麻生財務大臣「『武漢ウイルス』というのが正確な名前だと思う」⇒香山リカ「撤回してください」 

麻生太郎財務大臣「武漢発のウイルスの話で、新型とかついているが、『武漢ウイルス』というのが正確な名前だと思う」

麻生副総理兼財務大臣は10日の参議院の財政金融委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大に対するG20=主要20か国の対応について、「アメリカを含めてまとまりつつある」と述べ、各国が協調した対応を取る可能性もあるという認識を示しました。

この中で麻生副総理兼財務大臣は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、G20=主要20か国が改めて会合を開き、具体的な対応を示すべきではないかと問われたのに対し、「アメリカでは西海岸だけではなく、東海岸でも同じように感染が出ている。ヨーロッパでもイタリア、スペイン、それからイランなど、中国とつきあいが深い国に感染が広がっていると見ている」と述べました。

そのうえで麻生副総理は「今度はヨーロッパがやらないといけない番ではないかと思っている。いずれにしてもアメリカも含めて結構まとまってきつつあるかなという感じがする」と述べ、各国が協調した対応を取る可能性もあるという認識を示しました。

また麻生副総理は新型コロナウイルスについて、「武漢発のウイルスの話で、新型とかついているが、『武漢ウイルス』というのが正確な名前だと思う」と述べました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200310/k10012322891000.html

金融市場の混乱については、「2008年のリーマン・ショック級の大規模な景気悪化が起きているわけではない」と冷静な対応を求める。

 麻生太郎財務相は10日の閣議後の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大による金融市場の混乱について、2008年のリーマン・ショック級の大規模な景気悪化が起きているわけではないと冷静な対応を求めた。また、期待感が強まっている緊急対策第2弾に続く追加経済対策については「『武漢ウイルス』(の感染拡大)がいつ切れるのか、よく見極めた上でないとなんともいえない」と述べ、慎重な見方を示した。

麻生氏は「(コロナショックを)リーマン・ショックと比べる人がいるが、あのときは金融機関に端を発し、市場から現金がなくなって騒ぎになった。今回そんなことは起きていない」と強調し、金融危機に波及するとの見方を否定した。

以下略

https://www.sankei.com/smp/economy/news/200310/ecn2003100011-s1.html

「中国が言うようにもう終わった、我々は勝ったなんて話は信じられねーと思ってます」

「景気対策として減税が一案というのは世界の潮流。反対するつもりはない」

麻生太郎財務相は10日、参議院財政金融委員会で「景気対策として減税が一案というのは世界の潮流。反対するつもりはない」と述べた。ただ、具体的な税目については言及しなかった。音喜多駿委員(日本維新の会)への答弁。

https://jp.reuters.com/article/aso-tax-idJPKBN20X0GU

麻生大臣を称賛する自民党議員

その一方でアノ人は

ネット上でも、麻生大臣の発言に対し、「麻生節」「よく言っってくれた」という称賛の声があがる一方、批判的な意見も多く見られました。

それよりも、ロイターが報じた「景気対策として減税が一案というのは世界の潮流。反対するつもりはない」という発言で、野党がどう反応するかが心配ですね。

日本共産党の志位和夫委員長は早速反応しました。

今後の国会で、あげ足を取る気満々のような気がします。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧