石破氏、「孤立の果て」に派閥会長辞任の哀愁








自民党総裁選での惨敗を理由に、石破茂元幹事長が自ら立ち上げた石破派(水月会)の会長を辞任してから3週間余。石破氏の意思に反して後任会長は決まらず、同派は空中分解の危機を迎えている。  石破氏の総裁選出馬は今回で4度目。1強と呼ばれた安倍晋三前首相の唯一の対抗馬として、国民的には「次の首相候補ナンバー1」の人気を維持していた。しかし、「令和おじさん」と「苦労人」を売り物にした菅義偉首相に惨敗した。

■人事での冷遇が会長辞任に

石破氏が突然、派閥会長辞任を宣言したのは、10月22日の石破派臨時総会だった。石破氏は9月の党総裁選で68票に終わり、377票の菅義偉首相には遠く及ばず、89票の岸田文雄前政調会長にも差をつけられての最下位となった。安倍晋三前首相との一騎打ちとなった前回の2018年総裁選では73票の国会議員票を獲得したが、今回は26票にとどまった。

石破氏は自民党議員の支持の少なさを「自らの不徳の致すところ」と反省しきりだ。安倍氏や麻生太郎副総理兼財務相による「多派閥談合での強烈な石破つぶしが原因」(自民幹部)との分析もある。

石破氏は領袖辞任に当たり、「自ら何度も反すうし、懊悩(おうのう)した。(石破派の)みんながつらい思いをしてきたことに対して、言葉だけでは足りない」と説明。石破派に所属する議員が党・内閣人事で冷遇され続けたことが、苦渋の決断につながったと述べた。

石破氏は当選11回で、ポスト安倍候補では最長の議員キャリアを持つ。4度目の総裁選出馬について、周辺では「これが最後の戦い」との声も出ていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6b41d0c3c50f2b2ebfbf32988de14745a6aa086e


ネットの声

この数年自身の存在感をアピールする為にさんざん政権批判を繰り返して置きながら、総裁選では自分が党のトップになりたいので、応援よろしく。
私の政策に納得して共感してくださいでは虫が良すぎるし、誰も相手にしないのは至極当然の成り行きだった。
2014年に安全保障法制担当相を固辞して閣外に出たことで急速に党内での影響力を失ったのが直接的敗因だろう。
「次の首相候補ナンバー1」?
バカらしい。
結局のところ、味方を相手に後ろから銃口を向けすぎたね
頼りない野党の代わりにマスコミ先導で反安倍の受け皿になっていただけの印象
ただ野党と同じで反安倍という見方がなくなれば、足を引っ張るだけの批判分子
党内が纏まろうとしている時だからこそ居場所がなくなるのは当然かと
どの世界でも自分の母体が大変な時に出て行く人なんて信じる人いないでしょ。
人を救うのが政治の一面なのに人の道が分からない人には誰もついていかないよ。




この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧