みんなで考えようニッポンの平和「北朝鮮に対する日本の対応は?」

【みんなで考えようニッポンの平和「北朝鮮に対する日本の対応は?」】 本日 …

https://tr.twipple.jp/p/66/51ab2a.html

【みんなで考えようニッポンの平和「北朝鮮に対する日本の対応は?」】 本日、銀座4丁目交差点で行った街頭アンケート結果はこちらです。(枠と枠の間の赤色シールは、中立のご意見です) ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました! #自民党 #この国を守り抜く pic.twitter.com/KNOsCv7yoC

 

北朝鮮によるミサイル発射を受けて対応を協議
党北朝鮮核実験・ミサイル問題対策本部

平成28年9月6日

https://www.jimin.jp/news/activities/133060.html

北朝鮮によるミサイル発射を受けて対応を協議 党北朝鮮核実験・ミサイル問題対策本部

党北朝鮮核実験・ミサイル問題対策本部は9月6日、同国による昨日のミサイル発射について関係省庁から説明を受け、今後の対応を協議しました。
防衛省によると、昨日午後12時13分頃、同国西岸の黄州(ファンジュ)付近から弾道ミサイル3発を発射。ミサイルはいずれも約1000キロ東北東方向のわが国排他的経済水域(EEZ)内の日本海に落下。ミサイルの種類は「スカッド」または「ノドン」である可能性が高いということです。
外務省は直ちに北京の大使館ルートを通じ、同国に対して厳重に抗議したほか、米国や韓国など関係国と緊密に連携し、国連安保理において適切な対応を求めていくと説明しました。また、安倍晋三総理は中国・杭州で開かれた「20カ国・地域(G20)首脳会議」でミサイル発射に対するわが国の立場を説明、理解を求めました。
二階俊博本部長は「わが国のみならず、北東アジア地域の安全保障に重大な脅威であり、明白な国連決議違反だ。断じて許される行為ではない」と強調。「挑発行為を直ちに止めさせるためにも、わが党として政府を強力にバックアップをしていく」と訴えました。出席議員からは迎撃態勢や国内向け広報の強化、ミサイルの回収・分析などを求める意見が出されました。

北朝鮮情勢 日本政府の今後の対応は?

http://www.news24.jp/articles/2017/05/01/04360314.html

 北朝鮮をめぐる緊張が続く中、日本政府の今後の対応について、日本テレビ・政治部の伊佐治健部長が解説する。

■政府の危機管理は万全なのか?

意識は伝わってくる。アメリカとの防衛協力が進み衛星画像などハイレベルな情報は共有されていて、ちょっとした動きにも政府は水面下で警戒態勢をとっている。ある政府高官は「アメリカはすごい。北朝鮮のミサイル拠点等全部把握している」と強調している。ただ、このところ不安をあおる情報が先走り、先月29日のように地下鉄が自主的に止まってしまうのは政府は過剰反応とみている。

■日本政府は今後の展開をどうみているのか?

北朝鮮、中国の出方などむこう1週間くらいである程度状況がつかめるのではと期待している。そもそも政府は、北朝鮮が今月中の核実験に踏み切る可能性は低いとみてきた。ただ、北朝鮮が核実験を強行した場合のトランプ政権の判断は読み切れていない。ある政権幹部は、もしアメリカによる軍事攻撃が行われたら、北朝鮮に反撃のすきを与えないほどの短期間の極めて徹底した攻撃になるとの見方を示した。

とはいっても日本にミサイルが飛んでくる事態は排除できない。アメリカが武力行使に踏み切るレッドラインははっきりしないが、少なくとも本土を射程におく核搭載ミサイルの完成は絶対に防ぐ考え。しかし、アメリカが現実に攻撃を行った場合の日本が受けるリスクをどう考えるか。国民の命を守るための日本のレッドラインはどこにあるかいざその時、アメリカに伝えるためにもしっかり固めておく必要がある。

【北朝鮮問題】韓国の反応が「鈍い」理由

http://ch.nicovideo.jp/ooguchib/blomaga/ar1327128

最近北朝鮮は次々と核兵器関連技術の開発に成功し、ほぼ完全な形の長距離弾道ミサイルと搭載核の技術を手に入れたのではないかとされているが、その核の脅威に最も晒されているはずの韓国の反応が非常に鈍い。

これには政権が親北系である事や、現在の韓国の主流層のうち30~40代に特に親北系の傾向が強い事なども関係しているが、それ以外に韓国内での派閥争いや内紛が激化してきており、そちらに注意が向いているためという事情もある。

また、韓国の三大紙などは気付き始めているが、国際社会は北朝鮮問題から韓国を外す「コリア・パッシング」の傾向が強くなってきており、文政権の外交ミスもあり問題に関われないため関心も低いという背景もある。

「日本が我慢し続けるとは信じ難い」北朝鮮がミサイル発射、周辺国の対応にトランプ氏が苦言

 http://www.huffingtonpost.jp/2017/07/04/trump_n_17381588.html

北朝鮮は7月4日午前、弾頭ミサイルを発射した。日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したとみられ、これを受けてトランプ大統領はすぐさま、Twitterで日本や中国などの近隣諸国の対応について言及した。

トランプ氏は、北朝鮮によるミサイル発射の報道があった約1時間後にTwitterを更新。「北朝鮮が先ほど、またミサイルを発射した。彼(金正恩氏)は、他にもっと人生を費やすべき重要なことはないのか」と呆れ返った

北朝鮮に対する日本独自制裁の対象を追加(17/08/25)

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧