• HOME
  • 記事一覧
  • その他
  • 事務次官のセクハラ疑惑は朝日の倒閣キャンペーン?被害者の女記者が非難される珍事が発生、その訳とは?

事務次官のセクハラ疑惑は朝日の倒閣キャンペーン?被害者の女記者が非難される珍事が発生、その訳とは?

財務省の事務次官のセクハラ疑惑で当事者の福田淳一氏が非難を浴びるのはわかりますが、被害者である女性記者にもなぜか非難があがっている現象が起こっています。
疑惑の発端はつぎはぎの音声が不自然だった事から始まります。
その後、立憲民主党の杉尾秀哉議員が「被害者は民放の記者」と発言をし、民進党の大塚耕平代表の会見で被害者の個人名を明かしてしまい(現在動画は削除済み)被害者が明るみに出ることで、「これは朝日の倒閣キャンペーンではないのか?」という疑念が浮上してきました。


これは今回の相関図というものであります。
なぜこのような相関図が出てきたのでしょうか?
一番の理由は、テレビ朝日はセクハラの事実を以前から承知していたにもかかわらず、記者を変えることなく同じ女記者に担当を続けさせたことにあります。
メディアの世界では少々のセクハラでは担当を外されたり、取材先の信用を失う事を嫌うので記者自身が我慢する風潮があるそうですが、今回は上司に報告をしていたにも関わらず担当を続けさせたことに疑問を持たざるを得ません。

黙殺していたのか、それとも上司は「もう行かなくていい」という指示を出していたのか。そこが朝日の生命線となるでしょう。最悪なのはボイスレコーダー持ってセクハラの会話を取ってこいって指示してれば最悪ですね。完全にアウトです。
”身を守るため”にボイスレコーダーを忍ばせていたと記者は言っていましたが、普通なら、もしセクハラ受けるのが本当に嫌で防衛策のためにボイスレコーダーを持っていたのなら、相手に録音の旨を知らせるのが本当の防衛ではないでしょうか?
相手に無断で録音している時点で、防衛策という意味はなしていません。相手に知らせていない時点で、セクハラを受けるのは承知している事ではないでしょうか?
この時点でテレビ朝日の言い訳は破綻しています。


報告を受けたテレビ朝日の上司は、夜のサシ飲みには「もう行かない方がいい」と助言した”らしい”ですね。
テレビ朝日としてはこの助言をしたかしないかで世間の受け方は大きく変わりますからね。
でもこの”助言をした”ということを明かしたという事はこの女性記者は切り捨てられたことになります。
あくまでも記者の単独の意志で行い、セクハラを受けると解っっているにもかかわらず共を連れずに福田氏の所に赴いたことになります。
あとは関わっているとしたなら「新潮」という事になります。
テレビ朝日のシナリオとすれば、①記者がセクハラ被害にあった報告を受けた⇒②「サシの飲み会にはもう行くな」と指示した⇒③しばらくは控えたが一連の財務省の取材をしたい記者が独断で言った⇒④セクハラにあったが朝日にではなく新潮にネタを振った
こんなところでしょう、これなら朝日は最低限のことはやったことになり、もしこの行為がハニトラなのでは?と思われても朝日は最低限の対処をしたことになる。
①の段階で財務省にクレームを入れればよかったのでしょうが、この段階では証拠もなくへたにつついて情報が得られなくなるのも報道としてはどうしても避けたかったからだと思います。
こうすることで朝日が直接非難されないようにしたことが被害者であるべき記者に非難が高まる理由ではないかと思われます。
しかし、ネット上では慰安婦問題等の朝日の信用は皆無となっているので、テレビ朝日が何と言おうとも非難はその身に降りかかっております。
冒頭の画像にある相関図もその表れでしょう。
可能性は大いにある為、否定も肯定も出来ませんが。
メディアの取材・報道について堀江貴文氏がこのようなツイートを投稿していました。

このように、自らの実体験を踏まえているだけに実に説得力がある内容ですね。
言ってみれば、表に公表されている部分はあくまでも建前で、裏では我々一般人が思っているよりももっと陰謀めいたものが蠢いているってことですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧