• HOME
  • 記事一覧
  • 政治ニュース , 野党
  • 立憲民主党の枝野大絶賛の堀越けいにん議員、年収2000万のくせに「A4紙を俺に寄付しろ」と「ネット乞食」活動!!堀越議員は北朝鮮関係者と親密で、外国人献金疑惑まで浮上!!

立憲民主党の枝野大絶賛の堀越けいにん議員、年収2000万のくせに「A4紙を俺に寄付しろ」と「ネット乞食」活動!!堀越議員は北朝鮮関係者と親密で、外国人献金疑惑まで浮上!!

立憲民主党の堀越けいにん衆議院議員は、これまで政治知新でも繰り返し紹介してきた立憲民主党を代表するポンコツ議員だ。日本一のポンコツ議員と言っても差し支えないだろう。娘の給食の牛乳代を拒否したり、地元群馬県の野菜は汚染されていて食べられないなどと過去に発言したりしている。(参考

その堀越けいにん議員がまたもやらかした!よりにもよって、「A4紙をよこせ!」とTwitterで募集したのである。手当も含めれば4200万円も毎年受け取り、しかも、その中では文書通信費が毎月100万円もあるのに、だ。

そして、何よりも問題なのは、堀越議員は、複数の北朝鮮関係者と極めて親密な関係であり、1万枚以上も集まった紙の中に、北朝鮮関係者の提供によるものが含まれていれば、これは違法献金だ。しかも、堀越議員は、後から選挙戦のためだと言い訳を始める始末で、詐欺の疑惑まで出てきた。

枝野代表がもっとも立憲民主党らしい議員と絶賛する堀越議員の憲政史上初の珍事を見てみよう。

堀越議員、ネット乞食を始める!「オラにちょっとだけ紙を分けてくれ!!」→支持者からも批判殺到!!

1月9日、堀越議員は、以下の投稿を突然行った。

これに対し、市民からは批判が殺到した。

「国民に郵送料を負担させて、コピー用紙を集める意図が理解できませんA4コピー用紙1万枚なら7000円ぐらいで買えますよ」

「娘の給食の牛乳代を支払拒否して、コピー用紙代も支払拒否か?」

「またシュレッダーにかけるのですか?」

しかも、枝野代表の熱烈な支持者からすら「何故コピー用紙が必要なのか、理由が書いてあるのかと探しましたが分かりませんでした。何故このようなリクエストを?」とツッコミを受ける始末。

堀越議員は、金銭感覚0か、ドけちんぼ!!国会議員の資格なし!!

また、今度の問題では、堀越議員の金銭感覚のなさも明らかになった。堀越議員は、文書交通費を毎月100万円を受け取っている。合計すれば4200万円を毎年貰っている。

しかし、堀越議員は、たった7000円分のコピー用紙も買えないぐらい、無計画に無駄遣いしていたのである。彼の受け取っている4200万円はいうまでもなく、我々の血税である。

もしそうでなければ、堀越議員は7000円すら「ネット乞食」で埋め合わせをするドけちんぼとなる。このような人物に、国政を預かる資格がないのも言うまでもない。

堀越議員は北朝鮮関係者と親密!!外国人献金疑惑まで浮上!!

結局、批判が殺到したことに慌てたのか、堀越議員は慌てて釈明した。彼の説明によれば、前橋市議補選の候補者にあげるためだったそうだ。始めから目的を書くべきであり、その補選候補者の為に送ったわけではない人間もいるだろうに、これでは「詐欺」行為ではないか?

しかも、さらに問題なのは、この提供者の中に外国人がいないかどうかだ。

実は、堀越けいにん議員の周辺には、北朝鮮関係者やそれと極めて親密な人物が存在し、北朝鮮関係者からの紙の提供を受けた疑惑もでてきている。

堀越議員、親北朝鮮団体のイベントに朝鮮総連系企業からの闇献金疑惑の政治家と仲良く出席!その政治家は立憲民主党群馬県連の最高顧問!!

2019年2月、堀越議員は、地元群馬県の高崎市内で開催された「朝・日友好親善信州の集い」に出席し、あろうことか議員として代表挨拶を行った。

今でもなく、金正恩体制と友好親善を望む人々の集まりである。

昨日、高崎市内で朝・日友好親善新春の集いが催された。南北、米朝の緊張緩和の影響もあってか、300人に迫る参加者。富岡高崎市長、児玉高崎商工会議所会頭、堀越けいにん衆院議員、角田義一さんなど多彩な顔ぶれ。角田さんのあいさつは東アジア情勢を語る基調提起のようだった。

(中略)

議員を代表して堀越けいにん衆院議員挨拶

政治家を代表して、日朝友好親善新春の集いであいさつする堀越議員。

引用元 朝日友好親善新春の集い2019・高崎

しかも、ここで堀越議員と同席した、立憲民主党群馬県連最高顧問の角田義一氏は、北朝鮮と極めて親しいことで有名な元社会党議員だ。日朝友好連帯群馬県民会議代表でもある。

この角田氏は、北朝鮮の金日成・正日氏生誕を祝う準備委員会の共同委員長となっている人物で筋金入りの北朝鮮シンパだ。(参考)2018年には、金日成と金正日の銅像に、金正日の7周忌に際してとして花籠を寄せる始末。(参考

左は堀越議員、右は角田氏。

極めつけは、朝鮮総連系の商工会や不動産会社、パチンコ業者から計160万円の入金があったとの記載もあり、政治資金規正法によって禁止されている外国人からの献金を受けていた疑いも持たれている。(参考

しかも、堀越議員は、この角田氏を大先輩として崇拝しているのだ。

あまりにも親密で、濃厚な関係と言ってよいだろう。

また、彼は朝鮮学校とも私的な関係があると自ら述べている。(参考)その上、朝鮮学校には反日感情はないとプロパガンダまで協力している。在日朝鮮人への差別は絶対に許されないが、朝鮮学校という組織への批判は別だ。

事実、群馬県の朝鮮学校では、「日帝は10代から20代の朝鮮女性たちを日本軍の『慰安婦』として侵略戦争に引き連れて行き性奴隷として虐待した」というデマの教科書を使い、「敬愛する将軍様」と金正日総書記を紹介し、「世界一固い信念をもった闘士たちの中で力強くお育ちなされた」と絶賛しているのだが。(参考


このように堀越けいにん議員は、北朝鮮と深い関係を持つ人物たちと極めて親密なのだ。このような人物が無差別に寄付を募集したのだ。

堀越議員は、政治資金収支報告書に記載するかのような口ぶりだが、ぜひ1枚1枚に至るまで、日本国籍以外の人物からの寄付がないか証明する義務がある。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧