Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【日経新聞】一面で女性活躍の為の職場の環境改善の必要性を語るも、ルール上問題なかった金子恵美氏の子供の送迎は再批判


という事だそうです。
では、両記事を見てみましょう。

春秋

「ウミを出し切る」。首相の決意表明にもかかわらず、ウミの吹き出し口が増える一方である。この1週間だけでも、林芳正文部科学相が公用車でヨガに通っていたと報じられて謝罪し、防衛省では沖縄の米軍基地の移転を巡る警備企業の水増し請求が明らかになった。

▼公用車を私用に、といえば、総務政務官だった金子恵美衆院議員(当時)が子どもを保育園に送り迎えするのに使って物議をかもし、舛添要一都知事(同)が別荘への行き帰りに使って批判されたことを、すぐに思い出す。いずれもそんなに古い話ではない。教育行政のトップにいるはずの文科相の学習能力が心配になる。https://r.nikkei.com/article/DGXKZO29992520Z20C18A4MM8000

この時も金子氏は「常に総務省の運用ルールに則ってまいりました」と問題はない事を主張していました。

それでは日経新聞の一覧を見てみましょう。

セクハラ風土「改善せず」 活躍推進掲げ5年…働く女性の半数が実感

政府が女性活躍推進を成長戦略に掲げて5年。働く女性の半数が、この間もセクハラの起きる職場風土は「改善していない」と感じていることが日本経済新聞社の調査で分かった。被害経験を訴える女性は43%に上った。女性が仕事で存分に力を発揮するためには職場の環境改善が急務だ。https://www.nikkei.com/article/DGKKZO29983960Y8A420C1MM8000/

こちらは、働く女性の職場環境の改善を述べています。ただし、記事はセクハラについてのものであると思うのですが、女性の職場環境はセクハラの問題だけではありません。「女性が仕事で存分に力を発揮するためには職場の環境改善が急務だ」といっているように、出産・育児問題も職場環境の改善に含まれます。

これではツイート主の言うようにどこに軸をおいて記事を作っているのかわかりませんね。軸があるとしたら自民党批判というのでしょうか。

それに、舛添氏の件と同列にとらえるのもいかがなものかと思います。

金子氏の件では物議をかもしたとありますが、実際は働く女性からは擁護の声も多かったですよね。

保育所送迎に公用車は問題?

これは医師でタレントの友利新さんのブログであります。

もし、金子氏の件を批判するのなら蓮舫議員の件も追及するのがジャーナリズムではないでしょうか。

蓮舫氏が公用車で送迎していた? 金子恵美氏への批判に周辺住民首を傾げる

これでは日経は朝日と同列の偏向報道社と言われても仕方ないと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。