Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【日本初】運賃無料のタクシー「15歳起業」若手実業家の吉田拓巳氏が新会社を設立!!

最年少社長として15歳で起業したことで知られる若手実業家吉田拓巳氏が、2019年3月から、

日本で初めての無料の配車・運行サービスを始めることが分かりました。

利用者は専用のアプリを使って配車を受け、車内のディスプレーに店や商品などの情報が流される。

走る広告塔として、運賃に当たる運行コストは広告のスポンサーが負担する仕組みになっています。

吉田拓巳(よしだたくみ)

生誕 1995年6月29日(22歳)
日本の旗 日本・福岡県
別名 Takumi Yoshida (VJ TKMi)
職業 クリエイター
VJ
実業家(株式会社nommoc・株式会社セブンセンス 代表取締役社長)
公式サイト http://tkmi-vj.com

日本最年少で起業した吉田拓巳さん。なぜ15歳という若さで起業しようと思ったのか?

《趣味がいつの間にか仕事になっていた》

9歳、10歳のころから映像を趣味でつくっていて、その流れでVJの世界に出会いました。だんだん自分がつくった映像でお給料をもらうようになって、いつの間にかそれが仕事になったという感じです。その延長で「もっと自分の表現の幅を広げたい」と思うようになり、漠然と起業を考えるようになりました。

ネットでいろいろ調べているうちに、若くても起業できるということを知って、起業家であり投資家の家入一真さんにTwitterで「自分こんなことやっています」ってメッセージを送ったんです。そうしたらすぐに返信がきて、コミュニケーションをとっていくうちに「『Campfire』のコンセプトムービーをつくってよ」と依頼がきたんです。当時は3.11もあって、結局その依頼は仕事にならなかったのですが、家入さんとはその後も連絡を取り合っていました。そしてある日、「拓巳くん、中学も卒業したし、これからどうするの?」と聞かれて、「いつか起業したいです」と答えたら、「だったら今すぐやればいいじゃん」と言われ、現在のセブンセンスを立ち上げました。当時は具体的にどんな事業をやるかも決めていなかったので、事業計画書をつくったりするような一般的な起業とは逆をいっていました(笑)。とりあえず会社をつくって、何をやるかは後から決めていった感じでしたね。https://mikata.shingaku.mynavi.jp/article/7575/

 

《まずは面白いことをやる! お金は後からでもいい》

——よく他の起業された方の話を伺うと事業が先行して行われ、その後の起業することを耳にします。事業が決まっていない中で起業することに不安はありませんでしたか?

今はネットで誰でもアウトプットできるようになったから、普通のことをやっていても埋もれてしまう。だから、いったんはお金のこと考えず、まずは面白いことをやったほうが社会から注目されると思うんです。
それで10代のネット疑似選挙『Teens Opinion』っていうのをつくったら注目を集めて、広告大賞をいただき、その後企業から仕事がくるようになりました。
資金の流れや儲かることを考えたらぶっ飛んだことができないし、今は何がお金になるか、もはや分からないじゃないですか。

——確かに今までにない仕事や働き方が増えてきていますね。

実際にYouTubeでご飯食べている人もいるし、どのコンテンツがお金になるかなんて分からない。だから、マネタイズなんて後からでいいと思うんです。
自分には奥さんや子どももいないし、守るものがない。幸い日本は豊かだから飢え死にする心配もない。社会の脅迫観念で「お金を稼がないといけない」みたいなものがあるけど、それが僕には全く理解できないですね。

——起業してたいへんだったこと教えてください。

若いときは銀行口座をつくれないとか、融資が無理とか、いろいろハンデはありますけど、失敗や挫折というのはとくに感じたことはありません。いろいろやってみて、自分にフィットしないものや、トラブルが起きたものはやめればいいだけ。もし、挑戦したことが世間的に失敗とみなされても、経験値は自分の中に増えていくから、結果的にはそれでいいと思っています。https://mikata.shingaku.mynavi.jp/article/7575/

 

そんな吉田拓巳氏が2020年をめどに東京など主要都市での展開を目指す無料タクシーが、

福岡で来年運行開始になります。

 

具体的には、米ウーバー・テクノロジーズが運営する自動車配車サービスのように、スマートフォンの専用アプリで配車を受ける。アプリからは利用者の情報が送られるため、乗車中、車内の広告ディスプレーには、利用者が関心を持っているファッションブランドやランチのおすすめなどが常時配信される。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180507-00000010-fsi-bus_all

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。