• HOME
  • 記事一覧
  • 政治ニュース , 野党
  • 野党統一戦線に異常!?野党の唯一の見せ場、野党合同ヒアリングを野党間で分裂??国民民主党幹部「集団でつるし上げるようなことをしても意味がない!!」と大正論!!

野党統一戦線に異常!?野党の唯一の見せ場、野党合同ヒアリングを野党間で分裂??国民民主党幹部「集団でつるし上げるようなことをしても意味がない!!」と大正論!!

目立つことしか考えていない野党。その目立つために一役買っているのが野党合同ヒアリングだ。今回の日本学術会議の件では、当然のように野党合同ヒアリングを開催した。なにか政権批判に使えそうなネタを発見すると、直ぐに野党合同ヒアリングを開催したがる。

もはや条件反射として、染みついている感すらある。

(出典 毎日新聞)

成果を上がらないのか、はたまた成果を上げるつもりがないのか、何を目的に開催しているのか不明な野党合同ヒアリングだが、野党合同ヒアリングをめぐって野党間に隙間風が吹いているようだ。

なんと「野党合同」と謳っていながら、その場に国民民主党所属議員の姿はなかったのだ。つまり、野党合同とは名ばかりで、構成する議員を見ると、帰ってきた民主党、日本共産党、社民党という左派三党しかいないのだ。

官僚をつるし上げ、公開処刑をする野党合同ヒアリング

野党合同ヒアリングは、成果を上げられないばかりか、官僚に対するパワハラ、モラハラ等が横行する異常な質疑を行っていた。

この官僚に対するつるし上げ・公開処刑とも取れる野党合同ヒアリングの質疑については以前から批判の声が上がっていた。

2018年にはジャーナリストの安積明子氏が次のように、夕刊フジに寄稿していた。

立憲民主党や希望の党など野党6党は23日も、与党が麻生太郎副総理兼財務相の辞任要求に応じないことなどに反発し、国会審議を欠席した。ただ、財務省の担当者を呼んで野党合同ヒアリングは開催した。最近、頻繁に開催される合同ヒアリングへの疑問について、ジャーナリストの安積明子氏が寄稿した。

(略)

局次長から係長まで、そのポストはさまざまだが、各分野でトップクラスの能力を持つ人々だ。

そんな官僚らを大声で怒鳴り、罵(ののし)る野党の議員たち。まるで大きな声を出せば、何らかのお宝が出てくるかのようにやるからたまらない。官僚らは、すっかり萎縮している。

(略)

(出典 毎日新聞)

引用元 野党合同ヒアリングは官僚イジメ、まるで中国・文革期にあった紅衛兵のつるし上げ ジャーナリスト・安積氏指摘

安積氏が指摘するように、大声で罵られれば、優秀な官僚も委縮する。そのような状況を作り出し、欲しい情報が得られるとでも思っているのか。

単なる目立ちたがり屋の野党議員の為のパフォーマンスの場としか考えられないのが、野党合同ヒアリングという場だ。

しかし、この「野党合同」と冠していながら、野党間に隙間風が生じているというのだ。それは、国民民主党の不参加だ。

野党合同ヒアリング、参加しているのは左派三党(本家共産党、亜流共産党等)

問題点が多く指摘されていた野党合同ヒアリング。官僚に罵声を浴びせ、公開処刑だったが、最近では、日本学術会議関連のヒアリングでは、身内を呼びヒアリングをするという滑稽さも露見した

国民の為に、何一つ貢献することがない野党合同ヒアリング。その野党合同ヒアリングに対して、国民民主党所属議員が欠席する事態が発生しているというのだ。

日本学術会議の新会員の任命を菅義偉首相が一部見送ったことをめぐり、立憲民主党などの主要野党は6日、国会内で合同ヒアリングを開いた。ただ、国民民主党の全議員は2日の会合に続き出席しなかった。野党が詰問調の言葉を官僚に浴びせ、ネットで生中継する合同ヒアリングには、以前から「公開リンチ」(与党関係者)などの批判も強い。提案型野党を標榜する国民は、主要野党と距離を置いているようだ。

(出典 朝日新聞デジタル)

(略)

会合は、この日もヒートアップする議員が目立った。「あなた方!」と大声を出した立憲民主党の小西洋之参院議員を、司会役の黒岩宇洋衆院議員が「トーン下げながら…」となだめる一幕もあった。

(略)

国民関係者によると、合同ヒアリングの欠席は、党として指示はしていない。とはいえ、複数の党幹部は「集団でつるし上げるようなことをしても意味がなく、真相が分かるとも思えない」「役所をたたくようなことはしたくない」と語る。強圧的な態度で政府を追い込んでも、主要野党の政党支持率が好転しなかった教訓も踏まえているようだ。

(略)

引用元 国民民主は政権追及ヒアリングを2回欠席 立憲、共産の手法と距離?

国民民主党は、野党合同ヒアリングに対して否定的な認識を持っているようだ。国民民主党が抜けた野党合同ヒアリングに、参加している主要政党は、立憲民主党と日本共産党と言うことになる。

つまり、立憲民主党とは、ほとんど共産党と一心同体なのだ。

事ある毎に野党合同ヒアリングを立ち上げる立憲民主党や日本共産党。国民民主党が示したように、野党合同ヒアリングの無意味さにいつになったら気が付くのか。

左派政党の自己満足のために開催される野党合同ヒアリングのために、官僚が時間を割かれることが有意義なこととは到底思えない。パフォーマンスに終始し、自己満を得る左派政党は、いい加減、国民の為に仕事するべきだ。

国民の為に仕事をすることができないなら、出来ないなりに取り得る道はある。一日も早く、国会議員を辞職して頂きたい。議席をもっとまっとうな人物に今すぐ譲るべきだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧