台湾「WHOから招待されなかったため参加できない」と表明。台湾外相「WHOは中国の圧力に屈服した」と指摘




【ベルリン、台北、北京時事】世界保健機関(WHO)の年次総会が18日、2日間の日程でオンライン会議方式で開幕した。

台湾のオブザーバー参加や新型コロナウイルスの初動対応が焦点だが、台湾は開幕直前、WHOから招待されなかったため参加できないと表明。参加を後押ししてきた米国と、強く反対してきた中国の対立は不可避だ。

台湾の呉※(※金ヘンにリットウ)燮外交部長(外相)は、「WHOは中国の圧力に屈服した」と指摘し、中国の意向が働いたと批判。台湾政府はWHOに抗議文を送る方針だ。中国外務省によると、習近平国家主席は総会で発言する予定で、台湾の参加や新型コロナ対応に関し、中国の立場を強調する見通しだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200518-00000060-jij-cn







ネットの反応
非常に残念な結果となってしまいました。台湾は独自のコロナ対策を実施してきました。マスクを増産して各国に提供したり、検疫も強化して、立派な成果を挙げています。国際社会にもアピールをし続けてきましたが、やはり中国との政治的な対立が大きく影響したということでしょう。
WHO憲章によると、台湾のオブザーバー参加には「関係国」の同意が必要ですが、「関係国」に強い影響力を持つ中国の意向が、大きく作用したのだと思います。SARSのときの教訓もありましたし、国際社会のWHOへの批判も非常に高まってきていました。台湾も期待し、今まで以上に強く訴えかけてきただけに、この結果は本当に残念です。
WHOは最低最悪な事だと思います。
解体した方が良いかと。
事務局長は解任すべきです。

今回、世界でも優秀な成績をおさめた防疫体制の台湾。
その知見は世界の防疫に活かす事がどれ程有益な事か。

やはり別の組織が必要だと思います。

WHOはどこまで腐敗しているのか!
もはや存在意義は皆無ですね。
日本も資金の拠出停止を検討すべき。
これで分かっただろう。
WHOは考えの偏った団体だということを。
これではまともな情報も発信できないし、聞き入れてもくれない。
人の命よりも金がモノ云う機関だ!
武漢肺炎対策で世界でも稀有な成功事例である台湾を不参加としたことでWHOが世界の疾病対策のよりも中国の意向を重要視することがはっきりした。テドロス氏は即刻解任し、組織体制を早急に見直さなければ武漢肺炎の第二波・三波には抗しきれないと思う。
そもそもWHOが政治に左右されてる時点で間違ってるけどな。

世界保健機構である訳で。
世界=国じゃなく世界=国や地域という括りで問題ないと思う。
情報が集まれば集まるほど世界で助かる人々がいるのに。

何を考えてるのか、本当に分からない。
必要ある組織なのかすら疑問になる。
この組織に頼ることなく、外交でそれぞれが意見交換した方がいいと思う。

この状況でも内部から反発すら起きないWHOは解体すべき。職員全員に腐敗が蔓延している証拠。日本人もいたのに残念。世界への裏切り行為だ。




この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧