• HOME
  • 記事一覧
  • 政治ニュース
  • 毎日新聞 芳賀議員「『悪夢の民主党』と言って一切答えない」⇒安倍総理「悪夢のような民主党政権と言って答弁拒否してない」をいつの間にか「悪夢のような民主党政権」と言った言わないにすり替え

毎日新聞 芳賀議員「『悪夢の民主党』と言って一切答えない」⇒安倍総理「悪夢のような民主党政権と言って答弁拒否してない」をいつの間にか「悪夢のような民主党政権」と言った言わないにすり替え

まずは毎日新聞の記事をご覧ください

 「国会答弁で悪夢のような民主党と答えたことはない」――。安倍晋三首相が23日の参院予算委員会で、野党の追及にこう答える一幕があった。首相はかつての国会答弁でこのフレーズを繰り返しており、野党は「自身の答弁を忘れたのか」と批判した。

立憲民主などの会派の芳賀道也氏(無所属)が「都合が悪くなると、首相は『悪夢の民主党』と言って一切答えない。子供の教育に悪い」と皮肉ったことに反論した。首相は「自民党大会などで『悪夢のような民主党政権』と、経済政策において申し上げている」と認める一方、「国会答弁で答えたことはない。正確な質疑をしたほうがいい」と語った。

実際は、首相は2019年2月の衆院予算委員会などで「民主党政権は悪夢だった。間違いなく」と述べている。首相の答弁を受けた芳賀氏は「全く情けない」とあきれてみせた。【小山由宇、古川宗】

https://mainichi.jp/articles/20200323/k00/00m/010/249000c

毎日新聞は切り取り&すり替えを行なっている。

次にDappiさんのツイートご覧ください。

安倍総理は「悪夢ような民主党政権”と言って答えなかったことはない」と言っている。

毎日新聞は、国会で「悪夢ような民主党政権」というワードを言った言わないの問題にしたいようだが、芳賀道也議員が「都合悪いと『悪夢のような民主党』と言って答えない!教育に悪い!」と言っているように、答弁拒否をしたのか否かの問題です。

動画の後ろの方で「国会答弁で答えたことはない。正確な質疑をしたほうがいい」と安倍総理は言っているが、前後の発言を聞けばいい間違いで、「国会答弁で答えなかったことはない」と言いたかったことは誰にでもわかる。

毎日新聞はこの言い間違えの部分を切り取っている。

問題があるのは、芳賀議員が「都合が悪くなると、首相は『悪夢の民主党』と言って一切答えない」と、いかにも答弁拒否をしたかのような嘘をついているところです。

それを毎日新聞はいつの間にか論点をすり替え、言った言わない論にしてしまっている。

言った言わないでいえば確かに安倍総理は言っている。しかし、答弁を拒否してはいない。しいて言えば、野党が納得できる答弁をしていない。それだけである。

案の定、ネットでは「安倍は記憶喪失症」といった意見が出ている。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧