• HOME
  • 記事一覧
  • その他
  • WHOテドロス氏「新型コロナ対応 できるだけ早い時期に検証」⇒佐藤正久氏「検証の表明と実施とは違う。精緻な中国武漢の国際調査無くして真っ当な検証は無理」

WHOテドロス氏「新型コロナ対応 できるだけ早い時期に検証」⇒佐藤正久氏「検証の表明と実施とは違う。精緻な中国武漢の国際調査無くして真っ当な検証は無理」




WHO=世界保健機関のテドロス事務局長は年次総会で、新型コロナウイルスへのWHOなどの一連の対応について、できるだけ早い時期に検証を行う考えを示しました。

この中でテドロス事務局長はWHOの対応について「早い段階から警告を発してきた」と述べて、中国以外での感染者が100人に満たなかったことし1月30日に「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言するなど、速やかで頻繁な情報発信を行ってきたと強調しました。

その一方で「私たち皆、感染拡大から学ぶことがある。できるだけ早い適切な時期に、今回得られた経験や教訓を踏まえ、パンデミックに対する国レベル、世界レベルでの備えと対応の在り方について勧告するため、独立した検証を行う」と述べ、WHOや各国の対応をめぐり、独立した検証を始める考えを示しました。

WHOをめぐっては、アメリカのトランプ大統領が「極めて中国寄りだ」と非難しているほか、EU=ヨーロッパ連合が主導して調整が行われている総会の成果文書の案でも、WHOの対応に対し独立した検証を行うことが盛り込まれています。

テドロス事務局長としては、検証の実施を表明することで批判を和らげるねらいもあるとみられます。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200519/k10012435561000.html

佐藤正久議員が「検証の表明と実施とは違う」とツイート







ネットの反応
初期対応の失敗を隠して、スピーチするとは、大したものです。
アメリカはポンペイオ国務長官が非難声明を出しています。わが国も早急に非難声明を発信して下さい。
WHO による調査は公平性を欠く(まさかこんな事言う羽目になるとは) のでオーストラリア案を強く推します。
・ウィルスは自然発生
・中国は適切な対応で拡散を最小限にとどめた
・欧米は不適切な対応で拡散を広めて残念
・世界は中国に感謝しなければならない

といった検証結果はもう決まってますよね

この男にはため息しか出ません。
次期事務局長は尾身さんで。日本が改革でリーダーシップとろう。
台湾の参加を拒否した時点でWHOの答えは出ています。中国に寄り添うことを決意表明したのです。
そのような団体を中心にしての検証では真実など見つけられません。
日本もオーストラリアに続きましょう。
中国との関係を見直す時です。
もう、WHOなんか、チャイナにくれてやったらいいんじゃないですか?
別組織をつくる方向に向かうべきです。
日本も声を上げて欲しいです。拠出金は莫大に出しているのに、力がなさすぎます。




この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧