Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

《海外ニュース》グアテマラ火山噴火、今日の時点で死者99人に拡大

中米・グアテマラで起きた火山の大規模噴火で、死者は、さらに増えて99人となった。

現地では重傷者の治療も課題となっていて、重いヤケドをした子供らのアメリカの病院への搬送が始まった。

グアテマラ・フエゴ山で起きた噴火では大量の火山灰などによって捜索活動が難航している。6日は、これまであまり進んでいなかった山の南側でも捜索が行われた。地元当局によると、夕方までに確認された死者は99人となり、いまだにおよそ200人が行方不明となっている。

一方、現地では医療設備が不十分なため、重傷者の治療も課題となっている。こうした中、重いヤケドをした子供6人についてはアメリカの病院で専門的な治療を受けるため、米軍機でグアテマラを出発した。日テレNEWS24

 

【関連記事】

2000人以上が避難も

時事通信によると「山の南側にある農場には溶岩が流れ込み、25人が死亡したことを災害当局者が明らかにしている。」とのこと。

また、「フエゴ山の噴火は主要なもので今年2回目。観光地として有名なアンティグアなど近くにある複数の都市などでは2000人以上が避難を余儀なくされ、火山灰を浴びた人々が当局の指示で避難所に移動する姿も見られた。グアテマラ市の国際空港は閉鎖された。」とも報じられており、観光客などへの影響も拡大しているようです。

なお、フエゴ山はスペイン語で「火」を意味する「Fuego」と名付けられているように、頻繁に噴火をしている活発な火山。標高は3763mと日本の富士山とほぼ同じです。ウェザーニュース

日本にいる私たちも他人事ではありません。

自然の猛威には、しっかりとした対策が今後必要になっていきます。

Twitterフォローもお願いします

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧