またも公職選挙法違反?今度は木内孝胤氏

またも希望の党公認から公職選挙法違反者が!
今度は木内孝胤氏である。
希望の党の公認立候補者はどうなっているんでしょうか?
この木内氏とはどんな人物で評価はどんなものかを調べてみました。

木内孝胤(きうち たかたね)
51才 衆議院議員
昭和41年8月30日生まれ 東京都出身
成蹊中学・高校卒業
慶應義塾大学経済学部卒業
東京三菱銀行
メリルリンチ日本証券
平成21年衆議院議員当選

これが問題のTwitterの記事であります

 公示日以前に本人の名前が入ったタスキをしていますからこれはアウトですね。

公職選挙法では、実名の入ったタスキを使えるのは公示日以降。

氏名や氏名が類推される事項を表示した「たすき」を着用し、街頭演説等に立つことは文書図画の掲示となり行うことはできません。氏名を表示した「たすき」は、選挙運動期間において公職の候補者に限り使用することができるものであることから、事前運動の禁止に抵触する恐れもあります。

本文を読む

個人の政治活動用ポスター類も選挙前は違法になります。
(公選法第143条第16・19項/解散時は解散の翌日から貼ることができません)
本文を読む

平常時の政治活動の一環として、公職の候補者(現職も含む)等及び後援団体が道路や駅前などにおいて街頭演説等を行う場合がありますが、この場合、公職の候補者などの氏名や氏名が類推できる事項若しくは当該後援団体の名称を表示した、のぼり旗、プラカード、たすき、腕章等及び裏打ちされた政治活動用ポスターを使用することは罰則(公選法243条)をもって禁止されています。

公職選挙法

木内孝胤氏の評価はどうなんでしょう

Twitterのコメント

 

公職選挙法違反の自覚がない愚か者なのか?

予想よりも結構皆さんの意見が酷評でした。
上記コメントで一番呆れたのは、公示前の名入りタスキを選挙違反と指摘されたところ木内氏は「本人タスキ忘れただけで大袈裟な」などと返信していました。
私も違反は違反だと思うんで素直に受け入れるべきだと思うんですがまさかの開き直りですね。
ただでさえ渡り鳥議員とかの酷評をされているんですからせめて姿勢だけは謙虚にしてはどうかと思います。
どちらにしてもこれは公職選挙法違反にあたるのでしかるべきペナルティーを科せられなければならないならないと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!