Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

TOKIO松岡、『TOKIOなくしたほうがいい』山口の復帰願望批判!

まだまだこの話題は世間を騒がせています。

個人的にもやっぱりまだ信じられません。そんなTOKIOのメンバーが4人揃って会見を開きましたが、

特に松岡昌宏さんが会見で語った内容が話題になっています。

TOKIOの城島茂(47)、国分太一(43)、松岡昌宏(41)、長瀬智也(39)が2日、東京都内で会見し、メンバーの山口達也(46)が女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検されたことにリーダーの城島が「今回、山口達也が犯した事件について、被害者の方、ご家族の皆様に心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。山口は1日に起訴猶予となったものの事実が消えるわけではなく、4人は終始、険しい表情を浮かべていた。YAHHOニュース

 

城島は「一刻も早くTOKIOとしての気持ちを表したいとの思いがあったんですが。全員で集まれたのが30日です」とし、その時、山口から出た言葉は「TOKIO辞めます」だったと明かした。城島は「本人は憔悴しきっていた。どうすべきか。山口の処遇含めてどうすべきか話し合った。山口は憔悴しきっていた。23年付き合ってきた。やめてくれといえない私達がいました」と話した。

城島に続いてマイクを握ったのは松岡。各メンバーによる発言の冒頭で、「あの…。今回のうちの山口の事件で、本当に被害を受けた方、そのご家族の方、そして今までTOKIOを支えてくださった方、いろいろな関係者の方々、ずっとTOKIOを応援してくださったファンの方々。本当に今、申し訳なく、情けない気持ちでいっぱいです」と謝罪した松岡は、山口の会見を見て、「自分にまだ席があるのならそこに帰りたいという発言を、自分で目にした時に、山口の、彼の甘ったれた意見はどこから生まれるものなんだろうと正直、思いました」と振り返った。

「あの時の彼は自分が崖っぷちではなく、自分が崖の下に落ちていることに気づいていなかったと思います」と指摘し、「そういったいろんなことから生まれてくる甘えが、その根源はいったいなんだろうって」と疑念を持った松岡は「TOKIOに戻りたい、俺にはTOKIOがある。TOKIOに帰れる場所がある。もしそういう彼の気持ち、甘えの根源がTOKIOだったとしたら、自分の意見ですけど、そんなTOKIOは1日も早くなくした方がいいと思います」という考えに至ったと告白した。YAHHOニュース

 

ネットでは涙を流しながらも一番厳しい言葉を投げかけた松岡昌宏がリアルタイムツイート上位に上がるほど、注目を浴びました。

山口と酒の関係についても「『正直、あなたは病気です。だから、自分のおかれている立場と今後のことをちゃんと向き合ってくれ』(と話した)。酒は当たり前。決してお酒が悪いんじゃない。悪いのは彼ですから。その甘さと自分の考えも改めてもらわないと、俺たちは何もできない」と、“病気”という言葉を使って厳しい言葉を投げかけた。

 だが涙を浮かべながらの表情から、山口のことを思っての言葉であることは一目瞭然。ネットでは会見直後から「松岡昌宏」「松岡くん」といった言葉が急上昇。「ここまでなかなか言えないよ」「一番泣いているのに、一番冷静で理論的で筋が通って冴えている」「特に松岡君、怒る部分がちゃんとしている」「男らしい」「松岡君の言葉が一番説得力ある」「言葉の重みが伝わる」など、松岡の発言に感心の声が挙がっていた。デイリー

 

これから番組などどのように継続していくのか、これからの活動など注目ですね。

【関連記事】

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧