Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

放送作家・小説家の百田尚樹が語る。これも民主党政権の負の遺産ではないか?

政権批判に徹している野党議員だが民主党政権時代の負の遺産はまだあったようだ。

百田尚樹(ひゃくたなおき)プロフィール

誕生

1956年2月23日(62歳)

日本の旗 日本 大阪府大阪市東淀川区

職業

放送作家・小説家

国籍

日本の旗 日本

活動期間

1970年代後半 – (放送作家として)

2006年 – (小説家として)

代表作

『永遠の0』(2006年)

『海賊とよばれた男』(2013年)

『カエルの楽園』(2016年)

主な受賞歴

第10回本屋大賞(2013年)

デビュー作

『永遠の0』(2006年)


・民主党政権の負の遺産の一部

民主党政権負の遺産 太陽光発電“終焉”に悲鳴続出 2014.10.06

再生可能エネルギーの中核である“太陽光発電バブル”が無残にも破裂した。先陣を切ったのは九州電力。太陽光発電の導入が急速に進んだ結果、自社の送電設備の容量がパンクしかねないとして9月24日、事業者による電気の新規受け入れを管内全域で中断。翌25日には東北電力の海輪誠社長が定例会見の場で、買い取りが急増し電力の需給バランスが崩れていることを理由に「中断を含め対応を検討する」と表明。実際、10月1日から中断に踏み切った。これに刺激されたように四国電力、さらに北海道電力も10月1日から管内全域で中断するなど、まるでせきを切ったかのように電力各社の買い取り中断が相次いでいる。一連の動きのさなか、小渕優子経済産業相は9月26日、閣議後の会見で「再生エネルギーの最大限の導入に向け何ができるか、あらゆる角度から検証する」と強調した。所管大臣でさえ、電力各社の“非常事態ラッシュ”に目を向けざるを得なかったようだ。https://npn.co.jp/article/detail/04042136/

 

原発ゼロ前倒しへ法案=蓮舫代表、衆院選共闘触れず-民進党大会 2017.03.12

民進党は12日午後、昨年3月の結党後初めてとなる定期党大会を東京都内のホテルで開いた。蓮舫代表はあいさつで、エネルギー政策について、次期衆院選に向けて「2030年代」とした原発稼働ゼロの目標を前倒しした法案を策定する意向を表明。政権交代への決意を強調する一方、共産党などとの野党共闘には触れなかった。蓮舫氏は「原発依存からの脱却が前倒しで実現可能となるよう、来る総選挙に向けて原発ゼロ基本法案を作成する」と述べた。当初、発表を目指していた「30年」の目標年次は明言しなかった。時事通信

 

「首相官邸に80人位ちょっと左翼的なメンバーが入っている。酷いのになると、前科一犯の奴が入っていた」飯島勲内閣官房参与は民主党政権が官邸に残した「官邸の惨状「負の遺産」明かすhttps://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/37422005.html


民主党政権での失敗を今の野党議員はどう考えているのか?

自身の失態なんてきっとお構いなしなんでしょう。

 

記事を気に入ってもらえたらTwitterフォローお願いします!

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧