『モーニングショー』(テレビ朝日系)でまたもデマ! ネットではスポンサー不買運動も…

7日放送の『モーニングショー』(テレビ朝日系)で、新型コロナウイルスのPCR未検査の死亡者について、遺族に会わせずに火葬を行っているという葬儀会社を取り上げたが、視聴者から多くの反響を巻き起こした。

新型コロナウイルスで死亡した人の遺体については、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第30条第3項」により、24時間以内に火葬できるようになっているが、この日、番組では3月中旬にツイッター上で、「未検査が大変多い為、心苦しいですが未検査肺炎患者様のご遺体も同様の扱いとなります」と発信していた都内の葬儀業者を取り上げ、「感染症の患者さんなんですけど、実際は検査されないで引き渡される可能性は0ではない」「感染防止という観点から火葬させていただくしかないというのが実情でございます」と説明している様子をVTRで紹介していた。

これに対し、テレビ朝日解説委員の玉川徹氏は、肺炎死亡者の中に新型コロナウイルス感染者がいることを示唆し、「今まで日本は新型コロナの死者数が少なくて、『日本は優れた特徴があるんじゃないか』っていうようなことをいう人が結構いたんですけど、調べてないんですね。調べてない以上、分からないですよ」「もっともっと死者は多いかもしれない」と話していた。

しかし、これについて葬儀会社社長を名乗るツイッターユーザーが同日にツイッターを更新。「葬儀業者の勝手な判断で、肺炎患者を勝手に24時間以内に火葬することは出来ません。ツイッターで以前に否定したデマです」と番組内容を否定。「取材不足かわざとなのか、どちらにしろテレビで誤解を広めるのはデマですからやめてほしい」と断罪していた。

視聴者からは番組の特集に、「やっぱり隠蔽してたんだ…」「死者数少ないのはこういうカラクリがあったんだね」という声が集まっている一方、「普通の肺炎扱いならその患者が亡くなった病院で院内感染が起こってしまうのでは?」「肺炎死亡者でも普通にお葬式やるところあるし、そうするとお葬式でもっと感染拡大してるはずでは?」という疑問の声も多く集まっている。

新型コロナウイルスによる混乱で、さまざまな情報が飛び交っているようだ。

https://npn.co.jp/article/detail/200002922

専門家から「デマ」と指摘

佐藤氏は続けて以下のように投稿。

保健所からの通達や、法律を都合の良い様に自分の主張の様にツギハギして番組を作っており、一部の自分たちの主張に都合のいい匿名の葬儀社(存在するかも疑わしいレベル、捏造の可能性もあり)をつかって「葬儀社」という主語の大きい物にすり替えています。

何度も言うように遺体からの感染は体液感染を気をつければ安全レベルが十分確保されます。遺体は咳もクシャミもしないので飛沫の拡散がないからです。保健所が書く葬儀社に任せているというのは当たり前でコロナでない遺体をどうこう言う立場には保健所は無いからです。

保健所が特定感染症でない遺体の処置をこうして下さいって言う訳もなく、逆にコロナ遺体以外もこうして下さいっていう状況は、レベルの格段にちがう感染拡大の状況ですから言う訳ないんです。

モーニングショーの玉川氏を巡っては週刊実話では次のような記事が。

 4月6日放送の朝の情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)で、政治ジャーナリストの田崎史郎氏とテレビ朝日コメンテーターの玉川徹氏が“バトル”を繰り広げた。

この日の放送で田崎氏は「肺炎で亡くなった人のCT検査は全て最初からやっている」と断言。これに玉川氏が猛反発し、スタジオは一触触発の状態になった。

同番組で玉川氏が口角泡を飛ばすシーンはもはや定番となっているが、ここにきてそんな玉川氏の態度に否定的な声が広がってきている。

「コトの真偽はともかく、ここ最近の同番組の特徴は、とにかく新型コロナウイルスの感染拡大と政府の政策について“煽る”ことです。連日のように感染者数が増えていることを強調し、『厚労省の推計よりも倍のペース』『ついに国内感染者数が4000人を超えた!』など、視聴者に恐怖心を抱かせることによって、高視聴率を上げてきました。しかし、あまりにも独自の論調をぶち上げ、客観的に物事を捉えないことから、ネット上で怒りの声が殺到しているんです」(芸能記者)

実際にネット上の声を見てみると、
《最初は玉川のアオリを面白がっていたけど、いい加減に嘘ばかりだということに気がついた》
《番組の視聴率が上がればいいという一点だけで番組を作ってる。正確な情報だけ流せばいいんだよ》
《ワイドショーのあり方としてはいいのかもしれないけど緊急事態だぞ。玉川はただの局員じゃねーか。まともな専門家の話を聞かせろ》
《この番組は本当にゲスい。喧嘩上等で話題になればいいと思ってる。我々は真実が知りたいんだぞ》
などといった批判の声が集まっている。

「玉川氏は、自分がヒールを演じることでその日のネットニュースに大きく取り上げられることをよく知っています。話題になるならば、自分の主張に一貫性がなくても問題ではなく、また、状況が変わればすぐに手のひらを返すのが特徴的。ただ平時のときはまだしも、現在は世界中が新型コロナウイルスの撲滅に取り組んでいる緊急時です。視聴率が上がれば何を言ってもいいという考え方に、疑問を感じる人が出てくるのは当然でしょう。ここにきてスポンサーに抗議の電話を入れる人も増えているようです」(同・記者)

玉川氏は7日の放送で、安倍首相が緊急事態宣言発令に踏み切ることについて触れ、「この宣言で政権がどれくらい強権的なことができるのかくらい国民は分かってますよ。国民はそんなに愚かではないですよ」といつもの調子で吠えた。

しかし、そんな愚かではない国民が、番組に愛想をつかしているという現実をどう受け止めているのだろうか。

https://wjn.jp/article/detail/4485680/

玉川氏及びモーニングショーは、厚生労働省が名指しで批判するなど、これまで多くのデマ情報を流したことで批判が上がってきました。そして、遂に矛先がスポンサーに移ってしまいました。

Twitterでも #羽鳥慎一モーニングショースポンサー不買運動 というハッシュタグが立ち上がる始末。国民の怒りの度合いがわかりますね。

ちなみに、羽鳥慎一モーニングショーはテレビ朝日ですが、制作会社は「泉放送制作」。あのサンデーモーニングの制作に関わっています。他にも報道特集、グッとラック!、Nスタ、ひるおび、直撃LIVE グッディ!、スーパーJチャンネルetc.と、いわゆる文句ばっかり言っている番組が目立ちます。

玉川氏が悪いのか?テレビ朝日が悪いのか?制作会社が悪いのか?はたまた全部が悪いのか?

いずれにしても、批判的意見はあってもいいと思いますが、デマだけはやめて頂きたい。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧