政治家の演説への嫌がらせはやめよう!

政治家の演説への嫌がらせはやめよう!

政治家の演説現場での直接的な嫌がらせが増えてきているが、最近では与野党問わず演説活動に対する嫌がらせに歯止めがきかなくなってきている。

 

細野豪志の演説会場で嫌がらせ目的の看板を掲げたり、有田よしふの演説にブーイングを飛ばしたりと多くの演説妨害が行われてきた。

演説している人物が自民党でも共産党でも、政治家の演説に対し嫌がらせや妨害は行ってはいけないし、断じて許してはいけない。

今回の選挙でも安倍総理の演説にプラカード持ち騒ぐ集団が現れている。

写真は国分寺駅での安倍総理の街頭演説を妨害するプラカード部隊。

こちらは新百合ヶ丘の街頭演説で安倍総理の追っかけをしている木村夏樹の発信。平日の昼間からプラカード持って総理の演説を追いかけられるなんてよほど暇なんですね。政治への嫌悪感が高まるネガティブな活動は抑制してほしいものです。

ネットではこうしたプラカード部隊に苦言が広がっている。

プラカード掲げて騒ぐことで、周りの人たちの演説を視る聴くを妨害し、知る権利を奪っていることに気づかない身勝手な抗議行動だ。

 

政治家の活動は民主主義の根幹です。

民主主義をうたう人々がその根幹である政治活動や選挙活動を妨害するという矛盾に早く気付いてほしい。特に、選挙活動が始まったら、候補者の演説会を騒音を出したり、物理的に妨害する行為は立派な選挙妨害という犯罪です。通報するとすぐに警察に逮捕されます。

演説最中に騒いでうるさい人たちがいた場合は、すぐさま110番をかけましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧