• HOME
  • 記事一覧
  • その他
  • 石坂浩二さん、岡田晴恵氏を諭すように「日本は今まで検査して貰いたい人が居ても、耐えて、検査させず、医療崩壊を防いだことで、死者数を伸ばさずに済んでいる。その趣旨を汲み取って耐えないといけない」

石坂浩二さん、岡田晴恵氏を諭すように「日本は今まで検査して貰いたい人が居ても、耐えて、検査させず、医療崩壊を防いだことで、死者数を伸ばさずに済んでいる。その趣旨を汲み取って耐えないといけない」

石坂浩二さんが、新型コロナでワイドショーに引っ張りだこの岡田晴恵氏の前で、「日本は今まで検査して貰いたい人が居ても、耐えて、検査させず、医療崩壊を防いだことで、死者数を伸ばさずに済んでいる。辛いけど、これからも我々はその趣旨を汲み取って耐えないといけない」と、政府の方針に従い、耐えていかなくてはいけないという趣旨の発言をしました。

残念なことに、石坂さんの発言に対する岡田氏のリアクションが動画では見れませんでした。

それにしても石坂さんの説得力が凄い!

ネットの反応

・淡々とシルクロードのナレーターを務めていた時の声を思い出すわい。 彼は月の砂漠の酒池肉林には縁が無かったのだノーー??

・さすが東教授。

・マスコミの検査しろの声に耐えてるのは一般の人よりも、むしろ医療現場に従事する人だと思います。。

・みんな各々が耐えてますからね。ご商売なさってる方々も企業もね。そんな時に自分だけ安心したいからと検査検査騒ぐのはいかがなものかと思います。 亡くなる方を抑える。一番大切なことだと思いますよ。

・治療薬もないし 検査も完璧ではないし で経済も社会インフラもなるべく死なないように、だし 検査技師も感染症用の病床も限りがある 感染のピークを緩やかにすることが一番大事

・耐え難きを耐え忍び難きを忍ぶんだよ

・石坂さんってこういうまともな意見の持ち主だから、最近のテレビじゃほとんど使われなくなったんだろうなぁ…

・米国も… >患者の急増になかなか追いつけず、当局者は場当たり的に検査施設を設置。場所によってアクセスに大きな差が生じた。州や郡の一部では、縮小する動きも出ており、検査を行うための限られたリソースを最も重症な患者のみに振り向ける動きも出ている。

・石坂さん、ベテランの役者さんらしく人の気持ちが判る人ですね 周りに迷惑かけるのが嫌な日本人の中には、熱が出たら外に出ないで不安と闘って頑張ってきた人も沢山いるとおもいます。 カッコいいです

・リアタイで視てました。 石坂さんが、まるで「敢えて、岡田氏を諭すように」見えました

・流石ヘイちゃん(先輩に対して失礼ですが)!地上波の報道番組(?)でハッキリもの言えるのがステキです

・マジでイタリア、韓国見れば結果は明らか。 CTスキャンが整ってる日本は、独自のやり方でこなした方が良いと考えております

・正しいと思います。 医療マンパワーには限界がありますし ある意味、、、 トリアージ的な対応で何とか持ち堪えられているのだと。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧