Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

及川某というジャーナリストがデマで安倍首相を批判

及川健二氏というジャーナリストが、すでにデマ認定された安倍首相の火炎瓶の件で騒いでいる。「安倍首相と暴力団の癒着疑惑、「#ケチって火炎瓶」事件が国会で追及される!?)」という記事を、アメリカ滞在中に女性暴行の罪で2度逮捕されている犯罪者(現在逃亡中)、菅野完が定期連載しているあのハーバービジネスオンラインに寄稿したのである。
論外である。

すでに判決が出ている。被告人の証言など証拠にならない。

この件に関しては既に判決も出ていて、安倍首相が関与していないことも明らかになっている。この及川は、判決文の被告人(2003年逮捕)の証言が決定的証拠として取り上げているが、実はこの被告人の証言に対して裁判所は、以下のように認定をしている。
“被告人Bの供述は、(中略)その細部を子細に検討するまでもなく、信用性が認められない”
裁判所が信用できないと認定している逮捕者の証言が、証拠になるはずもない。ジャーナリスト以前に、人間として問題があると言わざるをえない。
(ソース:https://www.jijitsu.net/entry/abe-kaenbin-senkyobougai

立憲民主党福山幹事長すら相手にしない「デマ」

※動画17分50秒あたりをご覧ください

及川氏はこの件に関して立憲民主党として追及するか尋ねると「詳らかではないので、先程言われた公判判決の、それ以上でもそれ以下でもないものだと思います」と長々とした質問に対しまるで相手にしていないような反応を見せた。

また、枝野代表にも同じ質問をしていて、「ご指摘の中には判決文など確定されている事実などもありますが、現時点で政治的な問題としてコメントするだけの知見を持っていない」とあしらわれていた。

及川健二氏とはどんな人物か?


及川 健二
生誕 1980年(37–38歳)東京都
国籍 日本 職業 ジャーナリスト、写真家
及川 健二(おいかわ けんじ、Henri Kenji OIKAWA、1980年 – )は、日本のジャーナリスト。日仏共同テレビ局フランス10の局長・編集長。
写真家の今枝弘一の下で写真を学ぶ。早稲田大学社会科学研究科政策科学論修士課程国際経営論修了。2004年7月から2006年3月までフランスに滞在[1]、数多くの取材を行う。2004年リール政治学院(フランス語版)・夏期特別セミナー修了(European Summer University Program at Institut d’Etudes Politiques de Lille)。フランス国立パリ第九大学(フランス語版)・Dauphine修士課程に2004-05年に在学。日本・フランスで活動する。<及川健二Wikipediaより

・Twitterアイコンに他人の顔を盗用


一般人がツイッターのアイコンを本人と違うものにすることはよくありますが、一応ジャーナリストを名乗っていて著名人にあたるのでアイコンを変えるのはいかがなものかと思う。しかも社名も載せているのならなおのことである。

・杉田水脈議員叩きで自殺助長、アンケート逃亡、子供のない家庭を罵倒

参考:日仏共同テレビ局France10及川健二氏、「杉田水脈議員は辞職すべきか?」アンケートで思い通りの結果にならず、捨て台詞で杉田氏の顔をけなす

アンケート結果が思うような結果にならず、捨て台詞を残し、アンケートを削除したのであった。
また、以下のように、不妊症の方を揶揄するような発言をした上に、同じく削除・逃亡している。
人権感覚がないだけでなく、ジャーナリストとして自らの発言に責任すら持てないなのだろうか…

・昭恵夫人に関するデマ

安倍昭恵さんは中国の工作員(SPY)とも昵懇の仲になってしまったほどに警戒心のない天然女性だ。
私と共通の知人のHIV感染者で同性愛者の男性が入院したときはお見舞いに行ったほどの心優しき方だがうさんくさい方とも平気でお付き合いする
それが籠池・森友問題で明らかになった〔21:49 – 2017年3月31日 〕—―
「安倍昭恵さんは中国の工作員(SPY)とも昵懇の仲になってしまった」
というのは、
どういう事実をもとにしたコメントなのだろう。
(ⅰ)中国の工作員(SPY)
(ⅱ)昵懇の仲
という二つの点につき事実関係が不明なまま、
「警戒心のない天然女性」
と言われても、
デマに等しい情報だ https://blog.goo.ne.jp/nrn54484/e/76a7aaea07f8a2cadb63c7a00872de4d

何を根拠にこのようなコメントをしたのかわからないが、これでよくジャーナリストの看板を掲げているものである。

・伊藤詩織の盗聴器デマにひっかかる


これまたジャーナリストとして失格と言わざるを得ない。自らの足で集めた検証ならまだしも、ネットのネタを鵜呑みにしているのでは話にならない。

こうやってみるとジャーナリストといいながらも、ネタ元はネットやSNSにて仕入れたものが多いようである。そのスタイルも極めて偏向的でまともに見れるようなものではない。誤報ばかりである。これで局長と編集長が務まるなと思い調べてみたら、3人しか職員がいないようである。しかもテレビ局と称しているのに、ブログ記事と短いyoutube動画しかない。会社名は自由だが、これでは嘘八百ではないだろうか。日仏共同テレビ局フランス10企業概要 – France10

あの立憲民主党の枝野代表や福山幹事長すら相手にしない「火炎瓶デマ」を騒ぎ立てるのは、このような人物なのである。数々のデマで有名な人物が唱えるデマに真面目に付き合う理由は一つもない。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。