• HOME
  • 記事一覧
  • メディアニュース
  • 「児童ポルノ」変態番組元司会者のロンブー淳氏、安倍総理を謝罪しない男と説教&自分は批判に逆ギレ! 謙虚に幾度も認めるべきは認めているのが安倍総理。立川志らく氏は「最初にお金でマスクは後」とデマ!

「児童ポルノ」変態番組元司会者のロンブー淳氏、安倍総理を謝罪しない男と説教&自分は批判に逆ギレ! 謙虚に幾度も認めるべきは認めているのが安倍総理。立川志らく氏は「最初にお金でマスクは後」とデマ!

ロンドンブーツの田村淳氏が偉そうに安倍総理を謝罪しない男とデマをバラまき、しかも、自分は国民からの批判に逆ギレしている。

また、落語家の立川志らく氏も今では赤っ恥の布マスク批判を展開しているので、ご紹介しよう。

「児童ポルノ」変態番組元司会者のロンブー淳氏、安倍総理を謝罪しない男と説教&自分は批判に逆ギレ! 謙虚に幾度も認めるべきは認めているのが安倍総理。

闇営業で詐欺師集団のピエロをはした金で喜んで演じた挙句、当初は大嘘をついていた相方をうまく社会復帰させた手口、そして、かつて女子高生に制服でプロレスさせるという児童ポルノを平然とやっていたロンドンブーツの田村淳氏が偉そうに安倍総理を説教している。お前に言う資格はないと言うか、こう言った人物を採用するメディアもそもそも問題だ。

しかも、完全に新型コロナの脅威を舐めている発言を行い、テレビ朝日アナの悲劇を繰り返すことになりそうな有様だ。

ロンドンブーツ1号2号の田村淳(46)が18日、パーソナリティーを務める文化放送「ロンドンブーツ1号2号田村淳のNews CLUB」(土曜午後1時)の生放送に出演した。

(中略)

自宅からのYouTubeの生配信で「喉が痛くなることもある。吉本興業からは毎日、体温のチェックの電話が入ってきて『大丈夫ですか』って言われるんだけど『大丈夫じゃないって答えたらどうなるんですか』って聞いた。そうしたら『それはその時、考えましょう』と言われた」と笑った。

引用元 ロンブー淳、安倍首相に「悪いことを認めて謝れば」

吉本興業も田村淳氏もあまりにもコロナを舐めた対応だ。偉大な大先輩である志村けんさんの悲劇をバカにしているのか?まさに平和ボケ。

そして、田村淳氏は、安倍総理批判を展開する。

淳は、安倍晋三首相が昭恵夫人が先月15日に大分を訪問していたことを「自粛要請の前」と説明したことを問題視。「(闇営業問題でうそをついていた相方の)亮さんにも言ったけど、悪いことを認めて謝れば信頼度も高まる」。

最初は嘘をついていた田村亮氏

引用元 ロンブー淳、安倍首相に「悪いことを認めて謝れば」

意味不明だ。安倍総理は、緊急事態宣言の遅れや過去の閣僚の不祥事について、率直に男らしく認め、謝罪している。また、夫人の行動は自粛要請の前だ。

むしろ、この言葉は、あの高井セクキャバ事件ですら任命責任を認めたことのない立憲民主党にこそ向けられるべきであろう。なぜ立憲民主党に言わない?

そもそも彼の相方の田村亮氏は、詐欺師集団のピエロをはした金で喜んでやった上に、一度は嘘の説明をしていた。到底比較できようもないし、こうしたことからも彼がいかに世の中を舐めきっているかがよくわかる。

しかも、田村淳氏は、薄っぺらい考えで10万円を寄付すると言い出したところ炎上し、批判する人間に対し「人間終わりだよw」などと逆ギレする始末。

ご自身こそ大好きな謝罪をさっさとしたらどうなのか?

女性を物扱いするなと批判を浴びた司会もやっていたが、謝罪はまだですか?

立川志らくは「最初にお金でマスクは後」とデマ!談志の弟子はポンコツばかり!

失業寸前のテレビ芸者達の政権への逆恨みは他にもある。

弟子はポンコツばかりの立川談志一門の立川志らく氏は、4月2日、「みんなエイプリルフールだとか言っていたけど、本当にコントですよね」「だって1人当たり10万円、1世帯20万円もらえるんじゃないか、もうお肉券やお魚券でもいいやと思っているところに“重大発表です。マスク2枚”ってみんなコケますよ」「日本中に配ったら郵送費だけでも大変。いずれお金は配るんだろうけど、最初にお金でマスクは後でしょ」などと珍説を述べた。

お肉券やお魚券は、一部の族議員が部会で発言したもので、自民党の正式な政策でもなければ、政府の政策でもない。少しは一次情報まで調べたらどうですか?

しかも、マスクは昨日述べたように、医療現場という前線に医療用マスクを回し、しかも、海外の倉庫から在庫を吐き出させる妙策であり、布マスク配布と同時に市場に紙マスクがあふれ出した。

しかも、お金も家賃補助や個人事業主から中小企業支援まで様々なメニューが存在し、いよいよ10万円配布も始まる。

立川志らく氏が条件反射で、その場の思い付きを披露するだけの人物だとわかる。落語ならばそれでよいが、政治は落語ではない。


今まで豪勢な暮らしを平気で営んできたくせ、自粛で自分の仕事が減ると政権批判を始めるのが自分のことしか考えない芸能人たちだ。

こういう上級国民がコロナ後に一層されることを願う。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧