• HOME
  • 記事一覧
  • その他
  • NEWSポストセブン「玉川徹氏、岡田晴恵氏らの発言を官邸が監視」 望月衣塑子氏「政府批判を押さえつけることしか頭にない」 藤原かずえ氏「悪質な無責任デマを記録・検証することは、国民の利益に適うもの」

NEWSポストセブン「玉川徹氏、岡田晴恵氏らの発言を官邸が監視」 望月衣塑子氏「政府批判を押さえつけることしか頭にない」 藤原かずえ氏「悪質な無責任デマを記録・検証することは、国民の利益に適うもの」




 新型コロナ対応の遅れから政府への批判が高まる一方で、安倍官邸が別のことに熱心に取り組んでいたことがわかる“文書”を本誌・週刊ポストは入手した。

遡ること3月6日、内閣官房国際感染症対策調整室の公式ツイッター(現・内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室公式ツイッター)の内容が注目を集めた。

〈3月5日のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」で、「総理が法律改正にこだわる理由は、『後手後手』批判を払しょくするため総理主導で進んでいるとアピールしたい」というコメントが紹介されています〉

同番組では、コロナ特措法について政治アナリスト・伊藤惇夫氏のコメントを紹介し、コメンテーターの玉川徹氏が補足していたが、政府が番組を名指しして、その内容に異例の反論を行なったのだ。

〈法律改正をする理由はそうではありません。あらゆる事態に備えて打てる手は全て打つという考えで法律改正をしようとしています〉

この経緯に疑問を持った東京都内の会社員男性が、内閣官房でテレビ番組をチェックした記録文書等を情報公開請求し、本誌に提供した。

開示文書には、〈〇月〇日の報道番組概要〉〈内閣広報室 分析担当〉と記名があり、その日の一部のテレビ番組の内容をひたすら抽出したレポートになっている。2月1日から(開示請求が受け付けられた)3月9日までの1か月の期間で、その文書は922枚にも及ぶから、職員たちの苦労がしのばれる。

以下略

https://www.news-postseven.com/archives/20200522_1565502.html?DETAIL







ネットの反応
実際、真の専門家が現場に出ずっ張りで指摘できない事をいい事に、TV番組でエセ専門家がでかい顔して公共の電波でデタラメな情報流した結果、それを信じた一般人が病院や保健所にクレームの電話を入れて業務妨害されてる実害あるしね。いい加減にしろよだわ。
官邸を擁護するつもりは全く無いが、岡田晴恵は監視されてもおかしくないくらい支離滅裂論だしホラ吹きでよっぽど悪質。
毎日毎日妄想とデマを流しておいて、監視されてる~!って被害者ぶるのいい加減にしてほしい。
てかこれで「岡田晴恵さんたち可哀想!政府が圧力をかけてる!!」とか言ってる人いるけどだったらなんで未だに番組出演出来てるの?圧力かけられてたら今頃番組諸共消されてるだろww
あ、デマチェックを批判チェックってやらしい言い方する人たちだもんね……(察し)
放送事業者の放送法違反が酷過ぎる今…
確かに人によって受け取り方は様々だと思いますが、公共の電波を使用している以上、公平性に細心の注意を払うのは当然であり、最近の放送事業者の暴走は許し難い状況となっております。
私は、今回の官邸の対応を支持します
玉川徹、岡田晴恵、両名がこれだけ事実と異なるデマをばら撒いて国民を扇動するなら、公共放送の意義が問われるだろう。
これ真面目にコロナという有事の中、世間にどんな流言飛語がとびかってるかの分析するのは当然でまったくデータすらとってないなら「超無能な政府」ですよ。
週刊ポストの悪意むき出しの記事

健全なメディアを弾圧しているような書き方ですが
現実は正反対です。政府方針に反する報道をしているメディアの実態調査をしただけの事。

正常な政府なら当たり前にすることです。
もし中国ならテレ朝はどうなっていたことか

熊本地震のとき
檻からライオンが逃げ出したとかフェイクを垂れた
人間は処罰された。

公共の電波で「風説の流布」をばら撒いているのだから
同じ処分にしない方が「法の下の平等」
を侵害している

デマ、印象操作を繰り返すメディアの最後の逃げ道は「言論弾圧」。自浄能力無きメデイァには当然外部からの検証が加えられる。それを拒むなら公共の電波を利用する資格がない。
非常時にフェイクニュースや適当なコメントで医療崩壊を招こうとしているから、そりゃチェックせざるえないだろう。




この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

関連記事一覧