【社会党からの歴史に幕か】社民、立民への吸収合併容認 又市氏「党名こだわらず」ー野党合流

 社民党の又市征治党首は6日、立憲民主党が提案した政党合流に応じる場合、同党への吸収合併を容認する考えを示した。東京都内で記者団に「対等平等だと主張して党名も変えろという話になるのか。党名にこだわる必要はない」と述べた。

合流に関し「理念や政策、組織論や運動論をお互いに許容できるかどうかだ」と指摘。昨年の参院選での選挙協力などに触れ「政策合意して立民を応援している。理念や政策が違うという(党内の)誤解を解きほぐさなければならない」と述べ、今月29日の全国幹事長会議に向けて意見集約を図る考えを強調した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-00000111-kyodonews-pol

ネットの反応

・社民党って,まだあったのか。
一時は,共産党よりも左と言われていた政党。
55年体制の一翼というか,自民党に対する牽制の役割を果たす野党としてだけ存在意義があった。
自民党が下野して,村山内閣で与党になった途端,現実的な舵取りが必要になり,それが上手くできず,存在意義を失った。
もう役割は終えている。

・社会党から続く社民党の歴史もこれで終わりということでしょうか。
労組が弱体化していくのと同時に党も倒れていきましたね。

・社会党時代が懐かしいと思う。
国民のことを考えずに自らの地位保全だけを考えている政治屋の集まった政党の末路。

・党名にこだわるも何もないだろう。
もはや、社民党独力で何かができる程の勢力もない、とうの昔に役割を終えてるだろう。

・社民党の場合、現有勢力的に党名にこだわれる立場でもないしね

・連合大分の会元長は、パワハラだらけで、自民党は敵だと言ってました。
中国が好きで、反日運動が好きなようでした。吉田ただともを応援してました。
連合は、労働者の味方と言ってますが、労組が大きいところにはペコペコしてて、小さいところは威張ってました。労組がないところや非正規には、非人道的な破壊主義者でした。

今の安倍政権には疑問だらけですが、こんな組織が元の政治はもっと信頼できません。
吸収合併されるなら、皆さん高齢だし、辞めて頂ければいい。

・党名は大切だ。
党名に拘らないのでは無く、拘れない事なんだろう
実質死に体です。

・社民党又市、党名こだわらず?!このままなら自然消滅だから当然と言えば当然か。この人達いままで何にもやってないんだから!無責任党にでも党名変えたら面白いかも!?

・今の今までよく存続してたと思う。
しょせんは政党運営が出来なくなった末の身売りのようなもんだ。これからは政党からお金もらって反日活動も活発化かな?

・あの社会党がついに消滅か。
浅沼委員長、江田書記長の頃が花だったのかもしれない。
自民党と連立政権を組んだのが決定的に良くなかった。
その後は土井委員長で一時期盛り返したりもしたが、女性党首を意識しすぎて、肝心の政党としての政策が見えなくなってしまっていた。
時代の流れというしかない。

・かほどに重要なことを根回しも全くせずにトップが先走って広言し、その発言を巡って混乱に陥るってことが、リベラル側の政党では良く起きるよね。目下の立民と国民の吸収か対等かをめぐる悶着だってそれが原因だよね。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧