょうか?
相手に無断で録音している時点で、防衛策という意味はなしていません。相手に知らせていない時点で、セクハラを受けるのは承知している事ではないでしょうか?
この時点でテレビ朝日の言い訳は破綻しています。


報告を受けたテレビ朝日の上司は、夜のサシ飲みには「もう行かない方がいい」と助言した”らしい”ですね。
テレビ朝日としてはこの助言をしたかしないかで世間の受け方は大きく変わりますからね。
でもこの”助言をした”ということを明かしたという事はこの女性記者は切り捨てられたことになります。
あくまでも記者の単独の意志で行い、セクハラを受けると解っっているにもかかわらず共を連れずに福田氏の所に赴いたことになります。
あとは関わっているとしたなら「新潮」という事になります。
テレビ朝日のシナリオとすれば、①記者がセクハラ被害にあった報告を受けた⇒②「サシの飲み会にはもう行くな」と指示した⇒③しばらくは控えたが一連の財務省の取材をしたい記者が独断で言った⇒④セクハラにあったが朝日にではなく新潮にネタを振った
こんなところでしょう、これなら朝日は最低限のことはやったことになり、もしこの行為がハニトラなのでは?と思われても朝日は最低限の対処をしたことになる。
①の段階で財務省にクレームを入れればよかったのでしょうが、この段階では証拠もなくへたにつついて情報が得られなくなるのも報道としてはどうしても避けたかったからだと思います。
こうすることで朝日が直接非難されないようにしたことが被害者であるべき記者に非難が高まる理由ではないかと思われます。
しかし、ネット上では慰安婦問題等の朝日の信用は皆無となっているので、テレビ朝日が何と言おうとも非難はその身に降りかかっております。
冒頭の画像にある相関図もその表れでしょう。
可能性は大いにある為、否定も肯定も出来ませんが。
メディアの取材・報道について堀江貴文氏がこのようなツイートを投稿していました。

このように、自らの実体験を踏まえているだけに実に説得力がある内容ですね。
言ってみれば、表に公表されている部分はあくまでも建前で、裏では我々一般人が思っているよりももっと陰謀めいたものが蠢いているってことですね。

ピックアップ記事

  1. 2018-5-26

    アメリカ大統領トランプ氏のツイッター利用者ブロック!あれ?これ日本の議員も同じことしてますねw

    大統領に就任して以降アメリカ国民以外も騒がせるドナルド・トランプ氏。 今度はこんなニュースが飛び込…
  2. 2018-5-26

    石破茂氏、自身が会長を務める県連の定期大会で大失態の居眠り。総理を目指すには緊張感がなさすぎでは?

    いしばっち、大切な会合で眠りこけてた。アベたたきで忙しいのかな?#石破 pic.twit…
  3. 2018-5-25

    《衆院法務委》18歳成人法案を可決。成立すれば2022年4月に施行へ

    成人年齢を18歳に引き下げる民法改正案が25日の衆院法務委員会で自民、公明、日本維新の会の賛成多数で…
  4. 2018-5-25

    民進党分裂までの経緯、前原誠司の二重党籍の奇策を雲散霧消させた小池百合子の排除と選別、振り回された「連合」

    連合 神津会長が著書 民進・希望 合流の内幕明かす 連合の神津里季生会長の著書「神津式 労働問題の…
  5. 2018-5-25

    加計問題新文書捏造疑惑「フォントが違う」とネットが炎上。なぜその部分だけ書体を換える必要があったのか?

    加計学園問題をめぐり、愛媛県から国会に提出された新文書によると、安倍晋三首相が2015年2月に加計学…
  6. 2018-5-24

    《スウェーデン》政府が戦争に備える手引を配布へ。国内全世帯が対象となる

    (CNN) スウェーデン政府が近く、危機や戦争への備えを呼び掛ける手引を国内の全480万世帯に配…
  7. 2018-5-24

    辻元清美議員「日大アメフト部、安倍政権に重なって見える」ネット「責任逃れの見苦しさは、お前ら反日左翼勢力にそっくりだろ 」

    辻元清美議員が日大アメフト部の会見を見て「安倍政権に重なって見える」と発言しています。 なんにでも…
  8. 2018-5-21

    有本香氏「北朝鮮を利する国会議員はいるか?」萩生田光一幹事長代行「間違いなくいる」ネット「早くスパイ防止法を制定すべき

    有本香「向こう側に利するような人がいないとも言えないので、何もかも詳らかにする訳にはいか…
  9. 2018-5-20

    【河井克行議員が分析】対中国の安倍外交とアメリカのイランに対する核合意離脱表明が金委員長を大連の習近平の元に走らせた

    米朝首脳会談を控える中、金正恩委員長が習近平主席と緊急会談をする為に大連を訪れました。 これには、…
  10. 2018-5-20

    中村時広愛媛県知事と野党(蓮舫議員)は近しい?ならば執拗に関与してない中村知事を野党が国会招致に働きかけるのもうなづける

    柳瀬唯夫元総理秘書官の国会参考人招致で追及しきれなかった野党に同調する形で柳瀬氏の答弁に対し異を唱え…
ページ上部へ戻る