【持続化給付金】 中小企業へ8日に支給開始へ




 経済産業省は7日、新型コロナウイルスの影響で売り上げが大幅に減った中小企業や個人事業主に最大200万~100万円を支給する「持続化給付金」について、目標としていた8日に給付を始めるめどが立ったことを明らかにした。

1日に申請受け付けを始めた。申請はオンラインのみで、経産省のホームページなどからアクセスできる。給付は銀行振り込みで行う。

給付の条件は、資本金10億円未満または従業員数が2千人以下の企業や個人事業主で今年、新型コロナの影響により、売り上げが前年比で50%以上減少している月があること。その月の売り上げの12カ月分を算出し、昨年1年間の売り上げから引いた額を、想定される「減収分」として給付する。ただし、企業は最大200万円、個人事業主は最大100万円まで。資金の用途は限定されていない。

昨年後半に設立されるなどしてまだ、比べられる月がない会社や、月ごとに売り上げの変動が大きな会社には特例措置もある。医療法人や農業法人、NPO法人(特定非営利活動法人)、社会福祉法人も含まれる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200507-00000533-san-bus_all







ネットの反応
長期戦を見越せば100万や200万くらいでは・・・とも思えるが、条件も緩い感じだし、一先ずこれで凌げる業者は多そう。
何だかんだ、国民の血税であることを考えれば、ありがたい事だと思う。
このような制度には素直に感謝したいですね。あとはスピード感と、その他の制度も簡素化してほしいです。
相当数の申請があるため8日から支給とはいっても順次支給という事だろう。週明けに支給されればマシな方かな。もう2ヶ月近く開店休業状態だから一刻も早く支給してほしいが公務員の方達も休みを返上して頑張ってみえるので我慢して待つしかない。
私は3日に申請しましたが、公表されている条件に合致していれば書類に不備が無ければ必ず貰えるのでしょうか?
申請後の審査で落とされるのかどうかも分からず、あてにして良いのか迷ってます。
スピード給付は素晴らしいが、もう少し情報が欲しい。
ハッキリ言って、このお金を事業撤退費用に回すという事業者が沢山出るだろうって程、追い詰められている所が多数が現状です。
飲食店とか内装取り壊しての撤退費用にピッタリの金額ですからね。
とにかくスピードを意識して欲しいです。
雇用調整助成金もスピードが追いつかず給与の支払いが滞る事業主も多い。
不正は後々厳しく遡及すればいいと思います。
修正などができないその他問題もありますが、それでもGW返上(?)で対応してくれている関係者や粗がある中でもなるべく早くに対応しようという行政には感謝です。
あれこれ批判するのは簡単ですがコロナについては全ての人が被害者なわけだしもっと「ありがたい」って事もちゃんと数えてポジティブなムードを生み出したいです。
でも、目処が立ったってことは連休中も作業してたのか?

明日間に合わなかったとしても頭の下がる思いだな…今回ばかりは本当に助かる

今まで払った法人税が返ってきたというより、国民の血税を分けて頂いたという感覚の方が大きい。なんとか踏ん張りたいと思います。
多くの中小企業が申請していますが、実際8日に給付金を受給できる企業数はどれくらいなのでしょうか。
手続きの簡略化にも対応し、国もようやくスピード感を重視し始めたように感じますが、お金を受け取るまでは不安だと思いますので、一刻も早い支給をお願いします。




この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧