• HOME
  • 記事一覧
  • その他
  • 『大東建託の内幕 〝アパート経営商法〟の闇を追う』という著書がネット上で波紋を広げている。

『大東建託の内幕 〝アパート経営商法〟の闇を追う』という著書がネット上で波紋を広げている。

今回は誰もが知っているであろう企業『大東建託』について書いていきたいと思います。

このようなツイートを見つけました。

噂には聞いてましたが、そこまでとは…

不動産業界ではハイパーブッラク企業と有名らしいです。

大東建託 – Wikipedia

電通、アリさんマークの引越社、NHK、ヤマト運輸など、「ブラック企業」のそしりを受ける大企業が後を絶たないが、ここにきてまた誰もが名を知る有名企業が、その一群に新たに加わってしまうかもしれない。

 「いい部屋ネットで探そう」でおなじみ、賃貸住宅最大手「大東建託」である。http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1802/20/news040.html

 

大東建託赤羽支店の大卒新入社員が昨年11月に自殺をしたと報道しました。

この自殺は上司から連日、叱責を受けていたことで長時間労働による過労とパワハラが原因である可能性があるという。

事実であれば、電通の女性社員が長時間労働と叱責で「過労自殺」をした構造と丸かぶりだ。

国会で「働き方改革」の論戦が行れているなか、「悲劇から学ばぬ企業」と集中砲火を浴びかねないスキャンダルといえます。

 

ツイッターのフォローお願いします

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧