• HOME
  • 記事一覧
  • 政治ニュース , 野党
  • 立憲と国民の合流「協議打ち切り」では印象が悪いから「当面見送り」の方針か? 自民・二階幹事長「(合流の是非)どうぞご自由に、という感じですね」

立憲と国民の合流「協議打ち切り」では印象が悪いから「当面見送り」の方針か? 自民・二階幹事長「(合流の是非)どうぞご自由に、という感じですね」

 立憲民主党が呼びかけた国民民主党との合流の機運はほぼ消滅した。1カ月半の協議の中で両党内での互いへの不信感が深まった結果だ。21日に会談した立憲の福山哲郎、国民の平野博文両幹事長は「当面見送り」方針を確認したが、協議再開の期日や条件も決めず、「協議打ち切り」という印象の悪い事態を回避した側面が強い。【東久保逸夫、浜中慎哉】

「まずは国会に専念し、その中で大きな固まりに向けてのうねり、動きが起こってくるだろうから、そこに期待する」。平野氏は会談後、記者団に合流の機運は消えていないと主張し、「打ち切りという表現はしていない」と繰り返した。福山氏も記者団に「ここまで話を詰めてきたわけだから、ご破算に戻すつもりはない」と強調し、「門戸は開いている」と繰り返した。

国民は20日の両院議員総会で、玉木雄一郎代表を支え、立憲との協議を継続する方針を確認。しかし立憲側は、総会で「合併の可否」の結論を出すよう求めており、協議継続が困難なのは明らかだった。このため「国会論戦に集中する」(平野氏)ことを理由に一段落させた形だ。

立憲側も、立憲を存続政党とすることなどを盛り込んだ10項目の確認事項案を譲る考えはない。枝野幸男代表が玉木氏との党首会談で示したもので、立憲内では「国民側がこれじゃ合併できない、とペケを付けてきた」(幹部)との不信感が募る。それでも福山氏が立憲からの「打ち切り」を否定するのは、期限を区切った交渉手法が強引に映り、悪印象を抱かれることを避けるためだ。社民党や無所属議員との合流協議への影響も考慮した。

立憲・国民間の不信感は深まった。立憲幹部は「支持率1%の(国民には)選択肢なんてない。そこから抜け出せるチャンスだったのに」と突き放す。一方、玉木氏は総会前、周辺に「もう少し譲歩してくれればみんなも納得して行けるのに」と漏らしていた。国民のベテラン議員は「今後党内の疑心暗鬼が募っていくだろう」と暗い表情で漏らす。

自民党の二階俊博幹事長は21日の記者会見で「野党の合流は特別期待もしておりませんし、合流されないほうがいいとも思っておりませんので、どうぞご自由に、という感じですね」と語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-00000086-mai-pol

ネットの反応

・上から目線の立憲と、党内の意見がまとまらなかった国民という印象が残った。
このままでは、どちらの党も支持率を下げるだろう。
だからといって、合流したとしても新党(国民を吸収合併後の立憲)の支持率が上がるとも到底思えない。

・立憲が国民民主より支持率が高い理由は、政策がすぐれていたとか優れた政治家が多いとかではない。ただ単に小池都知事に捨てられた同情だけだよ。
それを勘違いして増長してるようでは立場が逆転すると思う。
実際、山本とか玉木のほうが立憲より遥かに生産的で日本の今後のことを考えている。次の選挙や政治資金のことしか考えていない立憲より遥かにいい。
前科者、公職選挙法違反者、経歴詐称者らがうぐいす嬢に3万払ったことを鬼の首をとったかのように騒いでいるのは滑稽だ。

・今回の国民民主の判断は1%から抜け出せるきっかけになるかもと思います。私は考え方は違いますが、選挙よりも政策を選んだ玉木さんが正解 頑張って下さい

・やはり、烏合の集の集まりでしかないという事ですよね?
政権交代なんて、夢の、また、夢でしかない。
幻かもね。
与党がすごいのではない。野党が情けな過ぎるだけの事ですよ。

・野党は離合集散を繰返し、主義主張が理想論で薄っぺらい。
あるのは政党助成金を如何にくすねるかの考えだけ。
これでは有権者は投票しません。
それはそうと、立民の辻元は関西生コンに関わっているが、何故マスコミは追及しないのか?
これをやらずしてジャーナリズムを語らないで欲しいな。

・最新の世論調査では、立憲は下がって国民は微増したらしい。
玉木代表にはスキャンダル追及ばかりでなくきちんとした政策論争で
安倍総理に挑んで欲しい。支持率は逆転していくはずです。
でも、小沢と森ゆう子は早く出ていってもらったほう良い。

・そもそも、枝野氏と玉木氏の考え方が違うのに一緒になれるわけない!最初からこうなることは想定内でした。
玉木氏は自民党(安倍さん)と憲法改正も考え方近いし社会保障制度に関してもさほど違いはない。この先のことを考えたら立憲民主党と一緒になって枝野氏に従うよりは自民党と手を組んで玉木氏の意見を出していった方が正解。連立ではなく閣外協力でいけばいいと思うよ

・だいたい両党は「酢」と「油」みたいな関係だったので、政局シャッフルでドレッシングみたいになったとしてもすぐにまた分離する。

・立憲民主党に期待なんかしたらあかんよ。こんな政党を支持する有権者は立憲の何に魅力を感じるのか?非自民の受け皿になっていない。まだれいわ新選組の方がましだよ。個人的には枝野代表は辞任するべきだと思うよ。

・旧民主党解体から3年である。大同団結などと言っても信は得られず。なんの為に解体して別れたのか?また、玉木は共同代表以外は考えてない気もしますなぁ。代表代行で横に置いとけとは、先日の尊大高慢は相変わらずの衆院副議長殿の言でしたな。(笑)平野は上がり寸前、福山は影が薄くなるのは絶対イヤ組でしょう。とにかく憲法感、安保感、基本中の基本事項の共有ができないなら、まだまだ合体やめなされ。

・野党と言えども一国会議員であるはずなのに、無駄な時間ばかり過ごして全く役に立っていない。身の丈に合うことをしっかりとやらなければ先はないと思う。自民党が一強なのではなく、野党がダメだということを理解していませんね。

・そもそも、政治思想が異なるから分裂しているはずなのだから、合流する方が不自然。単に議席稼ぎ、票稼ぎのためだけに合流しても、国民の支持得られないと思います。

・元の民主党に戻るだけだから「共倒れ」の未来しかないと思う。
今の国民が求めている新しい政党から一番遠いし。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧