Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
  • HOME
  • 記事一覧
  • 政治ニュース
  • 【国連人種差別撤廃委の慰安婦問題勧告】佐藤正久氏「このような勧告、受け入れることはできない」政府は遺憾の意を申入れ

【国連人種差別撤廃委の慰安婦問題勧告】佐藤正久氏「このような勧告、受け入れることはできない」政府は遺憾の意を申入れ

政府、国連に「遺憾」 人種差別撤廃委の慰安婦問題勧告で

日本政府は30日、国連の人種差別撤廃委員会が同日発表した日本に対する報告書で慰安婦問題の「恒久的な解決」を勧告したことに対し、国連人権高等弁務官事務所に「遺憾の意」を申し入れた。
https://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/180831/plt18083100280005-n1.html

国連委、慰安婦問題で4年ぶり対日勧告 日本主張受け入れず「元慰安婦への適切な相談なし」

国連の人種差別撤廃委員会は30日、日本に対する報告書を発表し、慰安婦問題をめぐって日本政府に「被害者中心のアプローチによる恒久的な解決」を勧告した。2015年の日韓合意で「最終的かつ不可逆的解決」を確認したという日本政府の主張は受入れなかった。

 報告書は日本政府に対し、「恒久的な解決」には、韓国だけでなく「すべての国籍」の慰安婦も含め、日本が女性に対する人権侵害の責任を受入れるよう勧告した。元慰安婦や家族への適切な措置を含め、解決策を今後、同委員会に報告することも求めた。

 報告書はまた、日韓合意をめぐる日本の説明に「留意する」としたうえで、日本の対応は「元慰安婦への適切な相談がなく、軍による人権侵害への明確な責任提示をしていないという報告がある」と懸念を表明した。

 同委員会はジュネーブで開かれ、対日勧告は14年以来、4年ぶり。今回の勧告は、8月16、17日の同委員会による対日審査を踏まえて行われた。日本側はこの審査会合で、日韓合意について「両国が、多大な外交努力の末に合意に至った。この問題を次の世代に引きずらせないことが重要だ」と意義を主張。国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長(当時)も、この合意を歓迎したことを説明したが、委員から「政府間合意は問題解決にならない」などの反論が出ていた。

 同委員会は学識者ら18人の委員で構成。勧告に法的拘束力はない。http://www.sankei.com/world/news/180830/wor1808300014-n1.html

一方韓国紙では

国連人種差別撤廃委員会(CERD)が日本政府に、日本軍「慰安婦」問題の解決に向け、完全な被害者中心のアプローチを通じた恒久的な解決策を講じることを勧告した。

 国連人種差別撤廃委員会は30日、このような内容が盛り込まれた日本に対する審査報告書を公開した。委員会ホームページに公開された報告書全文によると、同委員会は慰安婦問題を解決しようとする「日本政府の努力が完全な被害者中心のアプローチを採用していない」として、懸念を示した。また、日本政府が慰安婦問題の最終解決策だと主張する韓日本政府間の12・28の合意については、「生存する慰安婦被害者の意見が十分に反映されておらず、その解決策が第2次世界大戦以前や戦中に軍によって行われた女性に対する人権侵害について、(政府の)明白な責任を認めていない」と指摘した。同委員会はまた、慰安婦問題について、日本政府の責任を最小化しようとする日本の公職者たちの発言にも憂慮を示した。

 同委員会がこれに対する解決策として提示したのは「被害者中心のアプローチ」だった。同委員会は、日本政府が完全な被害者中心のアプローチを通じて、この問題に対する永久的な解決策を保障し、すべての国籍の慰安婦被害者が含まれるようにし、おぞましい人権侵害に対する日本政府の責任を受け入れることを勧告した。

以下略 http://japan.hani.co.kr/arti/international/31504.html


佐藤正久 プロフィール


佐藤 正久(さとう まさひさ、1960年(昭和35年)10月23日 – )は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員(2期)、外務副大臣(第3次安倍第3次改造内閣・第4次安倍内閣)。
参議院外交防衛委員長、防衛大臣政務官(第2次安倍内閣)を歴任。元陸上自衛官(最終階級:1等陸佐)。職種は化学科で第1種放射線取扱主任者の資格を持つ。Wikipediaより


ツイッターフォローお願いします

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧