Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

フランス西部ナント(Nantes)で警官が若者射殺。抗議の暴動・3夜連続

フランス西部ナント(Nantes)で、若い男性が警官に射殺される事件が大規模な暴動に発展している。3夜目を迎えた6日未明も、建物や車両への放火が相次いだ。フランスでは移民の多い都市近郊の貧困地区で警察の暴力に対する住民の不満がたまっており、各地で緊張が高まる恐れがある。

現地メディアは射殺された男性の名前を「アブバカル・F(Aboubakar F)」さん(22)と報じている。麻薬取引に関する捜査で監視対象となっていて、3日にナント市ブルイユ(Breil)地区を運転中、警察に停止を命じられた。パリ近郊クレテイユ(Creteil)の強盗事件など複数の事件でも捜査対象となっていたという。

ナント市警と検察当局によると、男性は身分証明書を携帯しておらず、偽名を告げた。このため警察が逮捕しようとしたところ、男性は急に車を反転し逃走を試みたという。警察関係者は、男性が現場にいた警官の一人に向かって車で突っ込もうとしたので別の警官が発砲したと説明した。

しかし、目撃者の一人によれば男性の首に銃弾1発が当たった際、車は停止していたという。

ナントでは市内の複数の貧困地区で、怒った若者たちが警官隊と衝突。放火された車両や割られた建物の窓ガラスが路上に散乱している。5日未明には、図書館や保育所、薬局など複数の建物や車40台以上が放火されたほか、約1000人が「アブ(男性の名)のために正義を」と叫びながら抗議デモを行い、男性が死亡した状況について真実が解明されるよう要求した。

また、当局によると、6日未明にはナント市長の自家用車を含む車両52台が燃やされ、バーやショッピングセンターなど建物8棟が放火や略奪の被害を受けた。高校やガソリンスタンドへの放火未遂もあったが、けが人は出ていない。

一連の暴動による逮捕者は十数人に上っている。死亡した男性が育ったパリ郊外ガルジュレゴネス(Garges-les-Gonesse)でも、若者らが警官隊に火炎瓶を投げたりごみ収集所に放火したりし、1人が逮捕された。

男性を射殺した警官は身柄を拘束され、事情聴取を受けている。エドゥアール・フィリップ(Edouard Philippe)首相はナントを訪れ、暴動を非難するとともに、男性の死について「最大限の透明性」を確保すると約束した。http://www.afpbb.com/articles/-/3181442?pid=20320266

今のメディアは報道に偏りが有りすぎる。

こういったニュースもきちんと報道するべきだと思います。

 

記事を気に入ってもらえたらTwitterフォローお願いします!

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。