Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

なぜ共産党に内部資料が易々と行き渡るのか?メディアはこのことにも言及すべきではないだろうか。

内部文書がなぜ共産党ばかりに流出するのか。ニュース番組としてはこの部分にもっと言及すべきことではないでしょうか?
資料が流出するという事は告発者がいるはずであります。
NHKが事の真偽を確認して報道するのは構いませんが、どのルートで共産党に資料が渡ったのかを詰めていかないと、ツイッターの投稿にもあるように重要な文書が易々と外部に漏れていることが心配でなりません。
これが国防や外交の重要資料であればどうでしょう?
ただでさえ日本は海外の諜報機関が活動しやすい国と言われています。国家機密が海外に流出する可能性を共産党の資料入手は意味します。
問題の資料は「取り扱い厳重注意」という資料であります。
本来、共産党どころか外部に漏れてはいけない資料であります。
これに対し違和感をもって報道するメディアは残念ながら日本にはありません。

それどころかNHKのように麻生大臣の辞任を促すような報道はさすがにいかがなものかと思います。
野党が麻生大臣の辞任を迫るのは、麻生大臣が安倍政権の中心人物の一人だからであるのは周知のとおりでありますが、ネットでは麻生大臣が頑張ってるおかげで『日韓スワップ』が進まないという声も少なくないのも事実です。
それらの理由で麻生大臣に健在されては色々不都合な人もいるのでしょう。
まさか、天下のNHKがその中に含まれるとは思いたくありませんが。

ツイッターのフォローお願いします

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧