• HOME
  • 記事一覧
  • 政治ニュース , 野党
  • 枝野代表、「悪夢の菅政権」の「最小不幸社会」を復活させて、山本太郎代表を「大ウソつきだ!」と全否定!「悪夢」VS「宗教」の対決へ!!

枝野代表、「悪夢の菅政権」の「最小不幸社会」を復活させて、山本太郎代表を「大ウソつきだ!」と全否定!「悪夢」VS「宗教」の対決へ!!

昨年12月21日、枝野代表は驚くべき発言を行った。悪夢の民主党政権の中でも悪質な、菅直人政権の政策「最小不幸社会」を復活させると宣言したのだ。そもそも名前が前向きでないのもいただけない。政治家としてのセンスも疑われる。

そして、れいわ新選組の山本太郎代表の「あなたを幸せにしたい」という発言を取り上げて、山本代表のことを「政治は幸せを作れない!大ウソつきだ!」と罵倒したのだ。ここに今、「悪夢」VS「宗教」というポケットの中の小戦争が始まった。戦争自体も取り上げることも意味がない程度のものだが、有権者の皆さんにご報告しないわけにはいかないだろう。

枝野代表、山本太郎代表を大ウソつきだと罵倒!

昨年12月21日、大宮ソニックシティ国際会議室で開催されたイベントで、枝野代表は、以下のように述べた。

枝野政権が(中略)目指す社会は最小不幸社会「最小」「不幸」とネガティブワード連発。でも言っていることは正しい。政治は人の幸せは作れませんから!あなたの幸せを私が作るだなんて大ウソつきですから!

そうでしょ?あなたの幸せは、あなたが作るんですから。政治ができるのは、あなたが幸せになれるかどうかという上で、邪魔になっていることを取り除くということ。政治ができることは。だから、厳密にいうと最小不幸。不幸を最小にすることしかできない。

これを言ったのは菅直人さん。

https://youtu.be/YzkQbfX0Ar0?t=2348

枝野代表が「大ウソつき!」と言ったのは、明らかに山本太郎代表に対してだ。彼は「あなたを幸せにしたいんだ」を売り文句に活動しており、枝野代表はこれを批判したのだ。山本太郎代表のファンたちは激怒しプチ炎上中だ。

確かに山本太郎代表の考え方は多少宗教染みた発想だ。山本太郎代表に不幸だと決めつけられる覚えはないし、彼に何を幸せか決められる資格もない。

しかし、枝野代表の発言も問題だ。彼の発言は最大多数の最大幸福を目指すべきという政治の責任を放棄しているだけでなく、この「最小不幸社会」は悪夢の菅直人政権で大失敗した代物だからだ。

枝野代表が持ち出したのは菅直人政権の政策「最小不幸社会」

菅直人政権が発足した際、看板に掲げたのが「最小不幸社会」だ。内容は枝野代表が説明したとおり、政治は幸福を作れず、不幸を最小にすることしかできないという後ろ向きで、あきらめの政策だ。

しかし、これは激しい批判を浴びた。例えば、大前研一氏は、恥ずべき敗北主義だと全否定した。

すべての政党は民主主義の基本である「最大多数の最大幸福」を共通の第一目標にすべきである。「最小不幸社会」などという言葉は政党としては恥ずべき敗北主義のスローガンである。

「生活の質を上げて、コストを下げる」のが政府の役割である。その邪魔をしている官僚や利権団体を破壊してこそ自民党で染みついた垢(あか)を掃除する民主党の役割がある。政権交代早々バラマキと低値安定、そしてやる気のない人を助ける、と宣言する内閣にはあきれて物が言えない。

引用元 「最小不幸社会」は敗北主義のスローガンだ

まさに大前氏の指摘の通りで、当時の菅直人政権はバラマキとデフレ肯定、そして、大前氏が指摘するところの「生活保護+子ども手当て+偽装離婚した夫の収入」で暮らせる生活を実現するべく努力していた。

結果は大不況で、自殺数は21世紀で最も多くなる有様だった。

そして、大前氏は、最小不幸社会は、社会主義国の発想だとまで指摘する。

学生運動で忙しかったのかも知れないが、菅直人首相にはもう一度学校に戻って近代国家の信条を学んでもらいたい。社会主義の国家で首相をやっているのではない、自由主義経済と民主主義を信じる日本国の首相であるという自覚を持ってもらいたい。

これを機会に個人も、企業も、そして国家レベルでも、日本の追求すべき国家像と信条とは何か、を考えてみてはどうだろうか? 日本がこのままズルズルと貧乏国に落ち込まないためにも「人間の本当の幸福のかたち」がいま問われているのではないだろうか?

引用元 「最小不幸社会」は敗北主義のスローガンだ

大前氏の問題意識は正しい。そして、その日本の追及すべき国家像と信条を掲げ、貧乏国に落ち込まないための努力を続けているのが安倍政権なのだ。まさに菅直人政権が悪夢そのものであり、その悪夢から脱したのが安倍政権なのだ。

にもかかわらず、この「宰相不幸社会」とも揶揄された政策を掲げるのが枝野代表なのだ。枝野代表がいまだに菅直人の支配下にあり、極めて薄暗い人間である事の何よりの照明であろう。

有権者の皆さんは騙されてはいけない。立憲民主党は、あの「悪夢の民主党政権」と全く同じメンバーで名前を変えただけの悪質な政党なのだ!

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧