Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

《イスラム国》インドネシアの教会、一家6人が自爆テロ…

イスラム国の脅威がまだまだ続いています。

今度はインドネシアの教会が犠牲に・・・

インドネシア第2の都市スラバヤで13日朝、三つのキリスト教会で爆発が相次いだ。警察によると、子供を含む一家6人による自爆テロで、巻き添えとなった7人が死亡し、45人が負傷した。警察は、一家は国内のイスラム過激派組織に属するとみて調べている。過激派組織「イスラム国」(IS)が、系列メディアのアマク通信を通じてテロへの関与を表明した。毎日新聞

事件は日曜朝の礼拝中に起きた。調べでは、午前7時半ごろに市中心部の教会で最初の爆発が起き、付近の二つの教会でも爆発が相次いだという。警察はスラバヤのすべての教会を一時、閉鎖した。

インドネシアでは、ISへの連帯を示すイスラム過激派組織「JAD」が活動している。会見を開いたティト・カルナビアン国家警察長官は、JADに属する「父と母、子供4人の一家族による自爆テロ」と説明した。一家の父親はJADのスラバヤの指導者だという。

インドネシアでは、人口のうちイスラム教徒が9割弱、キリスト教徒が1割弱となっている。数日前には、JADの指導者を収容するジャカルタ郊外の拘置所で、組織の構成員らが警官5人を殺害する事件があった。また13日未明には、西ジャワ州で、拘置所などへの襲撃を狙って武器を持っていたJAD構成員4人に警察が応戦し、全員を射殺した。

スラバヤは人口が首都ジャカルタに次ぐ270万で、商業都市として知られる。毎日新聞

 

《インドネシアの教会》

インドネシアの地元メディアによると、13日午前7時~7時半ごろ、東ジャワ州スラバヤ市内の3カ所の教会で爆発が発生した。

州警察によると、少なくとも1人が死亡、うち1カ所の自爆テロ実行犯とみられる人物も死亡した。

 

日本では海外とは違いテロなどの脅威に鈍感な人が多いのが現状だと思います。

ただ決して許される行為ではないですし、危機感をもっと日本の人も持つべきですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。