• HOME
  • 記事一覧
  • 海外ニュース
  • 香港のウイルス学者「新型コロナウイルスは中国の武漢ウイルス研究所から出た」と暴露 同学者は身辺に危険を感じ、米国へ亡命している状態

香港のウイルス学者「新型コロナウイルスは中国の武漢ウイルス研究所から出た」と暴露 同学者は身辺に危険を感じ、米国へ亡命している状態




香港のウイルス学者が英国のトークショーに出演し、「新型コロナウイルスは中国の武漢ウイルス研究所から出た」と暴露した。

香港大学の公衆保健学部でウイルス学と免疫学を専攻したイェン・リーモン(Limeng Yan)博士は11日(現地時間)に公開された英国メディアITVのトークショー『ルーズウーマン』とのインタビューで「ウイルスが武漢の水産物市場ではなく、武漢ウイルス研究所で作られたという科学的な証拠を発表する予定だ」と明らかにした。

イェン博士は「遺伝子の塩基配列は人間の指紋のように識別が可能だ。私は中国でこのウイルスがどのように出たのか、なぜ彼らがこのウイルスの創造者なのかに関する証拠をつかんでいる」と強調した。

イェン博士は「ウイルスの根源は私たちが知らなければならない重要なもの」だとし、「私たちがこれを知らなければ克服することは出来ないだろう。このウイルスは全ての人々の生命を脅かすだろう」と警告した。

イェン博士は香港大学での勤務中に身辺に危険を感じ、米国へ亡命している状態だ。

イェン博士は「武漢研究所は中国政府が統制している」とし、「恐怖心から中国から出たが、公の場で暴露を決意した理由は、真実の通り話さなければ後悔することになるから」と告白した。

これに先立ち、イェン博士は中国本土に派遣され、新型コロナの集団感染の事例を調査したという。当時に関しては「新型コロナの発病初期にも人間間の伝染証拠を発見し、上司にすぐ報告したが、黙殺された」と主張した。

イェン博士は、「米国に居住するとある有名なユーチューバーの助けで、中国政府はコロナウイルスの人間間伝染についてすでに知っていた」と暴露した。

イェン博士はまた「フォックスニュース」とのインタビューでも「新型コロナに対する真実を明らかにするために米国に来た」とし、「もし中国でこの事実を暴露したら、私は殺害されただろう」と話した。

イェン博士は「私は彼らが内部告発者にどのように接するのか知っている」とし、「夫は私が米国に逃避したことで非常に腹を立てている」と付け加えた。

イェン博士が勤務していた香港大学はイェン博士に関する情報をすべて削除し、電子メールやポータルへのアクセスをすべて中断させた。 香港大学の代弁人は「イェン博士はこれ以上、学校の職員ではない」と明らかにした。

中国当局は今まで新型コロナの“武漢研究所起源説”を否認し、ウイルスが自然に発生したと主張してきた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2f7b2080c80645a7c1cd1fad117247c933327205




ネットの反応(引用元
亡命しないと身の危険が保証されない。
中国の怖い部分ですね。
しかし、当局は100%認めない。
暴露するなら全て暴露して欲しい。
夏場でもこれだけの感染力があるんだから普通のウイルスじゃないのは分かってた。野生動物なんて東南アジアでも食べられてるから、とっくに自然発生しててもおかしくない。前に起きたSARSも自然発生かどうか怪しいけどな。
科学者なら このウイルスが、何故出来たのか 調査研究するのが普通やわな。 しかしWHOは原因すら追いかけない。 早く解体するべきやわ
殺されないことを祈るばかりです。また、証拠が他の科学者を納得させられるものであって欲しい。
アメリカ行ってても狙われる可能性高いやろうから、そこは気をつけてもらいたい。早く根拠に基づく真実を公にしてほしい。
いくら中共が隠蔽しようが、真実を暴露する人が現れる。世界中での死者も91万を超えた。
犠牲者が増え続け、世界世論は中共を許すことはない。ファイブアイズを中心として、西側諸国は結束し、中共を解体に追い込むだろう。
やはり中国は覇権のために壮大な実験をしてしまったようだ。
これだけ海外諸国とはかけ離れ
いち早く経済回復に向けて始動し
目の上のたん瘤であった米国との差を
経済的にも外交的にも軍事的にも縮められ
中国にとっては良い事尽くめになったのだから
やはり何某らの陰謀があったとしか思えない。
しかもマスク外交で孤立したイタリアを助け
EUの綻びが出るように
また今やワクチン外交で南シナ海問題で
ASEANと米国との団結力を弱めるように仕向けたのだから尚更だ。
つまり国民だけでなく世界中の人民をも犠牲にした
壮大な実験を敢行したのではなかろうか?
もしそれに妥当性が無かったとしても
結果的には中国政府もまんざらでもないだろうが
いずれにせよ香港問題しかりもはや誰も制御できない
危険極まりない国家に成り下がったのだから
自由主義圏国家はもはや何の躊躇もなく
中国の横暴に立ち向かう時が来たと言えよう。
亡命先のアメリカは、この科学者の身の安全を一生保証して欲しい。

おそらく彼女は今後、死ぬまで、中国政府から命を狙われる人生だから。
そのリスクを冒してまで、覚悟をもって発言するのだから。

イエン教授のお話しはあるYouTubeで何度も伺っている。少なくとも中共が言う「米軍が中国に運んできた」と言うよりも信憑性があると思う。科学的な証明も米国で概ね理解を得ていると思われる。問題はどのようにして人工ウィルスが流出したかである。意図的か事故か。意図的なら生物兵器そのものと言える。これを解明するには中国のワクチン開発から知る事ができる。標本は中国にしかないからだ。今の段階で言えるのは中共のワクチン開発者の証言から本年の2/26日にワクチンを製造ラインに乗せたとか。ワクチン開発には概ね半年の期間を要する。そうすると昨年の8月以前に開発に着手したことになる。9月にはウィルス隔離訓練も実施しているようだ。それは何を意味しているのでしょうか?近々トランプ大統領から重大発表があるようだ。中共は世界中からの賠償請求に耐えられるだろうか?恫喝では済まされないと思われる。
何かを隠す、ごまかす、嘘をつく、真実に触れて欲しくない時って人間はムキになって反論する事が多い様です。
まさに隣国の対応そのものですね!
なぜもっと誠実に対応して、信用を得ようとしないのかが疑問です。
どこの国の政治家も自分の身の保身、プライド、利益が国益や国民からの信頼よりも重要なのでしょう!
「新型コロナウイルスは中国の武漢研究所から出た」と思う。あんな病気が自然にでるはずがなく、そう考えた方が自然。おそらく生物兵器として開発したものが、誤ってもれたと思う。中共は世界に責任とるべき
この証言が論理的なものだった場合、中国政府は一体どう責任を取るのか?
世界に対しての賠償責任、金額にすれば国家が吹っ飛びますよ。
やけくそになって戦争を引き起こす可能性も有るかもしれません。








この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧