• HOME
  • 政治ニュース , 野党
  • 維新・鈴木宗男議員が、中山副大臣の2分遅刻問題で小西ひろゆき議員のダブスタぶりを厳しく糾弾

維新・鈴木宗男議員が、中山副大臣の2分遅刻問題で小西ひろゆき議員のダブスタぶりを厳しく糾弾




日本維新の会の鈴木宗男氏が25日午前の参院外交防衛委員会で「宗男節」全開で持論を展開した。

委員会冒頭では、自民党の中山泰秀防衛副大臣が20日の同委員会を遅刻し、野党の反発で委員会が取りやめとなったことを、岸信夫防衛相とともに陳謝。続く質疑で立憲民主党の白真勲、小西洋之氏から遅刻問題をさらに追及された。

鈴木氏は「たった2分です。2分でも遅れたことはダメです。1秒でもダメです」。こう述べた上で小西氏を猛批判した。「2015年6月11日、この委員会でトップバッターで、質問に立った小西委員は、3分間も遅れて来ました」と指摘。当時、冒頭で小西氏が謝罪し、委員長から注意を受けた後に委員会は、そのまま開会されたことを挙げ、「2分遅れたからといって委員会を止めるのは、逆に国会軽視」などと問題提起した。さらに「かつては自分も遅れて来て、人のことについては厳しく言うのは公平でない」と小西氏を糾弾した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/abf2dea2c3a468f73b699f8dd48eb4c403e46933







Twitterの反応
すごい(>ω<) こんなにはっきり断罪してくれる方は、今の政治家の中には 少ないです。

色々問題もありますが、やはりダブスタ指摘は、素晴らしいです 

足立議員といい、宗男議員といいいつも気持ち良くバッサリぶった切ってくれる
いろんな経験しただけあるね。
的を突いた意見だね。
やっぱり宗男ちゃん
スカッとしたわ
宗男先生ガチレベルで怒ってる・・・
ネットの反応(引用元
立憲民主党はどれだけ批判してもブーメランとなるのが問題ですね。それを指摘されたらヤジを飛ばし逆ギレ、野党はまず膿を出し切らないと選挙闘えませんね。膿を出し切るとなれば代表幹部は全滅だろうけどな。

メディアも遅刻で批判するなら、過去にはこういう人達が遅刻をしていたとか書くべきです。

まったくそのとおりです、立憲民主党がいかに信頼するに値しない政党か良くわかります、こんな政党を支持している人達が消費税率以下とはいえいることが信じられません。
他人に厳しく、自分たちに甘い、支配者意識が強いのは立憲民主党の特徴。
立憲民主の議員は、感情的にヒステリックに騒ぐだけで建設的な議論を行おうという考えがあるのか疑問。
なお2分間の遅刻で大騒ぎして審議をボイコットした野党筆頭理事の小西は以前に当時外交防衛委員長だった片山さつきが遅刻した際に『謝罪の仕方が悪いやり直せ』と要求した数日後に自身の質問時間に遅刻したのに簡単な謝罪でスルーしようとした前科の持ち主です。
ド正論ですね。 小西議員は過去の行動や言動は棚に上げてとかく人を批判する。 蓮舫氏と合わせて、まさにザ・立憲民主党という感じです。







この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!