• HOME
  • 記事一覧
  • 政治ニュース , 野党
  • 「桜を見る会」前夜祭出席者が領収書を公開し、「領収書は確かにもらった。『個人でホテルに支払う』形式だった」と野党を告発!!各種メディアでも既に報じられていたが、野党はどうするの???

「桜を見る会」前夜祭出席者が領収書を公開し、「領収書は確かにもらった。『個人でホテルに支払う』形式だった」と野党を告発!!各種メディアでも既に報じられていたが、野党はどうするの???

野党は、新型肺炎(コロナウィルス)、社会保障、中東情勢について提案はおろか質問をほとんどせず、「桜」についてばかり責め立てるばかり。

さすがに支持者からすら「桜」ばかり質問するな!と批判された野党陣営は、領収書があれば終わる話、他の話も本当はしたいと心にもないことを主張してきた。

しかし、ここで、「桜を見る会」前夜祭出席者が領収書を夕刊フジに公開し、無茶苦茶な野党を告発した。既に、領収書自体は、朝日、毎日、KSL-Liveさんが独自入手し公開しているが、完全に野党は手詰まりになった形だ。

「桜を見る会」前夜祭の内実を見てみよう。

安倍総理後援会の参加者が 「領収書は確かにもらった。『個人個人でホテルに支払う』という意識だった」として、領収書を公開!

2月4日の夕刊フジは次のように報じた。

「前夜祭」については、「領収書が一枚も出てこない」などと批判する声がある。夕刊フジは、出席者が保管していた領収書を確認し、話を聞いた。

「領収書は確かにもらった。『個人個人でホテルに支払う』という意識だった」

安倍晋三後援会のA氏はこう語った。A氏の保管していた領収書は、昨年の「桜を見る会」の前日(4月12日)、東京・紀尾井町のホテルニューオータニで開かれた「前夜祭」に夫婦で出席した際、ホテル側から手渡された2枚という。

A氏が公開した2枚の連番の領収書。

引用元 「桜を見る会」前夜祭出席者の領収書を確認 後援会A氏「政権批判のためなら何でもありなのか。いまの野党は質が悪すぎる」

これまで、毎日新聞、朝日新聞、ネットメディアのKSL-Liveさんが、それぞれ独自入手した領収書を公開してきたが、ついに通し番号にモザイクなしかつ参加者の証言付きで、領収書がちゃんとあり、ホテル側に支払った証拠が出てきた。

金額は「5000円」で、概要は「お食事代」、係名もあり、「通し番号」と、赤の「PAIDの判」も押されており、正規の領収書だとわかる。

毎日新聞が公開した領収書。

野党側は領収書1枚でも公開されれば質疑はやめると主張してきたが、ついに5枚も領収書が出てきてしまったが、いったいどうするのか。完全に野党が間違っていることが証明された形だ。

領収書を公開したA氏、野党を怒りの告発「今の質が悪い野党に対し、領収書公開する人なんていない」

また、この領収書を公開したA氏は、安倍総理を批判する野党に対しても、怒りを込めて批判する。

A氏は前夜祭について、「応援する安倍首相の顔を見たいだけだ。あと、後援会の人々と交流するのが目的。料理なんて期待していない。自分はビールを口にしたぐらい。野党議員が『銀座久兵衛の高級寿司が出ていた』と大騒ぎしていたが、完全なウソだった。政権批判のためなら何でもアリなのか。民主党時代の『偽メール事件』を思い出す」と語った。

(中略)

左派野党やメディアが地元・山口県を回っても「領収書が出てこない」と言っていることに、A氏は続けた。

不信感でしょ。初めから『政権批判ありき』『疑惑ありき』で接触してくる。そんな人たちには協力したくないですよ昔の野党には、もっと骨太の政治家がいた。いまは質が悪すぎる。マスコミも裏も取らずに、疑惑を垂れ流している。うんざりしますよ

引用元 「桜を見る会」前夜祭出席者の領収書を確認 後援会A氏「政権批判のためなら何でもありなのか。いまの野党は質が悪すぎる」

あらためて、前夜祭は食事がメインではなく、単なる交流会にすぎないことが証明された形だ。久兵衛の寿司などやはり提供されていなかったのだ。

また、野党側が領収書を入手できない理由について、A氏は今の野党への不信感だと指摘するが、まさにその通りだ。今の野党に領収書を渡せば、どのように扱われるかわかったものではない。提供者の匿名性を守るかも怪しいし、共犯者扱いしかねない。

野党議員の皆さん、息していますか?大好きな責任を取ってください!!

さて、こうなると野党議員は責任を免れ得ない。

領収書を出せ!出せば終わる!と騒いでいたが、出てきてしまったのだ。

昨日も国会質問で、立憲民主党の小川淳也衆議院議員は、安倍総理に対し、「レッテルは簡単に剥がせるんですよ。見積書か領収書を示せばすぐに剥がれるんです。こんな簡単なレッテル剥がし無いじゃないですか!」と、自らが安倍総理にレッテルを貼っていることを認めつつ、領収書が公開されれば終わりだとした。

これは他の議員も反政権メディアも繰り返し述べている話だが、いよいよ領収書が公開された以上は、国会運営費の200億円以上をも、冤罪かつどうでもいい話で浪費したことを国民に野党もメディアもお詫びするべきだ。

そして、両者ともに即刻議員および能力のない記者やジャーナリストは即刻辞職していただきたい。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧