法務省、ゴーン被告逃亡受け保釈制度見直しへ GPS義務付けも検討 ネット「プライベートジェットに対しても厳しい手荷物検査を」

 日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告がレバノンに無断出国した事件を受け、法務省は再発防止に向けて保釈制度を見直す検討に入った。

今回のようなケースでは、高額の保釈保証金も国外逃亡の歯止めにはならないことが明確になったためで、被告に対して全地球測位システム(GPS)を搭載した機器の装着を義務付ける案も検討対象となる。

森雅子法相は6日の記者会見で、GPSの活用について、「そういったことも議題の一つに入れながら、さまざまな観点から検討を進めていきたい」と表明した。被告の逃走事件は国内でも昨年、神奈川県や大阪府内で相次いで発生。法相は同年11月の参院法務委員会で「保釈や収容に関する制度の見直しを検討したい」と答弁しており、こうした作業を加速させる。

簡単に取り外せないGPS機器を身体に取り付け、行動を監視する手法は米国などで導入されている。逃亡防止に一定の成果を上げているが、日本で行われた例はないとみられる。

法務省は今後、導入した場合の監視主体や具体的な方法、被告のプライバシー保護の在り方などについて議論。必要なら、保釈を規定している刑事訴訟法の改正も視野に入れる。

入国審査に比べて「緩い」との指摘がある出国審査の厳格化も課題だ。法相は会見で、出入国在留管理庁に対し出国の際の審査強化を指示したと説明、「(ゴーン被告と)同様のことができない状態にしている」と強調した。

ただ、ゴーン被告の出国ルートやX線検査の有無などについては「捜査中であるため回答を控える」と述べるにとどめ、手続き厳格化の具体的な内容についても明言を避けた。

ゴーン被告は8日にレバノンのベイルートで記者会見する。日本の刑事司法制度に対する批判を展開する可能性もあるが、法相は「日本の司法制度に関する指摘と不正に出国したことは別問題」と指摘。「逃走を正当化する理由にはならない」とゴーン被告を批判した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200107-00000012-jij-pol

ネットの反応

・例の逃亡の件は、保釈制度に問題があったのではなく、プライベートジェットでエックス線検査をしない運用がおかしかっただけだと思う。

・GPSの取り付けを悪用されないようにしてもらいたい。過信するととんでもないことになるからね。今回の逃亡はあくまでもプライベートジェットでエックス線検査をしなかったことが本質的な問題。

・警察は殺人事件でないと本腰を入れない、法務省は逃亡されたら制度を見直す、要するに「やった者勝ち」が本音の制度だ。

・今回の件で、プライベートジェット機を使えば、武器、麻薬、覚醒剤、金塊、多額の現金、そして犯罪者やテロリストなどの入出国が簡単に行うことができるということが分かった。

・プライベートジェットで検査がユルい、なんて、ほとんど知らない人達ばかりでしょ?

他にもあるよ。ユルい脱出ルートは。

そんなことより、保釈しなきゃいいのよ。
あるいは24時間監視下におけばいいのよ。

変な人権を持ち出すからこうなる。

・性善説を唱えているのは日本だけだよ。

「まさか逃げるはずがない」って思いが一番問題。

GPSとかプライベートジェットとかも問題だけど、最悪を考えず想定で対策してるから抜け道がたくさんある。

・最近逃亡の事案がよくあるのでいい対応と思う。
いったん逃亡すると税金やら費用がかかってくるからね。
逃亡を手助けたりして犯罪を助長するする可能性もある。
GPSは簡単にはずせないような腕輪とか足輪にすればいいのではないでしょうか。

・身体にGSPを埋め込んで簡単に外せない様にし逃亡をさせないようにしてください。

上級国民はパスポート複数持つことが出来簡単に逃亡可能なのはおかしい気がします。

・起きてしまったことに対しての反省は必要かと。
保釈の是非以前の問題、容疑者の逃亡なぞ百害あって一利なしです。

・GPS機器を着けたとしても外されれば意味がなくお風呂に入る時や故障も考えられます。

国内に留まっておれば警察の力で確保することも可能ですが海外逃亡は港湾や空港等の入出国管理強化が最善でしょう。

その意味でプライベート航空機による出国管理、即ちチエックが行われず形骸化していたということの方が大問題です。

勿論、裁判所は逃亡の虞があれば保釈しないというのが大前提であるということは間違いありません。

・なぜX線検査をやらなかったのか。

想定外では済まされない。

これでは麻薬の密輸を認めているのと同じだ。

プライベートジェットに対しても厳しい手荷物検査を行うべきである。

・諸外国では10年以上前から電子刑務所などGPSを使った監視を行ってたのに、やっと本腰を入れるなんて検察等がどんだけぬるま湯に浸かってるのか疑う。GPSで監視してたらここ数年国内で発生した服役囚や被告人の逃亡は防げたか容易に確保できたと思う。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧