• HOME
  • 政治ニュース , 野党
  • 大爆笑!枝野代表「菅首相は一日も早く政権を渡せ!こちらには準備がある!」→ 立憲民主党議員「枝野代表の発言は立憲主義ではない!」「枝野内閣の顔ぶれがわからない!」と身内からツッコミ!!

大爆笑!枝野代表「菅首相は一日も早く政権を渡せ!こちらには準備がある!」→ 立憲民主党議員「枝野代表の発言は立憲主義ではない!」「枝野内閣の顔ぶれがわからない!」と身内からツッコミ!!

立憲民主党の枝野代表がまたもや珍説を主張したが、今度は身内である立憲民主党議員からすら批判されている。

枝野代表は「菅首相は一日も早く政権を渡せ!こちらには準備がある!」などと民主主義を無視した“クーデター”まがいの珍説を主張したのだが、これに対し立憲民主党議員「枝野代表の発言は立憲主義ではない」と批判しているのだ。しかも立憲民主党の支持率は消費税以下だ。国民がそもそも誰も望んでいないことは明白なのだが。

大爆笑!枝野代表「菅首相は一日も早く政権を渡せ!こちらには準備がある!」と大珍説!!

産経新聞は4月28日、枝野代表の珍説に対し、身内からも手痛い批判が起きていると紹介した。

3月下旬の感染拡大以降、枝野氏の政権批判は以前にも増して苛烈だ。退陣を繰り返し求め、今月18日には広島県呉市で記者団に「やる気がないならば一日も早く政権を渡していただきたい。こちらには準備がある」と述べた。

2日の記者会見では「私の下の内閣で当面の危機管理と選挙管理を行わせていただくべきだ」と主張。

衆院選を実施せずに現行の衆院勢力のまま、立民を少数与党とする枝野内閣を選挙管理内閣(次期衆院選までの暫定内閣)として発足させ、コロナ対応に当たる-という持論を打ち上げた。

引用元 立民・枝野氏、コロナ禍の「政権禅譲」を主張 非現実的で戸惑いの声も

あまりにも無茶苦茶だ。

仮に菅総理が辞任すべきだとしても、後継の総理は第一党である自民党から選ぶべきだ。それが民主主義だ。少なくとも立憲民主党よりはマシだ。

それにもかかわらず、たった24%しか衆議院に占めていない立憲民主党の枝野代表に政権の座を譲れとは“クーデター”まがいの発想でしかない。

だいたい、やる気を問題にするなど、完全にパワハラ上司の発想だ。やる気があれば良いと言う問題ではない。

立憲民主党議員「枝野代表の発言は立憲主義ではない!」「枝野内閣の顔ぶれがわからない!」と身内からツッコミ!!

おまけに、この珍説は身内からも批判されていたのである。

非現実的な禅譲論は苦肉の策とはいえ、党内でも「立憲主義ではない」と戸惑いが漏れた。

引用元 立民・枝野氏、コロナ禍の「政権禅譲」を主張 非現実的で戸惑いの声も

立憲民主党は立憲主義を自称しており、枝野代表はその頭目である。その頭目が立憲主義を掲げる組織の議員から、立憲主義を逸脱していると言われているのである。

これは枝野代表が立憲主義でもなく、その名を冠する政党の代表に相応しくないことを意味している。流石はあの「悪夢の民主党」政権の閣僚を歴任したことはある。

立憲民主党の中堅議員は、枝野代表が準備は出来ていると主張するが、次の内閣すらなく、枝野内閣のイメージがわかないとまで批判する。

立民には、旧民主党が政権交代前に設置した「次の内閣」が存在しない。枝野氏は「政権を取りに行くときと取ったときでは全然違う人材配置をする」と理由を説明するが、中堅議員は「有権者は枝野内閣の(顔ぶれの)イメージがわかない」と指摘した。

引用元 立民・枝野氏、コロナ禍の「政権禅譲」を主張 非現実的で戸惑いの声も

これも大正論だ。政権奪取後の共産党との関係すらよくわからず、政策もよく分からず、枝野政権の官房長官すら想像もつかない。外交通議員が大量に離反したことで、外務大臣や防衛大臣が務まる人材すらいないのではないか???と不安を覚える有様だ。

であるならば、かつてのあの悪夢の民主党のように政権奪取後の内閣の陣容をある程度は示しておくべきだ。その作業すら言い訳をしてサボっているのに、政権を座ったままよこせと言うのは公党として無責任すぎる。

極端な話だが、「枝野総理、蓮舫官房長官、田島麻衣子外務大臣、小西総務大臣、原口防衛大臣」と言う面子と、「枝野総理、長妻官房長官、野田外務大臣、馬淵総務大臣、渡辺防衛大臣」と言う面子では、どちらも論外だが後者の方がまだマシだろう。

それなのに政権構想すら示さないのが枝野体制なのである。確かにメンツを示せば、悪夢の民主党政権の再来だと叩かれるからではあろうが…

立憲民主党内では枝野体制への不満が高まっているとの噂もあり、今回の産経報道はそれを証明するものである。これでは枝野体制に不満が貯まるのも致し方ないだろう。立憲民主党は自浄作用を果たすべきだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!