Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「自衛隊と離れるのさみしい」倉敷・真備での活動終了し撤収~

西日本豪雨で甚大な被害を受けた岡山県倉敷市真備町地区の被災地支援で派遣されていた陸上自衛隊が11日、全ての活動を終了。

12日、現地や市役所で市民や市職員らに見送られ撤収した。

11日まで仮設風呂を設けていた真備ふるさと歴史館(同町岡田)には、避難所になっている近くの岡田小学校や地元から多くの住民が駆け付けた。

避難者らのメッセージが寄せられた色紙を贈り、「ありがとうございました」などと記した横断幕を掲げ、手を振って見送った。アノニマスポスト ネット

陸上自衛隊は、岡山県の災害派遣要請を受けて7月6日から活動。

37日間、日本原(同県奈義町)や千僧(兵庫県伊丹市)など各地の駐屯地から延べ2万891人が派遣され、

人命救助や捜索、ごみ撤去、入浴といった災害支援を展開した。


メディアではこういったものは取り上げられない。

自衛隊の活動などもっと取り上げられるべき。

 

記事を気に入ってもらえたらTwitterフォローお願いします!

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。