Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

北朝鮮拉致】トランプ氏、拉致被害者家族と面会へ 11月の来日時

北朝鮮拉致】トランプ氏、拉致被害者家族と面会へ 11月の来日時

日米両政府が、11月上旬に予定されているトランプ米大統領の来日の際に横田めぐみさん(53)=拉致当時(13)=の母、早紀江さん(81)ら拉致被害者家族と面会する方向で調整に入ったことが12日、分かった。複数の日米関係筋が明らかにした。拉致被害者家族との面会は、安倍晋三首相が9月21日に米ニューヨークでトランプ氏と会談した際に要請。トランプ氏は「分かった。会うよ。(拉致問題は)本当にひどい話だ。救出するために私も全力を尽くす」と答えたという。面会では拉致被害者家族会代表で田口八重子さん(62)=同(22)=の兄、飯塚繁雄さん(79)らも同席する見通しだ。トランプ氏は9月19日に国連総会の一般討論演説で、めぐみさんを念頭に北朝鮮に拉致された「13歳の少女」に言及した。早紀江さんはトランプ氏の発言を「非常に大きいと感じている」と高く評価していた。米大統領はこれまでも、平成18年4月にジョージ・W・ブッシュ元大統領がワシントンで早紀江さんと面会したほか、オバマ前大統領も26年4月に来日した際に拉致被害者家族と会っている。横田めぐみさん(53)=拉致当時(13)=の母、早紀江さん(81)は「拉致問題についてお話できる機会があれば、大変有り難い」と話した。早紀江さんは「国連総会で拉致問題を話されたときも驚いたが、実際にどうなるかはまだ、分からない」と前置きした上で、「めぐみを含め、日本には多くの拉致被害者がいる。また、北朝鮮が国内外で過酷な人権侵害を行っている現実もある。そのことをお伝えできればと思う」と話した。
http://www.sankei.com/politics/news/171012/plt1710120041-n1.html

米大統領、横田夫妻らと面会調整=11月の来日時

安倍晋三首相は12日、トランプ米大統領が11月上旬に来日した際に、北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの両親ら拉致被害者家族と面会する方向で調整していることを明らかにした。拉致問題の解決に向け、日米両国が緊密に連携して対処する姿勢を明確にし、北朝鮮に圧力をかける狙いだ。
首相は新潟県新発田市での演説で、9月の米ニューヨークでの日米首脳会談の席上、「大統領が日本を訪問した際に、横田めぐみさんの両親ら拉致被害者家族に会う時間を取ってほしい」と伝えたと説明。大統領は「会う」と応じ、「本当にひどい話だ。拉致被害者を救出するために全力を尽くす」と答えたという。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017101200585&g=use

トランプ大統領11月訪日 拉致被害者家族と面会検討

アメリカのトランプ大統領が11月に日本や中国など、アジア各国を歴訪することが正式に発表されました。日本訪問の際に、拉致被害者家族との面会を検討していることがANNの取材で分かりました。

ホワイトハウスは、トランプ大統領が11月3日から日本、韓国、中国とAPEC(アジア太平洋経済協力会議)などの国際会議が開かれるベトナムとフィリピンを訪問すると発表しました。日米関係筋によりますと、トランプ大統領の来日の際に拉致被害者家族との面会を検討していて、拉致対策本部の幹部がワシントンを訪問するなど、調整に入ったということです。トランプ大統領は先週の国連での演説で、北朝鮮に拉致された横田めぐみさんについて言及していました。拉致被害者家族はこれまで、オバマ前大統領やブッシュ元大統領と面会しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000111192.html?r=rss2&n=20171001064809

日米同盟が深まって両国の関係がより強固である表れであってほしいです。
これが拉致問題解決に向けての大いなる前進であるように願います。
日本もいち早い解決に向けて北朝鮮への断固とした抗議と政治的圧力、そして諸国との連携解決するものならばフルに活用して欲しいものです。
中には安倍首相とトランプ大統領の政治的アピールと揶揄するものもSNSで見かけますが、被害者側の立場に立てばこれを機に北朝鮮への圧力を強固にしてほしいと願うばかりです。
ここは素直に安倍首相の外交の成果だと評価したいと思います。

 

上記のTwitterコメントが現状のすべてではないでしょうか?
いたずらに批判する人は被害者の心情を察しているのでしょうか?
藁にもすがりたい被害者の気持ちを察すれば私もこのお二人の意見と同じです。

Twitterでの反応

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。