Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

民進党マネー流出!背任罪又は業務上横領罪に該当する可能性が極めて高い

昨日私共が掲載さて頂いた民進党の政党交付金が離党が確実な議員に流出したようである。
離党が確実な前議員に一人当り1500万円、新人、元議員に2000万円支払われたとされた。
その内容、どのような罪になるかは北村晴男弁護士はこう語る

北村 晴男(きたむら はるお、1956年3月10日 – )は、日本弁護士(登録番号:21115、東京弁護士会)、タレント。北村・加藤・佐野法律事務所所属。

長野県更埴市(現・千曲市)出身。早稲田大学法学部卒業[2]血液型AB型

 

配られた経緯詳細については以下の様である

民進党の前原誠司代表は9月28日の両院総会後の記者会見で「民進党にある98億円ともいわれる資金の運用は誰がやって、希望の党には提供するのか?」と問われ、こう答えた。
「もうちょっとありますけどね。その使い道についてはまったく決めていない」…https://dot.asahi.com/wa/2017100100028.html(民進党が希望の党に“上納”? 140億円の行方)

実は上記の民進党の資金が裏で各議員を経由して、立ち上がった新党に流れているという。

資金の流れはこうだ

民進党の元職(国会議員だった者)に2000万円、支部長(落選中で次期選挙に立候補する者)は1500万円を渡し、

持参金と称して、希望の党や立憲民主党などの新しい政党などに各議員がお金を持っていく形だ。

更に詳細を言えば500万円は既に事前に支払われており、

残りは追加で各議員(支部長に1000万、前職議員に1500万)に支給されたようである。

※但し参議院議員には配られずに分配には離党して衆議院選挙に出ることが条件であるらしい。

全文を読む(政治知新10/2より)

政治資金規正法についてさらに詳しく知りたい方は参考にしてください。

Twitterでのコメント

背任罪又は業務上横領罪に該当するのか?

北村弁護士も罪に問われる可能性が極めて高いと言ってるように。まだはっきりと断言できないようですね。
罪に問われるか否かは司法に委ねるとしても、これは世間が黙っていないでしょう。
国民を馬鹿にするにも程があります。
こういうのをマスコミはもっと大々的に取り上げそれこそ分配された個人の名前の一覧を発表して審判を下すべきと思っているのは私だけでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。