Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

反社会的勢力と蜜月関係の日大田中英寿理事長を支援し続ける亀井静香氏は危機管理が出来ているのか?

俺がお前の用心棒になってやるから、お前は用心棒を作る学部を作れ

「日大だからといって捜査を手加減しなきゃいけない理由はない。警察は粛々と捜査をやりますよ。傷害罪になるのかどうかは分からないけどさ。もともと危機管理学部は、俺が田中理事長に『俺がお前の用心棒になってやるから、お前は用心棒を作る学部を作れ。今の時代、危機管理学部を作らにゃいかん』と言って作らせたんだ。彼は相撲取り上がりのなかなかのナイスガイですよ」
と語るのは週刊文春の取材に対し語気を強めて反論する前衆議院議員・亀井静香氏であります。

2016年4月2日、創立130周年事業の一環として新設された日大の「危機管理学部」の開校祝賀会が渋谷区内のホテルで開かれた。国松孝次元警察庁長官、元警視総監の野田健氏、警察官僚出身で前衆議院議員の亀井静香氏らが参加し、壇上に近いメインテーブルに彼らは顔を揃え、国松氏の隣には日大の理事長である田中英寿理事長(71)の姿もあった。
記事では

「二十八年ぶりとなる新学部のうち、ひときわ注目を集めていたのが危機管理学部です。災害や国際テロが頻発するなか、危機管理のエキスパートを要請する目的で設立され、教授陣には元四国管区警察局長の茂田忠良氏や元埼玉県警本部長の金山泰介氏ら警察キャリアOBが名を連ねていました。こうした”天下り”の受け入れは、あまりに露骨な警察対策だと話題になりました」(警視庁担当者)
今回の一連の騒動では、危機管理学部を擁する日大の不手際ばかりが指摘され、逆に、大物警察OBが関わる危機管理学部の存在そのものが事件捜査の“重石”となる危険性を孕んでいるのだ。

とあり、文春の取材に対し亀井氏は反論し、危機管理学部を警察OBに紹介したのも自分だと胸を張るのであった。
亀井氏はその後も『天下り』の受け皿でなく危機管理学部に一流の人材を招聘したことを述べていた。

大物警察OBから山口組、住吉会

田中氏の人脈についても記事では触れています。
表の人脈は亀井氏を筆頭にそのほか警察や官僚で、裏の人脈は山口組や住吉会などの反社会的勢力とのつながりであることを示している。
こういった人脈のほかに日大には国や自治体から150憶円を超える補助金が支出され、その金の使い道はまさに理事長である田中氏の思うままとなっている。
記事ではその例えとして、新設の危機管理学部の一階エントランスにホールに飾られている横4.5m縦2.5mの絵画について触れている。

「…これは有名画家の絹谷幸二氏が描いたものですが、大学側はこの絵画を亀井静香氏の進めるがままに購入しています。金額は九千九百万円です。」
前出の亀師氏はこう説明する。
「殺風景じゃいかんよと思ったから、当代一流を代表する絹谷先生が描いたあの絵でも置いたらどうかとアドバイスした。ただ、俺が値段を決めたわけじゃないよ」

このように亀井氏のひとことで約1億円もの絵画がポンと飾られるなど野放図化される金の使い道がこれからも白日の下にされるのではなかろうか。
こういった日大マネーの裏に反社会的勢力とのつながりがあるのではなかろうか?
YouTubeでこのような動画がありました。

記事では山口組などの団体と田中氏の蜜月ぶりを紹介していて、Twitterでもこのような投稿がありました。


このほかにも「山口組の若頭と杯を交わした」「名古屋では司親分の行きつけの寿司屋のいく」など周囲に自慢げにしていたので、一般の教職員は田中氏を恐れるようになったのも当然である。

タックル問題で再燃 日大理事長の交遊関係に“マル暴”の影

日大アメフト部員の“悪質タックル”問題は日大トップの解任問題にまで飛び火しそうな勢いだ。数年前、国会でも取り上げられた日大の田中英寿理事長(71)と、広域指定暴力団幹部との“親密”写真問題が再燃しているからだ。
田中理事長の黒い交際疑惑を裏付ける、6代目山口組の司忍組長とのツーショット写真を巡っては、2015年に香港の英字新聞「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」など海外メディアが次々に報じている。
“黒い関係”を巡る疑惑は国会にも飛び火し、同年4月には、維新の党(当時)の牧義夫衆院議員(現・国民民主党)が、<日大の理事長としてというよりも、これは間違いなくJOC(日本オリンピック委員会)副会長であるからこそ、その裏社会との関係を懸念する記事が出ている>と指摘した。
いつの間にか田中理事長の“疑惑の交友関係”はウヤムヤに終わったが、アメフト事件を契機に日大の体質そのものに目が向けられ、再び問題視され始めた。

最新号の「週刊文春」は、司忍組長とのツーショット写真を掲載。ネットメディアも、闇社会との関係を報じ始めている。
■海外ニュースが報じた黒い関係
田中理事長や日大は、暴力団幹部との写真や交際について「(写真は)作られたもの」「事実無根」と一貫して主張しているが、暴力団関係者との写真は、司忍組長とのツーショット写真だけではない。
指定暴力団住吉会の福田晴瞭元会長との写真も出回っている。さらに、右翼系の敬天新聞には、09~10年に撮影されたとみられる山口組幹部とのツーショット写真も掲載されている。はたして、田中理事長は暴力団と関係があるのか。
米ニュースサイト「デーリー・ビースト」は、14年1月に「ザ・ヤクザ・オリンピックス」と題した記事の中で、<田中英寿氏は福田会長と過去においてよい友人だった><山口組のボスの少なくとも1人、さらには他の暴力団の構成員とも友人関係を維持していることを示す書類もあった>などと紹介している。

暴力団関係に詳しいノンフィクション作家の溝口敦氏がこう言う。
「そもそも、暴力団はボクシングや相撲などの体育会とのつながりが強い。ただ、一般的に、暴力団側は『声がかかれば会って腹を割って話をする』という立場なので、もし関係があるとすれば、田中理事長の方から接触を持ちかけた可能性が高い。恐らく、理事長の趣味、肌が合うといった感覚で交際していたのでしょう。写真は『合成だ』という主張が世間に通じるかどうか」
改めて日大とJOCに田中理事長と暴力団の関係について問い合わせたが、期日までに回答はなかった。
仮にも田中理事長は生徒数7万人を誇るマンモス私大のトップだ。もはや、いつまでもウヤムヤにできる状況じゃないだろう。男らしく表に出てきて話をした方がいい。https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/230047/1

上記はゲンダイの記事でありますが、田中氏は暴力団関係者との関係を否定し、ツーショット写真は”捏造”されたものと言っているが、周囲に関係を言いふらしてしていながら今更それは都合がよすぎるというもの。ゲンダイの記事では接触を持ち掛けたのは田中氏の方からではないかと推測している。もしそうであればなんの言い逃れも出来ない。

反社会的勢力⇒理事長⇐亀井氏と警察

法的には問題ないのかもしれないが、倫理的にはどうであろう。
教育機関のトップが反社会的勢力とズブズブの蜜月関係を築き、その一方で、国の正義とされる政治家と警察がそこに関与する形となる。「友達の友達は友達」という関係が出来上がってしまうのが一番恐ろしい。
危機管理学部を新設はさせたが、本当の危機管理が取れていないのではないかと思えてしまう。
開校祝賀会には国松孝次元警視庁長官も出席して、亀井氏の声掛けにより危機管理部新設の手伝いをしたと言っていますが、田中氏との個人的な付き合いに関しては一切否定しております。
世間ではメディアなどが一連の日大の騒動に便乗して田中氏の交友関係も露見する動きがあるようであるが、反社会的勢力と関係のある人物を支援し続ける亀井氏はあまりにも危険ではないだろうか?

ツイッターフォローお願いします

ピックアップ記事

  1. 2018-8-20

    玉城デニー氏・沖縄県知事選に立候補へ・・・山本太郎率いる自由党議員の刺客

    沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事の急逝に伴い、9月13日に告示、30日に投開票される県知事選に、…
  2. 2018-8-20

    石破茂終了のお知らせ・・・旧東ドイツ秘密警察幹部「ミスターイシバ(当時35才)はかつて北朝鮮で美女をあてがわれてご満悦だった」

    総裁選出馬の石破茂氏。 このタイミングでこのようなものが出てしまうとは・・・。 本人も頭を抱えて…
  3. 2018-8-20

    福田元事務次官のときは「言葉だけでもセクハラだ!」と辞任するまで叩きまくった蓮舫議員。吉田統彦議員のことはスルーか?

    福田元事務次官のときは「言葉だけでもセクハラだ!」と辞任するまで叩きまくったマスゴミと野党議員。…
  4. 2018-8-20

    SEALDsメンバーの現在。解散しても相変わらずの活動家。中には無職でニートの活動家も。。。

    「SEALDs」メンバー、今どこに? 奥田愛基 (1992年生まれ):キリスト教愛真高校、明治学…
  5. 2018-8-20

    韓国はほぼ日本?企業の度を超えたベンチマーキングに批判の声 5ch

    1: 荒波φ ★ 2018/08/20(月) 09:59:00.93 ID:CAP_USER …
  6. 2018-8-20

    米メディアは本当にオバマに甘く、トランプに厳し過ぎるのか??

    トランプはメディアの過剰報道に助けられてもきた トランプびいきの友人たちは、メディアに対して怒って…
  7. 2018-8-19

    【国連人種差別撤廃委】有田芳生「日本政府が表現の自由を理由にヘイト規制強化に否定的なのは時代遅れだ」と批判…対日審査会合

    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1…
  8. 2018-8-19

    「年内に南北の鉄道と道路の連結着工が目標という文大統領の発言が米国政府を怒らせる」と米国の専門家らが指摘

    【中央日報】 米専門家ら「文大統領の”南北の鉄道・道路連結”発言、米国を怒らせるだろう」 1: 荒…
  9. 2018-8-19

    石破氏「自らが総理大臣であれば、加計理事長の国会招致に応じる」⇐「お前だったら獣医師会の方だろ!」

    引用元⇒https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewspl…
  10. 2018-8-19

    立憲民主党・枝野幸男、くすぶる“献金問題” 革マル派という過激派集団に関わる指摘だけに、説明責任は不可避

    【政界マル秘紳士録】枝野幸男・立憲民主党代表 来夏参院選「野党連携」へ求められる手腕 くすぶる“献金…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。