• HOME
  • 記事一覧
  • 与党 , 政治ニュース
  • 石破氏、「日本は死んだ魚、安倍総理はその頭」と大暴言の辻元清美議員を全面擁護!!寝ていたのでは?それとも蓮舫議員(52)から「私、石破氏を心から応援しています。がんばって!」との応援された、二匹目のドジョウが欲しいの?そんなに辻元議員(59)がお好き?

石破氏、「日本は死んだ魚、安倍総理はその頭」と大暴言の辻元清美議員を全面擁護!!寝ていたのでは?それとも蓮舫議員(52)から「私、石破氏を心から応援しています。がんばって!」との応援された、二匹目のドジョウが欲しいの?そんなに辻元議員(59)がお好き?

2月15日、石破茂元幹事長は、またもや珍説で安倍総理と自民党を背後から射撃した。こういった人物は日本人には好かれない。多くの国会議員からも白い見られる行為であり、総理になりたいのならこういった行為はすべきでない。しかし、想像力が弱いのでご本人は相変わらずわからないらしい。

それも辻元議員の憲政史上に残る大暴言「鯛は頭から腐る!鯛の頭の総理を変えるしかない!」「子供の教育にも悪い!」等に、安倍総理が「意味のない質問だよ」と感想を漏らした件に関し、敬意を払えと珍説を述べたのだ。国会の予算委員会で質問でもない話を「意味のない質問だよ」と言った発言のどこがおかしいのか?この時の状況を正しく理解している国民は、その通りだと思っている話だ。

いったい何を考えているのか?よく寝てなかったのか?それとも、辻元議員に褒めてほしかったのか?

石破茂元幹事長の珍説①!「ヤジは初めて聞いた!」→枝野氏「(俺が)帰っていいのか(笑)」吉田首相「馬鹿野郎!」川田氏「人殺し大臣!」の例をご存じない?

2月15日、石破茂元幹事長は、わざわざ記者団を集めて珍説を披露した。

自民党内で15日、安倍晋三首相が衆院予算委員会で立憲民主党の辻元清美氏に「意味のない質問だ」と飛ばしたやじに対し、苦言が相次いだ。石破茂元幹事長は鳥取県米子市で記者団の取材に「長く国会議員をしているが初めて聞いた。野党議員も全国民の代表者。敬意を持つのが当然だ」と指摘した。

引用元 首相のやじ、自民内でも苦言 石破氏「野党議員にも敬意を」

まったく意味不明だ。そもそもこれはヤジか?単なる正論ではないのか?

まず、「長く国会議員をしているが初めて聞いた」というが、記憶喪失になったのか?現在の野党側の悪質なヤジは無数にある。

例えば、「悪夢の民主党政権」では、枝野幸男代表は、2012年4月2日に、自民党の岩城光英氏の質問に答えた際、岩城氏に「首相に聞いている。経済産業相は呼んでいない」と言われたのに反応し、「それなら(俺は)帰って良いのか(笑)」と閣僚席からヤジを飛ばした。

こんな前科を持つ枝野代表を担ぎあげている立憲民主党に、安倍総理のボヤキを批判する資格はない。正論と言うには恥ずかしいくらいどうしようもない野党の発言で、これでは総理大臣もボヤキたくなるだろう。しかも、当時の枝野経産相と違い、必死にコロナウィルスと戦っている安倍総理とでは状況が違う。

石破元幹事長は居眠りしていたのか?それとも完全に野党に所属している気分なのか?どちらにしろ、議会人失格だ。人間失格と言わせてもらおう。

また、立憲民主党の川田龍平参議院議員は、2018年7月に石井国交相に向け「人殺し大臣!」とヤジを飛ばしている。石破氏は、この件もご存じのはずだ。ご存じなら安倍憎しで事実を捻じ曲げているし、ご存じないなら事実を確認しないでしゃべる人間ということになる。

最後に、もっとも有名な例だが、吉田茂首相は野党の無礼な質問に対し、席への帰り際に、「馬鹿野郎」とぼやいたことがある。世にいう「バカヤロウ解散」につながった一言だが、安倍総理の発言は、事実の指摘にすぎず、単なる正論だ。

石破氏が歴史に無知か、もしくは歴史修正主義者であることは明らかだ。

石破茂元幹事長の珍説②!「野党議員も全国民の代表者。敬意を持つのが当然だ」→全国民の代表は総理大臣、敬意がないのは辻元議員!!しかも、コロナが蔓延しつつあるのに日本を「死んだ魚」と侮蔑!

また、石破氏は「野党議員も全国民の代表者。敬意を持つのが当然だ」と言った。その理屈で行くならば、総理大臣である安倍総理こそ全国民の代表者だ。一方、辻元清美議員は、大阪10区の代表だ。全国民の代表ではない。そんなこともわからないのか?

もちろん、大阪10区を代表する国会議員として敬意を払わねばならないが、敬意とは、相手がそれにふさわしいふるまいをしているかによって変わるものである。「お前は腐っている」だの「子供の教育に悪い」だのを週刊誌ネタで、下品に叫ぶ前科者の辻元議員は、大阪10区の代表としてふさわしいモノではない。

しかも、言うに事欠いて「死んだ魚の状態は頭でわかる」とまで言い放った。つまり、我が国は死んだ魚で、安倍総理は、その頭だというのだ。愛国者の中の愛国者であり、コロナウィルス対策にやっきになっているのに、それを妨害されている安倍総理が「中身のない質問だ」とぼやくのは当然だ。謝罪の必要など本来ない。

石破氏は、敬意とは地位があれば、どのようなことでも与えられると、不逞貴族のドラ息子のような発想をしているようだが、現実はそうではない。地位に対する敬意とは、地位にふさわしいふるまいをしたものにだけ与えられるものなのだ。

なぜ、石破氏は、こんな珍説を?寝ていたのか?それとも蓮舫議員(52)から「私、石破氏を心から応援しています。がんばって!」との応援された、二匹目のドジョウが欲しいの?そんなに辻元議員(59)がお好き?

なぜ、石破氏は、一文節ごとにツッコミどころ満載の珍説を主張してしまったのか。

国会で居眠りしていたのか?

それとも、石破氏は、過去に立憲民主党の蓮舫議員から「私、石破氏を心から応援しています。がんばっていただきたい!」と謎のラブコールを受けたことがおありだが、今度は辻元議員から応援してほしいのか?

いずれにせよ、石破茂元幹事長は、さっさと離党して、正面から安倍政権と戦うべきだ。こんな人間失格な人物に大事な日本の舵取りを国民が任せることは、一生ありえない。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧