酒気帯び運転をしてひき逃げし2人に軽傷を負わせたとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反の罪で起訴された元「モーニング娘。」のタレント・吉澤ひとみ被告(33)の保釈が27日に認められた。

26日午前、東京地検が起訴。弁護人が同日、東京地裁に保釈を請求していた。関係者によると、保釈保証金300万円は15年に結婚したIT企業経営の夫が負担する。

起訴状などによると、東京都中野区で6日朝、酒気帯びの状態で乗用車を運転し、赤信号を無視して交差点に進入。自転車で横断していた20代女性をはねてケガを負わせたほか、女性が接触した40代男性にもケガをさせて走り去ったとしている。地検は認否を明らかにしていない。また26日には吉澤被告が事故直前に法定速度を26キロ上回る時速86キロで走行していたことが、捜査関係者への取材で新たに分かった。

保釈後について、関係者は「心身に疲れがみられ、病院で診察を受ける見込み」と説明。本人の今後の身の振り方については事務所が、体調を考慮しながら本人と検討していくとみられる。スポニチ